2017年09月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
スポンサード リンク

格安SIM、格安スマホに通知が来ない時の対処法

・通知が来ない、着信しない
P9lite、P10lite、M03などの格安スマホでGmail、ヤフーメール、LINE、IP電話(SMARTalk)が上手く着信(プッシュ通知)しない原因は端末側ではなくSIM側にあると分かった。
(絶対にそうだとは断言できないが現時点ではそれが有力だと思っている)

・Wi-Fi OK モバイル通信 NG
ちなみに私はドコモのGalaxy S4(android5)格安SIM(ロケットモバイル神プラン(通話なし、データ通信あり、SMSあり))で運用しているが、電話もメールもLINEも着信しなくて困っていた。
家のWi-Fiを使っているときはリアルタイムで着信するのにモバイル通信時は酷い物だった。

・再起動
スマホを再起動してメモリをクリアすれば改善するかと思って試してみたがダメだった。
アプリをたくさん起動してメモリがビジーな状態ならこれだけで改善するかもしれない。

・プッシュ通知改善アプリ
当初はプッシュ通知になんらかの不具合があると思ったのでプッシュ通知改善アプリHeartbeat Fixer for GCMやPush Notifications Fixerを使ってみたが改善しなかった。
これだけで改善する人もいたが、私の場合はダメだった。

・SIMキャリによって異なる仕様
プッシュ通知改善アプリがダメだったので更に深く調べてみると価格.comのP9liteの口コミページで格安SIMキャリアによっては5分位で通信が止まる(コネクションタイムアウト)ことが分かった。
DMMなどは安定しているそうだが、私はロケットモバイルなのでダメなのだろう。

・救世主VPNアプリ
偶然VPNアプリを入れたら解決することが分かった。
いろいろなVPNアプリを試してみたがOpera Maxが一番塩梅が良かった。
Turbo VPN – Unlimited Free VPNもかなりいい感じだったが、接続エラーになることがあったり、なぜかIP電話のSMARTalkだけが着信はするのに着信音がならないという不具合があったので最終的にOpera Maxに落ち着いた。

SMARTalkは設定で「プッシュ通知モード」か「スリープにしない」という設定ができるが、「プッシュ通知モード」では着信しなかったので「スリープモードにしない」設定にしている。
バッテリーの消費が若干気になるが、電話を受けれない方が深刻なのでやむを得ない。

VPNを使うとラジコなどのアプリに不具合が出ることがあるがOpera Maxはアプリ毎で接続するしないが選べるのが良い点。

・最後に
もしも私と同じように格安SIM、格安スマホの通知で困ってる人がいれば一度試してほしい。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

大和の語源が分かったかもしれない

大和朝廷の大和(ヤマト)について。

大和は普通に読むと「ダイワ」なのになぜ「ヤマトと読むかずっと不思議でした。

魏志倭人伝の倭は「ワ」と読むので倭が和に転じて、大日本帝国や大韓民国みたいに大をつけて大和になったのだと思いますが、それにしても「ヤマト」にはどこにも「ワ」の文字がありませんよね。
どうもおかしい。

ネットで調べてみると倭を当時の漢の発音すると「ワ」ではなく「ヰ」(イと発音)だったという情報を目にしました。
(以下分かりやすいようにイと表記します)

なるほど。

当時の大和人が「私の国の名前は ヤマト です」と言ったのを聞いて後漢人は聞いた音を漢字にして記したのでしょう。
ヤマトの「ヤ」なら漢字の矢でも耶などの「や」属する漢字を使えばいいのになぜ「イ」に属する倭や委を当てたのでしょうか。

おそらく、大和人ははっきりくっきり「ヤ」と発音していなかったからと思います。

後漢人にしてみれば「イ」と聞こえたから正直に「イ」に属する倭と書いたのでしょう。

想像ですが、大和人が「ヤ」を発音する前に「イ」を付けていたのではないでしょうか。
大きい「イ」になるのか小さい「ィ」になるのかは分かりませんが、外国人が日本円の「エン」を発音するのが難しいのでenの前にYをつけて「イェン」と発音する感覚かもしれません。

ヤマトを「イヤマト」または「ィヤマト」と発音していたとすれば大和人が「ヤマト」と言ったつもりでも、後漢人が「倭」と書いてしまったことも頷けます。

では「イヤマト」とはなにかを検索すると「いやまと」という言葉がありました。

この言葉を私なりに分解すると「イヤ」+「マト」または「イヤ」+「マ」+「ト」で「イヤマト」となります。

ヲシテやホツマツタエから想像するに、
「イヤ」は 彌(弥)で栄る、優れるといった意味もあるらしく、現代風にかみ砕いて言うと大王や大国の「大」「強大」「大きい」「素晴らしい」「グレート」「完全完璧」などの意味があるのではないかと思います。
いやはやのいやだと思います。

「マト」は和で私的にざっくばらんに言うと「纏まる」(まとまる)の語源になっているのではないかと思いました。和=まorまと→まと(めるまる)

「マ」だけでも和となるそうです。

「ト」は人です。

イヤ=大きくor偉大な
マだけで=まとまった
トだけで=人
またはマトで=まとまった
の国

バラバラに点在していた小国をまとめて大きな(または偉大な)国にした人々といった意味でしょうか。




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+