2017年08月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年10月
スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--/--/--  スポンサー広告 TB(-)CM(-)

気になるピストバイク調べ

ピストバイクとシングルスピードバイクが気になったので調べています。

MARIN INVERNESS
44-17T ギア比 2.59 700x28c 重量不明
周長2136mmで算出
60rpm 19.90 km/h
70rpm 23.22 km/h
80rpm 26.54 km/h
90rpm 29.85 km/h
100rpm 33.17 km/h
MARINは2012年までアーカイブが遡れる
INVERNESSの重量は分からなかったが似たようなDominicanは9.52kgだった。


CREATE BIKESのピストバイク
44-16T 10.9kg ギア比 2.75
周長2136mmで算出
60rpm 21.15
70rpm 24.67
80rpm 28.20
90rpm 31.72
100rpm 35.24
ロンドン発祥。4-6ヶ月で仕様が変わるので特定するのが困難。
他の人と被ることはなさそう。カスタムして乗るのが面白そう。
最新版では10.9kg(クロモリ)


SCHWINN CUTTER
46-18T ギヤ比2.56 700x28c 11.8kg
周長2136mmで算出
50rpm 16.38 km/h
60rpm 19.65
70rpm 22.93
80rpm 26.20
90rpm 29.48
100rpm 32.75
SCHWINNはホームページがしっかりしている


SE BIKES LAGER
年式によって重量が違う
SE BIKESのホームページはしっかりしているのが良い。
LAGERかっこいい。


CHARGER BIKSE
PLUG
2004or2006年のモデルで10.5kg
2015年の PLUG1は11.8kg
PLUGかっこいい。


CHILL BIKES
BASE
48-16/17(フリー/固定)700x32c 11.6kg
CREATE BIKESと同じロンドン発祥

---越えられない壁を感じる---

サカモト アウターリミッツ
700x25c 12.1kg
なんか うーん、、、

A.N.Design CL753 CL742
CL753は530mm、CL742は420mm
13.5kg 44-20T 700×25c
珍しくチェーンガードがあるので気軽に乗れるのでグッド。
よく見たらリアスプロケットはフリーのみで固定ギアは付いていないみたい。


Aleoca CALLE TRACK RACER
9.4kg 700×23C
ギア構成不明。
評判は良くないけど格好いいし軽いので安ければいいと思う。


Wachsenのピストバイク
QUADRAT BSS-70Q
11.8kg 48-16T ギヤ比3.00 700c28c
周長2136mmで算出
60rpm 23.07 km/h
70rpm 26.91
80rpm 30.76
90rpm 34.60
100rpm 38.45

Tief BSS-70D
11.2kg 700x23C 48-16T ギヤ比3.00
周長2096mmで算出
60rpm 22.64 km/h
70rpm 26.41
80rpm 30.18
90rpm 33.96
100rpm 37.73


マイパラス GRAPHIS GR-003
12.5kg 700x32C
公式ページを見てもギア構成が不明。こんなことも表記しないなんてなんてメーカーだ!
マイパラス(GRAPHIS)のホームページを見ても知りたいスペックが意図的に記載されていないので悪い印象がある。


上尾工業
ヤフオクにシングルスピードバイクが出品されていたのでネットで調べるもよく分からなかった。
現時点では買いではない。


santasan Air bikeのピストバイク
CRX7001
情報不足のため不明。よって現時点では買いではない。
santasanの自転車はどうも信用ならん。





このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/29  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

絶対にパンクしないタイヤ大解剖

絶対にパンクしないパンクレスタイヤについて調べました。

パンクしにくい耐パンクタイヤ・チューブは除外しています。

一般的にパンクレスタイヤと言っているのは、一部の例外を除いてタイヤは普通のタイヤを使って、チューブをパンクしない素材に替えているタイヤのことを指します。
ここでは便宜上ノーパンクタイヤと言います。

一部の除外とはタンナスのノーパンクタイヤです。
これだけはタイヤそのものがノーパンク素材でできています。


ノーパンクタイヤの問題点
空気チューブよりも衝撃吸収性が低いので速いスピードで段差に突入するとホイール(リム、スポーク)へのダメージが大きくなります。
リムが歪んだりスポークが折れると新品に交換することになるのでスピードには注意してください。
ホイールを交換するとなると普通の完組ホイールは約3,000円、ハブダイナモ付き完組ホイールは約10,000円に加えて+工賃も必要なのでとてもお金がかかります。

耐衝撃性が高いのはe-チューブなので元気な中高生ボーイにはe-チューブがいいと思います。

ノーパンクタイヤは空気の代わりに固形物を入れるので重量が増えてしまいます。
重量が増えると単純に自転車を持ち上げるのが重くなるのと、加速時、巡行時にペダルが重くなってしまい不快に思う人もいます。
そこらへんはトレードオフなのでしょうがないです。

