2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

映画「ツインズ」

アメリカ映画「ツインズ」(1988年、107分)を見ました。

ツインズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ファミリー映画特集】 [DVD]
ツインズ 【ベスト・ライブラリー 1500円:ファミリー映画特集】 [DVD]

双子の弟「ジュリアス」をアーノルド・シュワルツェネッガー、兄「ヴィンセント」を名前の知らないちっちゃいハゲのおじさんが演じていました。
ちっちゃいはげのおじさんではあまりにも可哀相なので調べてみた。

ケンサクチュウ、、、ピカーンでました「ダニー・デヴィート」
彼が出演して僕が知っている映画をピックアップします。
・ロマンシング・ストーン 秘宝の谷(見たことあるような気がする。全く記憶にない)
・バットマン・リターンズ(名前だけ知ってる)
2作品+ツインズだけでした。

ロマンシングとストーンと聞いて「ロマンシング サ・ガ」をついつい連想して知った人は僕と同類です。

「ロマンシング・ストーン」予告

↑多分この動画の電話をしている人。

●あらすじ http://movie.goo.ne.jp/movies/p5964/story.html

●感想
優秀な遺伝子を持つ弟ジュリアスと、生まれる予定になく残りカスの遺伝子を持つ兄ヴィンセント。
弟ジュリアスは長身、頭脳明晰。南の島で研究対象として育てられたために世間離れしてしまっているのが玉に瑕(たまにきず)。兄ヴィンセントは低身長、ハゲ。生まれてから孤児院にやられるわ、孤児院のお金を盗んで逃亡するわ、大人になってからは駐車場から他人の車を盗んではお金を稼ぐというかなりのろくでなし。
この二人のデコボココンビが織り成すコメディは時間の経過を忘れさせる面白さでした。

ヴィンセントが飼っている猫の名前が「ジュリアス」だったのは笑いました。双子ゆえのテレパシーというか不思議な偶然なんでしょうかね。

幼少期に孤児院で生活していたために、人の愛から疎遠になってたヴィンセントは、初めジュリアスを疎ましく思っていたけど、時間を共にするにつれて情が湧いてきて、中盤ジュリアスの「家族なんだから」みたいな言葉に心を打たれて二人ギュッと抱きしめあうシーンが印象的でした。
きっと彼はずっと寂しかったんだろうね。人をハッピーにするのは、物やお金じゃなくて人の愛なんだよね。そりゃ物もお金もあるに越したことはないけどね。

最後はヴィンセントとジュリアスは、それぞれ双子の父親になって幕を下ろして歯切れのいい終わり方でした。
マーニー(ジュリアスの結婚相手)は恋愛アタック強すぎには引きました。それだけジュリアスに運命的な何かを感じたのでしょうね。
もう一回見てもいいなと思える楽しい作品でした。

●評価
★★★★☆ 星4つ




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2011/02/27  ▼映画 TB(-)CM(-)

映画「ベン・ハー(1959)」

先日、アメリカ映画「ベン・ハー」1959年版を見ました。



原作小説は1880年に発表され、1907年、1925、1959、2003年と4度も映画化されています。
222分(3時間42分)というスパーボリュームの大作です。

●あらすじ
友人メッサーラに暗殺の濡れ衣を着せられて、罪人となり労働先に喉が渇いて倒れるが、ローマ兵は水を飲ませてくれない。あえぎ苦しんでいるとイエス・キリストが現れ水をベン・ハーに飲ませた。

そして、ベン・ハーはガレー船を漕ぎ手として労働させられることになる。しかし、そのガレー船は敵軍によって撃沈される。その際、憎むべき司令官を助けて連れ帰る。

その後、メッサーラと再会し戦車競争という競技で彼を倒す。

母と妹に再会するも、死の病(ハンセン病)を患っていたので、イエス・キリストに治してもらいに行く。
イエス・キリスト処刑され、その地は大地に染み込みやがて小川へと流れていく。きっとイエス・キリストの血は小川から海へと流れ、やがて世界中を巡るのだろう。
突然、雷を伴う豪雨が降ってくる。その最中母と妹のハンセン病が治るのであった。

●感想
長かった、とにかく長かったです。90~120分程度の作品に慣れているので、ベン・ハーを見ることは修行のような苦痛がありました。

レンタルビデオでVHSテープ2本組みだった「サウンド・オブ・ミュージック」でも175分だし、あのタイタニックが195分なので、222分がいかに長時間なのかが分かっていただけるかと思います。

