2018年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302018年07月
スポンサード リンク

1,000円折りたたみ自転車カスタム記録

ヤフオクでホワイトの20インチの折りたたみ自転車を落札して出品者の元に取りに行くも現物が見つからないので2時間ほど待っているとブラックでXMHというステッカーが貼られた16インチの折りたたみ自転車を代替品としてどうでしょうかと言われました。

僕としてはボロい自転車を直してカスタムしたいだけだったので即OKしました。
僕みたいな人以外は激怒するところだと思います。相手はホッとしたことでしょう。

車に乗せるために折り畳もうとしてもヒンジ部分がうんともすんとも言わなかったので折り畳まないで車に載せて家に持ち帰りました。

スペック
チェーンリング:48T
クランク長:152mm
リアスプロケット:ボスフリーの6段MF-TZ20
シフター:グリップシフト
ブレーキ:無名のVブレーキ
ブレーキレバー:無名の剛性皆無のフニャフニャレバー
タイヤ:16x1.75
重量:約13kg


家に持ち帰って改めてみてみると何かが変、、、。どこが変でしょうか。正解はこの後スグ発表。
B612_20180326_170410.jpg
正解はステムが前後逆に付いていました。
ステムを回転させただけなので左が前ブレーキで右が後ブレーキになっていました。もう無茶苦茶。
自転車をいじったことがない人が説明書を読まないで適当に組み立てたのでしょう。

チェーンはやや錆びていましたが、スチールブラシと真鍮ブラシで錆を落とすと綺麗になりました。(写真は作業前)
B612_20180326_162044.jpg

全体にクモの巣やら虫の死骸が付いていました。
B612_20180326_154850.jpg

各部ホコリや油汚れがありました。
B612_20180326_154337.jpg

清掃後。ホコリまみれだったり油まみれの方が錆び除けになるのでクリーニング後は綺麗なことが多いです。
B612_20180326_154424.jpg

チューブの虫ゴムが劣化していたのでダイソーで買ったスーパーバルブと交換しました。

BBのグリスアップ。
右ワンの形は嫌いな小判型。
前回のキャノンデールのBBのメンテナンスのためにパークツールの工具を買っていたので今回はすんなりいきました。
B612_20180508_110349.jpg

左ワン。
B612_20180508_110219.jpg

BBシャフトをクリーニング&グリスアップ。
B612_20180327_103810.jpg

ベアリングをクリーニング&グリスアップ。
B612_20180327_104129.jpg

前後輪のハブをクリーニング&グリスアップ&玉当たり調整。
B612_20180327_120210.jpg
ついでにボスフリーのスプロケットを6段から7段に交換。
シフターは6段用なのでディレイラーを調整してロー側を殺しました。
ローはギアが軽くなりすぎるのでなくても問題なしです。
黄色の反射板を外しました。

Vブレーキをクリーニング&グリスアップ。
調整ネジがバカになっていたので手持ちの工具箱から合いそうなのを適当に交換。
多分新品当時からネジ山が潰れていたと思う。安物の自転車を買うと面倒事が待ち受けています。
B612_20180331_170900.jpg

フォークをクリーニング&グリスアップ&玉当たり調整。
B612_20180401_095139.jpg

とりあえず形になったので試走。
B612_20180328_101857.jpg

試走して分かったこと。
適正ポジションを出すにはシートポストが短い。限界線より上に出せばポジションは出るけどフレームが破損する恐れがあるので却下。
→長いシートポストを注文しました。

全身全霊の力でどれだけ締め込んでもシートポストのクランプを締めてもずり落ちてしまう。
→解決策はあるのか?