DIY
自分でノーパンク化できるのは今のところシンコー株式会社のSR-027だけでした。
チューブそのものの価格も安いし、自分でやれば工賃はゼロなのでお得です。

注意
せっかくノーパンク化するのだからタイヤは新品が気持ちがいいですよね。
高耐久タイプのタイヤにすれば長期に渡って運用できるので結果としてお得だと思います。。
あとからタイヤを交換して余計な工賃がかかるのはもったいないと思います。



現在日本国内で入手可能なパンクレスタイヤとそのメーカー

株式会社 型善 (KATAZEN) 「e-チューブ」「e-コア」「AFG(エアフリーゲル)」
株式会社 マステック 「リペアムゴム」
株式会社 ケーズプランニング 「スーパーフレックス」(SUPER FLEX)
シンコー株式会社 「SR-027」
タンナスタイヤ 「タンナスタイヤ」?
タイヤ専門店 タイヤウォール千葉店 「エバーチューブ」



株式会社 型善

e-チューブ
重量増加 約+1kg/台 (27x1 3/8)
耐久性 5,000km(70kg荷重・40km/H・5mm段差)
主原料  ウレタン樹脂 エーテル系ウレタン

市販されていないのでショップで交換してもらうかe-チューブを標準搭載の自転車を買うしかない。
チューブの代わりにe-チューブを入れる。

他の代用チューブと違い中空構造なので高速移動時に段差に乗り上げても衝撃を軽減できるので体への負担やホイールへの負担が軽減できるそうです。
スピードを落とさずに段差を通過するような元気のいい中高生はe-チューブにいいと思いました。

交換にかかる費用はe-チューブ自体の価格は1本分で3,000円くらい、これにタイヤ代(ピンキリ・安物ではない普通のタイヤで2,000円くらい)と工賃(ショップによって違うけど大体1,000円くらい。後輪は500円くらい高い)で6,000円は必要だと思います。
1台分で12,000円位?


e-コア
重量増加 約+1.6kg/台 (27x1 3/8)(e-コア+スペーサー空気チューブ)
耐久性 10,000km(40kg荷重・25km/H・段差なし)
主原料 発泡エラストマー スチレン系エラストマー
発泡エラストマー
主原料 スチレン系エラストマー
重量増加

今はe-チューブに完全シフトしているかもしれません。
市販されていないのでショップで交換してもらうかe-コアを標準搭載の自転車を買うしかない。
チューブの代わりにe-コアを入れる。

市販されていないはずですがamazonで1台分12,000円程度で売っていました。


AFG(エアフリーゲル)
重量増加 e-チューブより50%重い
主原料 樹脂エアフリーゲル
耐久性 データなし

専門業者のみがAFG化できる。
チューブのバルブから樹脂エアフリーゲルを注入して固めるのでタイヤの規格に関係なくパンクレス化できる。
自転車のタイヤで1本5,000円くらい、バイクのタイヤで10,000円くらい。
1台分で10,000円位?
タイヤを新品に替えたら前後でプラス4,000円位。

e-チューブ搭載自転車







----------
株式会社 型善 (KATAZEN)
〒 474-0011 愛知県大府市横根町林新田126-1
電話:0562-43-7311 FAX:0562-43-7313



株式会社 マステック

リペアムゲルNEO
リペアムゲルスーパーソフト
専門業者のみがAFG化できる。
重量増加 約+2kg/台 (26インチ)
主原料 合成ゴムとオイルの混合物
耐久性 データなし

チューブのバルブからリペアムゲルを注入して固めるのでタイヤの規格に関係なくパンクレス化できる。
全国約80店のリペアムショップ加盟店でリペアムゲルを取り扱い。工賃は1本分5,000円程度。
1台分で10,000円位?
タイヤを新品に交換したら前後でプラス4,000円

耐久性のデータはありませんでしたが製品説明ページに↓

ゴムの弾力性とオイルの衝撃吸収性を兼ね備えているため、知らない人はゲル入りと気付かないほどの乗り心地の良さです。
形状保持性に優れ、タイヤの走行抵抗を小さくできるので、常に「空気入れたて」の乗り心地を提供します。
ウレタン系の素材を使用しておらず加水分解が発生しないので、耐久性に優れ、快適な乗り心地をずっと保ちます。

と書いてありました(原文ママ)
ウレタン系の耐久性は1-2年程度らしいので少なくてもそれ以上はあるのでしょう。


----------
株式会社 マステック
リペアムゲルについての問い合わせ先
西日本支店
各商品、リペアムゲル、加盟店に関するお問合せ窓口です。
愛知県安城市三河安城町1-16-5 東祥(トウショウ)ビル3階
TEL 0566-79-3660 FAX 0566-79-3665