話をもとに戻します。
1959年当時に54億円という膨大な制作費を費やしただけあって、とても壮大なセットとなっていて「1959年でこんなにハイクオリティな作品を作れるなんてすごいな」と終始感心していました。
戦車競争のシーンは本当に凄かった。本物の馬を使っていて大迫力でした。
あ~長かった。


●評価
★★★☆☆ 星3つ


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2011/02/27  ▼映画 TB(-)CM(-)

映画「ハリーポッター死の秘宝pt.1」見に行った

今日「ハリーポッターと死の秘宝part1」見に行きました。
映画としてはか?な?り面白かったです。莫大な制作費を費やしているだけあって演出が半端なかったです。
大迫力、大音響。やっぱり映画館で見たほうが100倍面白く感じますね 。

冒頭でハーマイオニーが両親の記憶を消すシーンで涙がじわっと出てきました。
開始2分でこれなら期待大だなと思って見てました。原作に無い演出で感動していたのですが、、、。

市街地をバイクに乗って死喰い人から逃れるシーンははらはらドキドキしっぱなしでした。

ロンが幻覚を見させられるシーンでハリーとハーマイオニーが裸で(CGで裸風にしているだけかもしれませんが)イチャイチャするシーンは要りません。不要です。沢山の親子が見に来ていたのであれは気まずいよ。今の時代はそこら辺オープンなのかな。

子「パパ、あの2人なにしてるの?」
パパ「子供は見ちゃいけません」

ああ、面白かった。もう1回見に行きたいな。

僕の好きな登場人物はスネイプです。


本編前の予告時間に「ナルニア国物語」の新作の予告があったので燃え燃えファイヤーでした。見たい、見た過ぎる。うぉぉぉぉぉぉぉ。
次回作は遂にアスランの世界が舞台なんだってぇぇぇぇ。見たいぃぃぃぃ。面白いに決まってらー。



以下 気僕がになったところ。ネタバレちょこっとだけ有り(オチは書いていません)。原作と映画の違いを書いてますのでこれから映画を見に行く方はご注意ください。




原作の死の秘宝を読むのに上巻約7時間、下巻10時間合計17時間かかったのですが、映画パート1では上巻+下巻の172ページ(大体1/3)まで超スピードで展開していきました。

10時間かけて読んだ内容が約140分に圧縮されて原作の内容がばったばったと斬り捨てられているのはしょうがないといえばしょうがないのですが、非常に残念でなりません。
僕が監督だったら、ここまでのカットするのは作品と原作者へ申し訳なく、そして冒涜と考えてしまって決して映画化できないと思います。
ある意味監督すごいと思います。悪い意味でね。

■気になったところ
●冒頭でハリーとハリーに変身したメンバーが四方八方に逃げるのですが、本物のハリーか分からないはずなのに敵に本物のハリーだと見破られてしまう理由が映画と原作で違うところ。

映画:ヘドウィグ(白いふくろうが)がハリーを守ろうとしたからバレた。
原作:敵(スタン・シャンパイク)に襲われている状況なのにハリーは相手を死なせたくなかったので攻撃呪文ではなく「エクスペリアームス!武器よ 去れ!」の呪文を使ったからバレた。
ハリーらしい優しさをちゃんと表現してなかったのは残念です。

●ダドリーとの別れ。
映画では車に引越しの荷物を積みながら。ダドリー「何で引っ越すの?」ダトリー父「もうここは安全な場所じゃないんだ」←たった10秒程度の描写しかなかったのは実に残念でした。

今までハリーに対して異常なまでに酷い扱いをしてきたダーズリー夫婦とダドリー。
引越しに際してハリーのことを気にかけるダドリーのシーンが好きだったのになぁ。

映画でもシリーズを通して散々ハリーに対して悪態をついてきたのにその伏線を回収しないなんてそりゃないぜ。最後まで嫌な奴のままで終わってしまってらー。

●バチルダ・バグショット。
原作ではバチルダの部屋に転がっている尿瓶だとかのきったな?い描写がマイルドになっていた。

●トビー。
もっと伏線を張らないからトビーが死んだときうるうる出来なかった。「ああ、トビー死んだな」で終わり。これじゃアカン。


原作を読んで全体を掴んでから映画を見て内容の再確認と脳内で想像していた風景やCGエフェクトをビジュアル化して、そしてまた原作を読んで内容とビジュアルをマッチングさせるとハリーポッターの世界を100倍楽しめるのではないかと思います。