シートポスト下がり対策としてシムの内部にゴムボンドを塗って摩擦係数を飛躍的に上げたけれど結局下がってしまった。
振動と人間の体重は予想以上に自転車に負荷がかかっているようだ。
薄いアルミ板を挟んだり、アルミテープをシートポストに巻いても結局下がってしまいました。
B612_20180330_155554.jpg

ダホンにしてもブロンプトンにしても折りたたみ自転車のシートポストにシムが付いていますが、なぜシムが付いているかと言えば摩擦を減らしてシートポストをスルスル動く「演出」をするためです。
一見便利そうな機能ですが、実はこれがシート下がりの原因なのです。
YOUTUBEなどでいかに簡単かつスピーディーに折りたたみ自転車を折り畳めるかをアピールしている動画がありますが、あの場合はシートクランプの締め込み不足や精度の問題で普通に乗っていたら絶対にシートポストが下がってきてしまいます。
ブロンプトンは折りたたみ自転車専門のメイカーだからオススメとかウケルんですけどwwwって感じ。
道具はただ作ればいいというわけではなく、不満なく使えなければ道具ではないのですよ。

いろいろ試したシートポストが下がる対処法はクイック式のシートピンを止めて普通のシートピンにすることです。
僕の場合はクランプはそのままでピンだけ交換しました。
たったこれだけでシートポストが下がらなくなりました。超おすすめです。
サイクリーで約700円
B612_20180407_182022.jpg

シートピンは長い方がテコの原理で少ない力で強く締め込むことができます。
右のはママチャリに付いているシートピン。
B612_20180407_182639.jpg

最初からついていたチェーンリングは48T、クランク長152mmでした。
歯数はいいとしてもクランク長が短すぎたのでペダルを漕ぐ姿勢が窮屈だったのでクランク長170mm、53-39Tの中古のクランクセットをヤフオクで送料込みで約1,500円で購入しました。
商品説明で見るよりも錆が酷かったです。
B612_20180404_131228.jpg

ワイヤーブラシで塗装ごと錆をひっぺがしてダイソーで買ったサンポールの類似品で錆を落としました。
B612_20180404_175450.jpg

綺麗になりました。
このまま放置しておくと数秒で錆びてくるので中性洗剤で中和して↓
B612_20180404_180445.jpg

ダイソーで買った黒のカラースプレーで塗装して錆止めしました。
B612_20180404_182101.jpg

完成。まあまあ綺麗になりました。
B612_20180406_092809.jpg

これで後6段→7段、前1段→2段で6段変速から14段変速になりました。
インナーは激坂でもない限り使うことはないのでフロントディレイラーはなし、いわゆる手レイラーでいくことにしました。

フロントダブルの雄姿を見よっ!
B612_20180407_094630.jpg

イカツいステッカーを剥がしました。
B612_20180408_103252.jpg

イカツいステッカーを剥がしました。
B612_20180408_103258.jpg

軽量なサドルを買いました。
amazonで送料込みで約300円。安っ!
B612_20180408_095448.jpg

サイクリーで中古のステムを買いました。約700円。
コラム径28.6cm、クランプ径25.4cm、突き出し長130mm。
今乗っているロードバイクと同じポジションを出すために80mmのステムを130mmに交換しました。
B612_20180407_181744.jpg

試走しました。
B612_20180408_162930.jpg

試走して分かったこと。
フロントはダブルも要らないからシングルに戻そう。
クッション材がないサドルに交換したらヒップポイントが下がってしまった。その結果シートポストを上げる必要がある。

ストレートハンドルだと手首が痛くなるのでバーエンドグリップを購入
amazonで送料込みで約400円。
バーエンドバーは折り畳みの邪魔になるし、僕が望むブレーキレバーと手の位置が合わないのでグリップにしました。目論見が当たって絶好調です。
B612_20180411_153223.jpg

ハンドルが長いからカットしたいけど7速用のシフターがamazonから届かないので我慢。
B612_20180418_192835b.jpg

ステムポストの塗装が剥がれていました。このまま放置しておくと錆びてくるので↓
B612_20180420_125357.jpg

ダイソーで買った黒のカラースプレーで塗装しました。なかなかいい感じにできました。
B612_20180420_135425.jpg

シートポストが届きました。
φ31.8mmのシートポストは種類が少ないです。
amazonで約1,600円。
450mmから550mm、鉄製からアルミ製になりました。
100g以上軽量になりました。
(左)ロードバイクで使っているやつ、(中)450mm、(右)550mm
B612_20180420_091131.jpg