株式会社ケーズプランニング

スーパーフレックス(SUPER FLEX)
重量増加 データなし
耐久性 データなし
主原料  特殊ポリウレタンストマー

株式会社ケーズプランニングの製品説明ページを見ても重量も耐久性も具体的な数値がなかったのでいまいち信用できません。
チューブに特殊ポリウレタンストマーを注入するらしいですが、市販されていないしAFGやリペアムゴムと違って専用業者の記載もなかったので標準装備されている自転車を買うしか入手方法はないと思います。

追記
トラスコの自転車用ですが20インチと26インチの自転車用にスーパーフレックス化された完組ホイールが売っていました。
20インチの前輪が11,924円、後輪が17,139円。26インチの前輪は14,903円10,000円、後輪18,630円でした。




















----------
株式会社ケーズプランニング
所在地 〒336-0932
埼玉県さいたま市緑区中尾1583-2 A201
TEL.048-764-8721
FAX.048-764-8722



シンコー株式会社

SR-027  パンクレスチューブ
重量増加 約+1kg/台 (26x1 3/8)
耐久性 5,000km(70kg荷重・40km/H・5mm段差)
主原料  発泡ゴム

市販されていて自分でもパンクレス化できる貴重な存在。
チューブの代わりに発泡ゴムでできたチューブを入れる。

重要は26x1 3/8のタイプで660gだそうです。
amazonだとタイヤ+パンクレスチューブで1セット3,500円くらい(税込み送料込み)、楽天市場では40000円くらいでした。自転車1台分なら2セット必要です。
1台分で7,000-8,000円位?
タイヤもセットでこの価格。

サイズ展開は24x1 3/8、26x1 3/8、27x1 3/8の3サイズ。




----------
シンコー株式会社
【本社所在地】 〒581-0053
大阪府八尾市竹渕東3丁目147番地
TEL (06)6709-6661 代表



タンナスタイヤ

ノーパンクタイヤ
単体で市販されていない。
重量増加 データなし
耐久性 6,000kmで1mm摩耗
主原料  マイクロセル構造ポリマー(高分子ポリマー)

他のパンクレスタイヤと違いタイヤ自体がパンクレス素材になっているのが特徴です。
市販されていないので標準搭載の自転車を買うか、専用のショップにホイールを送って装着してもらわなければなりません。
タイヤが5,000円くらい、送料と工賃を合わせると1万円以上かかります。
1台分で20,000円位?

一般的な26x1 3/8の長寿命タイヤ、耐パンクタイヤが600-700g、タンナスタイヤが580-620gなので意外と軽いです。

タイヤのサイズ展開が豊富にあるのがすごい。

タイヤサイズ
16x1.25、18x1.25、18x1.5、20x1.25、20x1.5、26x1.75
16x1.25 (JIS表記:16x1 1/4)、20x1.1/8、26x1.3/8、27x1.25(JIS表記:27x1 1/4)27x1.5(JIS表記:27x1 1/2)
700x23C、700x28C、700x32C、700x40C 

タンナスタイヤ(Tannus Tire)は2003年に創業の韓国の会社です。

タンナス搭載自転車







----------
輸入代理店: 株式会社エバニュー
本社
〒136-0075
東京都江東区新砂1-6-35 イーストスクエア東京ビル6F




タイヤ専門店 タイヤウォール千葉店

エバーチューブ
まだ市販化されていない(2016年予定)
重量増加 約+800/台 (タイヤサイズ不明)
耐久性 データなし
主原料  データなし

テレビ番組がっちりマンデーで紹介されていました。

素材はマットレスのエアーウィーヴのようなポリ系の素材でできた立体繊維みたいでした。
緊急時はエアーウィーヴやエアリーをぶった切ってタイヤに詰めても代用できそうな予感です。

現在はまだ市販化されていないが1,500円/本を予定しているそうです。

今後に期待です。

エバーチューブに関する個人のお客様からのお電話によるお問い合わせは、ご遠慮頂けますようお願い申し上げます。とのこと。


----------
タイヤ専門店 タイヤウォール千葉店
住所/千葉県千葉市美浜区稲毛海岸3-1-29 萬平ビル1階
TEL/043-441-3590


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/22  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

GRAPHISのクロスバイク GR-001 大解剖

楽天市場で不動の人気を誇るスマートファクトリーが販売するGRAPHISのクロスバイクGR-001について調べました。
カラーリングセンス、色の配色は抜群にいいです。

色付きのカラータイヤは経年劣化で惨めに色あせたり汚れが目立つので、そういうのが気になる人は黒タイヤに履き替えたほうが精神衛生的にいいと思います。



ここでは取り上げませんが
GR-001Jはジュニア・背の低い人向けで24インチ (17,800円)
GR-001Gはアルミフレームで2kgほど軽い (21,800円)
GR-001Pはクランクがアルミ製などちょっとプレミアム(18,800円)(重量はあまり変わらない)
GR-333はステムがスレッドステムでちょっと安い。廉価版?