ですので、映画が原作と違うことに対して否定もしないし悲観もしていません。どっちも素晴らしい。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010/11/21  ▼映画 TB(-)CM(-)

映画「アバター」

▲最後ネタバレ注意▲
レンタルDVDでアバターを見ました。

面白かったです。
内容はともあれこれを大画面3Dで見たらすんごい迫力があったんだろうなと、映画館に見に行かなかったことを後悔しました。

内容はどこななく「もののけ姫」でした。どことなくね。SF版もののけ姫。

クライマックスなんて人間がやられると「よしっ」って思っちゃったりして気分はもうナビィ。リアルアバター状態でした。

ってかやっぱりあった外国映画大好物のムチムチプリンプリンシーン。
要らんじゃろ、家族と一緒に見てたら気まずいじゃろ。

なんやかんや言っても内容はないようで(←駄洒落気付いてくれた?)面白い作品でした。

以下ネタバレ。まだ見てない人は目つぶってね。



最後主人公がエイワ(神的存在?)の力を借りて人間からナビィに転生するシーンには驚きました。
そりゃ地球に帰ってもどうせ酷い目にあうから現地に残って人間を捨ててもおかしくないけど、人間は人間なんだよ。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010/10/24  ▼映画 TB(-)CM(-)

映画「7つの贈り物」

今日は夕食中に家族が借りてきた映画「7つの贈り物」を見ました。

主演はウィル・スミス。

ネタバレ含む内容は、交通事故で7人を死なせてしまった主人公が罪悪感のためか罪滅ぼしのためなのか、見ず知らずの7人にそれぞれ贈り物をしていくというものです。

その贈り物とは(順不同)
1.自分の弟には「肺」
2.恋人に暴力に困っている女性には「自分の家」
3.盲目の男には目の「角膜」
4.難病の少年には「骨髄」
5.児童福祉曲の女性に「肝臓」
6.アイスホッケーのコーチには「腎臓」
をそれぞれ提供した後、自ら命を絶って↓
7.心臓病の女性に「心臓」

となります。
う~んいい話…ではない。

まずは、なぜ洋画はやたらキスシーンやらベッドシーンを入れるんでしょうか。そんなシーンはイランイラク。
家族で食事中に気まずいし、ストーリーと関係あらへん。
もう一度言っておこう。そんなシーン要らない。

そして、7人もの命を絶ってしまって、その罪滅ぼしがしたいという気持ちは分からないまでもないけど、被害者の遺族のために様々な財物を提供するのではなく、赤の他人にしかもその人が受け取るのにふさわしい人かどうかを主人公の基準で決めているのには疑問を抱きました。
それってただの自己中だよ。
主人公は良い子にしかプレゼントをくれないサンタクロースですか?

救えたのはたった7人。たった7人。
死にたいと思う程の罪悪感を心に抱きながらも、例えばユニセフの活動を粉骨砕身行えば世界中の恵まれない子ども達が何万人も救えたかもしれないのに。
生きながら罪を償う。非常に難しい事だと思うけど、これって「償い」の真理ではないのかなあ?そうすれば徐々に罪悪感も薄れていくと思うんだ。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010/06/24  ▼映画 TB(-)CM(-)

映画「2012 」

DVDで「2012」(洋画)をレンタルして見ました。


簡単に説明すると。世界の終焉を知った主人公がどうにかこうにかして生き残るというストーリー。
とんでもない主人公補正のかかった主人公のサバイバルは痛快の一言。
時にハラハラ時に涙ポロポロ見ていて飽きませんでした。

特典映像を見て知ったので知ったのですがほとんどCGなんですね。
昔の映画のCGは一目でCGと分かったものですが、監督自身も「数年前ではできなかった」と言っているように、この作品は現実とCGの区別がつきませんでした。

地球が壊滅状態へと向かおうとする時、人は一体何をするんでしょうね。
ある人は神に祈り、ある人は遠く離れた家族に電話をかける、そしてある人は愛する人…家族だったり恋人だったりと一緒に肩を寄せ合うんでしょうか。

この映画はマヤの予言が大きく関わってきます。
予言と聞いて思い出すのはやっぱりノストラダムスの大予言です。
1999年7の月空から恐怖の大王うんぬんかんぬんってのが有名ですよね。

僕は全く信じていませんでしたが、心のどこかでは世界のどこかで何かが起こってくれないかなと期待していました。

どうでもいいですが1999年のレコード大賞の優秀作品賞の1つは「だんご3兄弟」だったとさ。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010/04/28  ▼映画 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+