ペダルを三ヶ島のプライムシルバンツーリングに替えて試走しました。
B612_20180421_100441.jpg

試走して分かったこと。
なかなかいい線までカスタムできましたが、7速用のシフターが届かないのでイマイチな感じ。
ペダルはコイツは折りたたみ自転車なのだから折りたたみペダルにしておくのがアイデンティティなのではないだろうか。


フロントダブルをシングル化するためのチェーンリングボルトナットが届きました。
送料込みで約300円。
B612_20180423_131251.jpg

うえぇぇぇ。こいつはインナーリングを使ったフロントシングル化用のナットでした。
アウターリングを使ってフロントシングル化をやる為に金属用のヤスリでナットを削りました。小さい部品だから固定するのも一苦労です。
B612_20180423_142449.jpg

アウターリングが付いていた場所だとチェーンラインが外に出過ぎてしまうのでインナーが付いていたところにギアを付けるのですが、そうするためにはボルトとナットを逆に付ける必要がありました。ぐぬぬ、すんなり作業できない。
フロントシングル化したら見た目がスッキリしました。
B612_20180508_132848.jpg

7速用のシフターが届きました。
amazonで約700円。届くのに1か月かかりました。
シマノSL-TZ500
B612_20180507_092723.jpg

グリップシフト君とは今日でお別れです。
グリップシフトは操作性と見た目がスッキリするのがいいけど、ブレーキレバーの外側に付けなければいけないことやグリップが短くなるのが嫌いなところです。
B612_20180507_093049.jpg

シフト用のアウターケーブルは流用できなかったのでサイクルベースあさひで買ってきました。
ネットを調べてもケーブルの量り売りをしてくれるかどうか確信が持てなかったので人柱になるつもりで店員さんに聞くと量り売りしてくれました。
2mで200円、エンドキャップが1個10円でした。
(CBAオリジナルのケーブル)
みんなーサイクルベースあさひはアウターケーブルの量り売りしてくれるぞー。
B612_20180507_121125b.jpg

シフトワイヤーの末端をハンダ処理しました。
B612_20180507_130705.jpg

普通はエンドキャップだけでもいいのですが、ワイヤーを再利用したり、一度ワイヤーを抜く必要があるときに末端がほつれていると再利用できないことがあるので余裕があるときはハンダ処理をしています。
B612_20180507_131303.jpg

ダイソーで買ったパイプカターでハンドルをカット。
B612_20180507_133204.jpg

体格に合わせてミリ単位で調整するのが自転車いじりの真骨頂です。
B612_20180507_134007.jpg

グリップもカット。
B612_20180507_135526.jpg

ハンドル回りも完成しました。
B612_20180508_134529.jpg

遂に完成しました。
amazonで買ったシフターが届くのに1か月かかったのが大誤算でした。
B612_20180508_134718.jpg

ポジションもギア比もロードバイクに寄せたのでとても快適な折りたたみ自転車になりました。
ブレーキとブレーキレバーは最低ランクの物が付いていますが問題なく使えたのでしばらくはこのまま使いますが、後々シマノ製に替えたいです。
折りたたみ自転車を買った多くの人はポジションが合わない、ギア比が軽すぎる、重いなど問題があって使わなくなってしまっていると思います。そういう人は綺麗なうちに売った方が高値で売れるのでさっさと売るか、このブログのように自分でカスタムすればそこそこ使える物になるので頑張ってください。


掛かった費用
本体
折り畳み自転車 1,000円

パーツ
スーパーバルブ 100円
7速スプロケット 家にあったので0円
黒のスプレー缶 100円
シートクランプピン 700円
クランクセット 1,500円
サドル300円
ステム700円
バーエンドグリップ 400円
シートポスト 1,600円
チェーンリングボルト 300円
シフター 700円
シフトアウターケーブル 400円
エンドキャップ 40円
グリップ 200円
パーツ合計 7,040円