シリーズの違いはこんな感じです。
001の後ろにアルファベットが入らないGR-001がシリーズのベースグレードなのでしょう。



スペック

価格 17,800円 税込送料込(2016/4/21現在)
機種名 GRAPHIS (グラフィス) クロスバイク26 6SP GR-001
本体サイズ(mm) H970×W580×L1750
サドル高さ(mm) 850~930
タイヤサイズ 26×1-3/8
前後ホイール ボルト止め
本体重量 約15.0kg
総重量 約18.0kg
適正身長 155cm~
適正体重 ~75kg
フレーム材質 スチール
リム材質 アルミ
変速シフター シマノ グリップシフト
リアディレーラー シマノ  RD-TY21
チェーンリング ※46T
リアスプロケット シマノ MF-TZ20 (14-28T 14、16、18、21、24、28T)
可変ステム 不明(黄色いシールの貼り方からするとROMAXっぽい)
ヘッドパーツ NECO
前後輪ブレーキ Vブレーキ
ハンドル・バー セミフラットタイプ
ステム 可動式ステム (可変ステム)
Wギアカバー
ディレーラーガード付属
ボトルケージ取り付けダボ
キックスタンド
保険 PL保険加入済み
耐震試験 JIS耐振動試験合格品/フレーム
タイヤの着脱については前後ともクイックリリースでありません。

※GRAPHISのGR-001はMYSEASONのMS-001と同じではないかという情報がありました。
MYSEASONのホームページを確認すると確かに似ているように思いました。
両者が同じものと仮定してチェーンリングは46Tとしています。



重量
この記事を書くにあたって一番の問題点だったのは重量です。
カタログ値では約15.0kgと書いてあるのに、ネットのレビューを見ても誰も本当の重量を計測してネットで公開していないので正確な重量が分かりませんでした。
13kgだの15kgだの18kgだのもうめちゃくちゃです。

カタログ値では本体重量は約15.0kgとなっていますが、この数値は本体重量にペダルとサイドスタンドの重量を足した数値なのか、はたまた足していない数値なのか分かりません。

ここでは、本体重量は「ペダル・保安重量を除く重量です」のパターンで考えます。
そうするとカタログ値15.0kg+ペダル350g+サイドスタンド500g=合計15.85kgとなります。

全身鉄製ならこれくらいの重量で当たらずも遠からずだと思います。

仮にカタログ値どおり15kgだとしても持ち上げるのが億劫になるほど重たく感じます。私は15kgジャストの自転車を持っているので間違いはなです。

だれか楽天かamazonかブログで実測値を書いてください。

適正身長
26インチの自転車なので170cm以上の人にはちょっと小さく感じるかもしれませんが、180cmの人でも乗っている人はいました。
実際には26インチのタイヤがうんぬんかんぬんではなく、フレームサイズさえ合っていれば170cm以上の人だって乗れる26インチのタイヤを履いた自転車もありますが、商品ページの写真を見ると180cmの人は明らかに小さく見えます。

地面からサドル高さは850-930mmです。
購入前に自分の股下長を測っておくのがいいと思います。

158-161cmの人のレビューで片足しかつかないとありました。
私は片足の爪先+αが地面につくくらいがちょうどいい高さだと思っていましたが、お子さんや女性は足の裏が地面にべたっと付かないと不安になるのかもしれません。
身長が160cmくらいの人で停車時に地面がべたっとつくのを希望する人には向いていない自転車だと思います。

この写真のような爪先立ちはギリギリアウトだと思います。
もう少し足つきを良くしないと平らなところではないところで停車するときに足が届かなくてとても危険です。
gr-001.jpg
youttube RakutenSuperTV
ファッション性を備えたカラー!街乗りも通勤も楽しめる一台
https://www.youtube.com/watch?v=XpnkhUZTDkgより

タイヤ・パンク
パンクしていた
ネットレビューを見ると最初からパンクしていたとの書き込みがありました。
最初からパンクしていた場合は虫ゴムが痛んでいる場合があるので虫ゴムをチェックしてみてください。
虫ゴムに異常がなくて家に届いた時点でパンクしていた場合はパンクまたはスローパンクが疑われるので自転車を買ったショップに言って交換してもらってください。

自分でメンテナンス出来る人は自転車を箱から出したらまずは念のためにタイヤとチューブを外してリムテープからチェックした方がいいと思います。

空気が入っていない
タイヤに空気が入っていないとのレビューがありました。
空気入れを持っていない人は事前に用意しておきましょう。

タイヤの耐久性
タイヤの耐久性が低いとのレビューがありました。
カラータイヤはブラックタイヤよりも耐久性は低いのでしょうがないです。
カラータイヤはお店ではなかなか見かけないのでネットショッピングで買うことになります。

空気が抜ける
買ってすぐにパンクしたり、タイヤの空気がすぐに抜けるとのレビューがありました。
空気を入れても数日しか持たないのなら虫ゴムの劣化か、バルブナットが緩んでいるか、スローパンクが考えられます。
パンクのチェックをするか明らかに初期不良だと分かった場合はショップに言って交換してもらってください。

タイヤが曲がっていた
タイヤが曲がっていたとのレビューがありました。
タイヤが曲がってたの?リムじゃなくて?
タイヤが曲がる理由としてはチューブの変形が考えられます。チューブを交換するかショップに言って交換してもらいましょう。

リムが曲がっている場合はスポークのテンション異常かコケたりぶつけたのが原因ですが、初めから曲がっていたのならあれこれお金をかけて調整するよりもショップに言って交換してもらいましょう。

ハブシャフト
車輪の中心にあるハブシャフトという棒が曲がったというレビューがありました。
安物のハブシャフトは曲がってしまうのでしようがありません。そういうものです。
昔は突然折れることがあったそうです。今では曲がるだけで済むので良しとするしかありません。
ハブシャフトが曲がったら安物でくまともなものに交換したら安心です。

ベアリング
ハブ(車軸)のベアリングが割れたとのレビューがありました。
安物なのでありがちなトラブルです。
可能ならば組立前に分解してグリスアップと玉当たりの調整をすれば安心です。
自分でできない人は不具合を感じたらすぐにショップに言って交換してもらいましょう。

ペダル
ネジ山が馬鹿になっていてペダルが取り付けることができない不具合がある場合があるそうです。
すぐにショップに言って交換してもらいましょう。

ペダルがまっすぐ入らなかったとのレビューがありました。
ショップに言って交換してもらいましょう。

チェーン

すぐ錆びたとのレビューがありました。
安物のチェーンだから仕方ありませんが、安物のチェーンでもきちっと清掃と注油をしていれば錆びるわけがありません。

組み立て終わったら念のために注油しておくことをおすすめします。

雨の日
雨の日に乗ったらチェーンを拭いて水気をとり注油してください。雨の日に乗っていなくても室外保管の場合は湿気で錆びるのでこまめに点検してください。

潤滑スプレーはNG
間違ってもKURE5-56などの潤滑スプレーを使ってはいけません
これらの成分は灯油(洗油)なので油分を溶かしたのち蒸発していずれなくなってしまいます。
まめにスプレーし続けているうちはまだいいですが、しばらくするとチェーンを保護していた油膜がなくなりあっという間に錆びてしまいます。

錆びてしまったら
軽い錆なら真鍮ブラシで落とせばいいですが、酷く錆びてまっ茶っ茶になってしまったらチェーンリングにもスプロケットにも悪い影響がでるのでさっさと交換しましょう。
その際は安い黒いチェーンではなく、シルバーのチェーンにすればコーティング処理されているので錆びにくくなります。
例)シマノ 黒いCN-HG40ではなく500円ほど高いシルバーのCN-HG71のほうが錆びにくい

チェーンオイルは100円ショップの万能オイルで十分です。
高級なケミカルオイルではなくこまめな清掃注油のほうがうんと効果的です。

ブレーキ調整
組み立て終わったら必ずブレーキの点検と調整をしてください。

常にブレーキがかかった状態になるとのレビューがありました。
乗る前に調整してください。自分でできないなら自転車屋に依頼してください。

ディレイラー調整
組み立て終わったら実走する前に調整してください。
ギアチェンジできない、ギアが勝手に変わる、チェンジ時にガガガが音がするといった原因の多くはディレイラーが調整できていないことが考えられます。

初めは調子がよかったのに次第に調子が悪くなった場合はシフトワイヤーが緩くなっている(初期伸び)が考えられるのでアジャストボルトを回して調整してください。

可変ステム
ステムの角度(高さ)を簡単に替えれるのは便利だと思うけど、いずれは不具合が出る可能性があるので私は好きではありません。
安物の自転車についている安物の可変ステムはあまり信用できません。

ネットレビューでもネジが馬鹿になったとのレビューを何件か見ました。
不具合があるまま運用するのは大変危険なので保証期間内ならショップに言って交換してもらいましょう。
いっそのこと可変タイプではない普通のステムに交換するのもアリだと思います。

初期状態でネジが固すぎて角度を調整できないとのレビューがありました。
工場の人がトルクなんて気にしないでインパクトドリルで思いっきりネジを締めたのが原因だと思います。
付属の短いアーレンキー(六角レンチ)では力が入らないので長いタイプのアーレンキーを使うか、ダメもとでアーレンキーをハンマーで叩くか、自転車屋にお願いするか、ショップに言って交換してもらってください。