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2018/05/08  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

東京の自転車シェアリングを使ってみた感想

先日東京に行く用事があったのでドコモの自転車シェアリングを利用した感想です。


私は自転車が好きなので東京都内を自転車で走るのが夢だったのですが、実際に走ってみると問題が多くてあまりいい物ではありませんでした。

良くなかった点
・名称がバラバラ
区によって自転車シェアリング、コミュニティサイクル、ちよくる、とバラバラなので日本においてシェアサイクルそのものの知名度が上がらない。
シェアサイクル、サイクルシェアリング、自転車シェアリング、コミュニティサイクル、アプリの名前はbike shareなどなどこれじゃダメダメ。お前何が言いたいんだよって感じ。
自動車の場合はレンタカーで統一されてるでしょ。


・自転車を借りる手間
交通系ICカード(モバイルSUICAも可)なら簡単だけど、メールでその都度パスワードを送ってもらう場合は手間だし面倒くさすぎる。
中国のモバイクのようにQRコードをスキャンするだけで乗れるようにすれば交通系ICカードを持っていない人も利用が便利になるだろう。

・ポートの位置が分かりにくい
ポートは便利なメイン道路沿いにはなく「どこそこ何本目の細い道を曲がって二本目の角にある公園」のようなポートばかりで本当に分かりづらい。

ポート検索アプリでは地図上にポートは表示されるけどルート案内がないので不便。

紙のポート地図は自転車の在庫が分からないので歩いて10分かけて近場のポートに行ってみても在庫なし、次のポートまで徒歩10分20分歩いてそこのポートも在庫なし、結局そこから10分歩いて地下鉄に乗りました。もう本当に不便でした。

どこでも乗り捨てOKなの中国のモバイクは便利だけど、日本の場合問題がるからそれはできないけど、せめて駅を出てすぐ見える場所や有名観光スポットにはポートがないと歩く時間と探す時間がもったいないししんどい。こんなんじゃ電車に乗った方がまだましだと思いました。

上野動物園や東京国立博物館は長い長い坂道を登らないといけないのに、施設の周辺にはポートが1つもないので坂下から大分行ったところの公園にあるポートで降りて歩いて坂を上らなくてはいけません。これじゃ何のための電動アシスト自転車なのか分かりません。


・自転車のシートポストが短すぎる
20インチの小径車を採用しているのですが、身長172cmの私にはシートポストを限界線まで引き上げてもまだ足りませんでした。ペダルを漕ぐときに膝が窮屈になると膝を傷めてしまうし、運転しにくくてかないません。
身長の高い人や外国人には全く向かない代物です。シートポストがあと10-20cm長くたって原価なんてかわりゃしないので改善すべきです。
あのシートポストの長さの対象身長は155cm、精々160cmだと思います。

膝が窮屈でいい点といえば、歩行者と自転車と車のマナーもモラルも悪い東京の人ゴミの中でスピードが出せない&すぐに足が付くので安全な点です。


・自転車の前カゴが小さい
思ったよりも前カゴが小さいし浅かったです。
モデルによっては小さいやつよりはほんの少し大きい物もありましたが、それで観光客が持っているようなちょっと大きいリュックはきついか入らないし、プラスアルファ何かを載せるのは無理でした。

・東京人の交通モラルは最低
人でごった返す横断歩道でも子供載せ電動アシスト自転車で猛スピードで駆け抜けるおばちゃん、自転車通行帯に車を止める人などなど東京に限った話ではありませんが、マナーもモラルもルールもあったものではありませんでした。


以上
とにかく、ポートの位置、シートポストの長さ。これだけは要改善ポイント

東京を自転車で走るのが夢でしたが、あまりいい物ではありませんでした。

今後ソフトバンク、DMM、メルカリなどがサイクルシェアリング業界に参入してくるのでどうなるのか楽しみです。














このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2018/03/05  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+