ネジが馬鹿になってステムがガタガタするとのレビューがありました。
そのまま運用するのは危険なのでショップに言って交換してもらうか、可変タイプではないステムに交換するか、ちょっと高い可変ステムに交換してください。

ネジがすぐに緩むという人は危険なのでショップに言って交換してもらってください。

サドル
サドルが固くてお尻が痛いとのレビューがありました。
クロスバイクのサドルはこんなものです。すぐに慣れるのでしばらく我慢して乗ってください。
それでも我慢ならない人はコンフォートなふかふかサドルに交換するしかありません。

雨の日に乗ると縫い目から水が入ってぐしょぐしょになるとのレビューがありました。
雨の日はカバーをかけるか、縫い目のないサドルに交換しましょう。

リアスプロケット
シマノのMF-TZ20が搭載されています。

リアスプロケットが1週間で錆びたというネット記事を見ました。
雨に当たったあとに水気を除去しないで放置したことが原因だと思います。
事前に万能オイルを塗って保護するとか、防錆スプレーをリアスプロケットに吹いておくくらいしか対策法が分かりません。

軽い錆ならワイヤーブラシで取れますが、錆が広がってしまったらチェーンやチェーンリングに錆が移って悪影響がでるので早目に交換してください。
サイクルベースあさひならスプロケット交換の工賃は1,000円なのでパーツ代を足してもも3,000円程度で交換できると思います。


すぐ錆びたとのレビューがありました
安物だから当たり前です。高い自転車はそれなりの理由があります。
仕様前にワックスやガラスコーティングをするか使用後はタオルで水気を除去して延命を図るほかないです。

ネジ類も錆びやすいのでネジの頭にグリスを薄く塗るとか、クリアのスプレーでコーティングすれば錆を防ぐことができます。

Vブレーキのリードパイプはまめにグリスアップしないとすぐに錆びて見た目が悪くなります。

反射板
はじめから割れていたとのレビューがチラホラありました。
ショップに言って交換してもらうか泣き寝入りで自分で買いましょう。



ギア比
        小ギア→大ギア
    14  16  18  21  24  28T 
46T 3.29 2.88 2.56 2.19 1.92 1.68

ママチャリのギア比は2.3位だそうです。
のんびり走る時のギア比は2.3
この自転車には2.3がないので18Tか21Tが近い数字になります。

ケイデンス・速度
        小ギア→大ギア
      14   16   18   21   24   28T 
60rpm 24.46 21.40 19.03 16.31 14.27 12.23 km/h
70rpm 28.54 24.97 22.20 19.03 16.65 14.27 km/h
80rpm 32.62 28.54 25.37 21.74 19.03 16.31 km/h
90rpm 36.69 32.11 28.54 24.46 21.40 18.35 km/h


軽めのギア(18Tか21Tか24T)でケイデンス90でペダルをクルクル回して漕げば22-29km/hくらいで走れます。
AKB48のヘビーローテーションがケイデンス90らしいので目安にしてください。



買いか否か
カラーリングは抜群にいいのでそれが気に入った人は半丸(50%)で買いです。

残りの半丸を足して全丸(100%)買いにするには、上記に書いてきた通りの安物が故のトラブルが付いて回るので自分でメンテナンス出来る人か、文句を言わずに自転車屋で対処してもらえる人か、不具合があるたびに辛抱強くショップに電話相談できる鋼の心臓を持った人である必要があります。

GR-001を買うくらいなら4,000円追い金して2kg軽い約13kgのGR-001G(21,800円。2016年10月現在では20,800円)の方がいいですが、楽天のレビューを見るとフレームとクランクがアルミ製で軽いというメリット以外はGR-001と同じ不具合があるようなので自分でメンテナンスできる人か、、、以下略。

GR-001もGR-001Gも調べれば調べるほど酷い自転車なので私は家族にも知人にも勧められないと思いました。
GR-001Gが12,800なら選択肢に入れてもいいと思います。
デザインが気に入っている人にはガンガン勧めます。






このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/21  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

21テクノロジーのMTB大解剖 MTB266

ただでさえ安い21テクノロジーのMTBのMTB266が今ならamazonで14,800円で売っています。
楽天市場では15,800円。

MTB266が気になったので調べてみました。





スペック
総重量 約14.0kg
サドルの高さ 850~940mm
適正身長150cm~ 
適正体重 ~75kg
フレーム スチール
サスペンションフォーク ZOOM製
リム素材 アルミ
タイヤのサイズ 26インチ 46mm セミブロック
前輪のみクイックリリース
シフター シマノ レボシフト
変速ギア 後6段
チェーンリング 不明
リアスプロケット シマノ MF-TZ20 (14-28T 14、16、18、21、24、28T)
前後ブレーキ Vブレーキ
リングガード
キックスタンド 鉄
ボトルケージ取り付けダボ  

※楽天とamazonの商品説明書きにはブレーキは前がキャリパーブレーキで後ろがバンドブレーキになっていますが、写真を見ると前後Vブレーキでした。おそらく説明書きのほうが間違っていると思います。

サドル
サドルはママチャリタイプと違ってバネがついていたりクッション性はよくありません。
この手の手イプの自転車では普通なので慣れるまで我慢するか、どうしても我慢できな人はクッションシートを付けるかコンフォートなふかふかサドルに交換してください。

ブレーキ
前後Vブレーキなので制動制は問題なし。
当たり前ですが組立時にブレーキの調整は忘れずに行ってください。

タイヤ
タイヤは太いセミブロックタイヤを装着していますが、走行性を考えると26x1.5のスリックタイヤをおすすめします。

ネットレビューを見るとタイヤが太いのでブレーキと干渉してタイヤがはめられなくて不満を漏らしている人がいます。
タイヤの空気を抜くかVブレーキを開放してやればできるはずです。

こんな簡単なことも気付かなかったり検索できない人はブレーキを外したりパッドを外してタイヤを入れているそうです。
21テクノロジーさんの説明不足ですので説明書を改善すべきです。

タイヤが太いので駐輪場のラックにタイヤが入らない場合があるそうです。
事前によく使うラックの幅を測っておくことをおすすめします。

購入時にタイヤに空気が入っていなくて不満を漏らしている人がいます。
タイヤに空気が入っているのでブレーキに干渉してタイヤが入らないと怒ったり、タイヤに空気が入っていないからといって怒ったり大変ですね。
これは21テクノロジーの落ち度です。説明書に大きな字で理由と対処法をきちんと書いおくべきです。

バルブの規格が米式だったら米式対応の空気入れが必用です。
100円ショップのセリアとミーツの空気入れは米式バルブ対応です。

ディレイラー調整・ギアチェンジ
組み立て終わったらディレイラーの調整をしましょう。
調整をしないとチェーンが外れたりスムーズにギアチェンジができません。
自分でできない人はショップに丸投げしてください。2,000円程度でやってもらえると思います。
文句を言っている人たちはちゃんと調整しているのか疑ってしまいます。


防錆処理をしていないネジや金属パーツはあっという間に錆びてしまうので組立時に100円ショップで売っているのでいいのでクリアスプレーでコーティングするかグリスを薄く塗ってやれば錆対策できます。
また、水分が付着したまま放置するとすぐに錆びるので使用後は乾拭きして水気を排除してください。
フロントサスペンションの内筒(スタンション)が錆びていたら格好悪いです。

フロントサスペンション
ZOOM製。

私は街乗りではフロントサス不要派です。
26x1.5のタイヤでも街乗りで発生するであろう段差の衝撃はクリアできます。

2年くらい使ったらオーバーホールするか新品に交換するかサスペンション無しのリジッドフォークに替えたほうがいいと思います。

重量
約14.0kgとなっていますが、いつものパターンから行くとペダルとキックスタンドの重量は未加算なので最低でも1.5kgはプラスになると思います。
1.5kg追加しても15.5kgなので重量の割にはお買い得だと思います。



買いか否か
値段の割に軽いのでお得だと思いますが、もうちょっと追い金してもうちょっとマシなMTBを買った方がいいと思います。

以下の項目に当てはまる人は買いだと思います。
・フロントサスペンション付きのMTBに乗ってみたい人。
・自分で各所を調整できる人かお金を惜しまずにショップで調整を依頼できる人。
・まめにメンテナンス出来る人。

余談
楽天とamazonの在庫が少なくなってきています。
もしかすると新型が出るか廃版になる前触れなのかもしれません。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/19  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

21テクノロジーのクロスバイクCL266大解剖 

ネットショップの中でも安い部類に入る21テクノロジーのクロスバイクCL266が気になったので調べました。

※2017年3月7日大幅改稿

http://amzn.to/2mSkYVz




追記
以前のタイヤの規格は26x1.25(HE規格)でしたが、2016年モデルからタイヤのサイズが700x28Cに変更になりました(メーカに確認済み)

ヤフオクで中古を買う際は出品者にタイヤのサイズを確認してから買うようにしてください。
質問しても回答がない場合は26x1.25の可能性があるので、新型(700C)が欲しい場合は入札しない方が無難です。

amazonや楽天の直営ページで買う場合は新型です。
※直営でない他のお店の販売ページでは旧型も混ざっていることがあるので注意してください。

ここでは700x28Cになった新型について書いていますが、公式ページを見ても情報が不確かなので不正確な情報を書いてしまっている可能性が大いにあること予めご了承ください。

直営ページのマシンスペックを見るとチョイチョイ数字が変わっています。
ここでは2017年3月7日現在でのスペックを表示しています。

追記終わり



スペック
タイヤ:700x28C 
車体重量 約13kg
総重量 約15kg
サドルの高さ 770~960mm
適正身長155cm~ 
適正体重 ~80kg
フレーム スチール
リム素材 アルミ
タイヤのサイズ 700x28C 仏式バルブ(仏→英変換アダプター付き)
前輪のみクイックリリース
変速ギア 後6段
チェーンリング 52T(amazonの質問欄より)
リアスプロケット シマノ MF-TZ20 (14-28T 14、16、18、21、24、28T)
前後ブレーキ デュアルピボットキャリパーブレーキ(直営写真より) 
前後泥除け
リングガード
ディレイラーガード 
キックスタンド 鉄
ボトルケージ取り付けダボ  ダウンチューブのみ
ベル 有

以下公式データではなくネットの記事より
シートチューブ C-T 435mm
トップチューブ 550mm

エンド幅は問い合わせ中です。分かり次第追記します。



新型・旧型

旧型はタイヤサイズが26x1.25 HEだったのであまり一般的なサイズではありませんでしたが、新モデルでは700x28Cとなりいい方向に進化しました。

しかし、重量は旧型はカタログ値で約12kgと軽量だったのに、新型は車体重量約17.5kg、総重量に至っては約19.5kgにギガ増加して訳が分からないことになっています。
記入ミスなのか、本当に19.5kgなのかは分かりません。

重量重視の人は旧型をヤフオクで探して買ってください。

旧型を実際に軽量すると13.5kgだったとのネットレビューを見ました。
約12kgと聞くと精々プラス500gだと思いきやまさかの1.5kgも増量しています。
これは、おそらく一般的なペダル600gとキックスタンド900gを足した重量だと考えられます。
「12kgの自転車を買ったと思ったら13.5kgでした」となると心穏やかにはなれませんね。


前回追記時の総重量19.5kgでしたが、今回の追記時では約15kgになっていました。あれはメーカーの入力ミスだったのでしょう。

2017年3月7日現在、楽天にある直営ページでは車体重量約13kg、総重量約15kgとなっていました。
車体重量と総重量の違いについては問い合わせ中です。分かり次第追記します。

適正身長
2017年3月7日現在、適正身長は155cm~となっていました。
これは、旧モデルに比べてサドルの高さが30mm短くなったことに由来します。
また、新モデルのサドルの高さは900mmから960mmまで長くなっているので高身長の人でも乗れるようになりました。

このことから新モデルの適応身長は155-180cmだと推測できます。

タイヤ
700x28C 仏式バルブ
チューブのバルブはママチャリで多く採用されている英式バルブではなく仏式です。
付属の仏→英変換アダプタを使えば空気を入れることができますが、変換アダプターでは空気が高圧になるにつれて隙間から空気が漏れてしまうので満足のいく空気圧にできません。
空気圧計の付いた仏式対応の空気入れを買うことをおすすめします。

(以前の商品ページでは米式との記載がありましたが、2017年3月7日現在では仏式バルブに変わっていました)

・購入時の空気圧について
ネットショップのレビューを見ると空気が入っていなかったことに不満を書いたり、評価を下げている人がいるけどそれは違います。
パンパンに空気を入れてしまうと輸送時に高温となった場合チューブ内部の空気が膨張してパンクしてしまう恐れがあるのです。だから安全のために必要最小限の空気しか入れていないのです。

・タイヤの色について
白いタイヤは綺麗なうちはいいですが、あっという間に汚れて真っ黒になります。
ネット検索すると黒くなったタイヤはクレンザーとたわしできれいになるそうです。

・旧型のタイヤについて
旧型は26x1.25HEです。
ヤフオクなどの個人売買や21テクノロジーの直営以外のネットショップで購入する場合は注意してください。

ギアチェンジ
箱から出して組み立てただけで運用している人に限ってギアチェンジできない、変な音がすると不満を漏らしていますが、商品ページには「変速機・ブレーキについてはお客様で再調整をお願い致します」と明記してあります。

各部の調整はyoutubeやネットページを見れば簡単にできますが、それでもできないぶきっちょな人はショップに丸投げしてください。
変速機(ディレイラー)調整はサイクルベースあさひで700円程度だそうです。イオンバイクでも同程度だと思います。
ブレーキの調整の費用は分かりません。1,000円もしないと思います。

ブレーキワイヤーとシフトワイヤーは初期伸びがあるので伸びたら随時調整してください。
調整しないとブレーキの効きが悪くなったりシフトチェンジがうまくできなくなります。


ステム
ステムはスレッド式ではなくアヘッド式なのでハンドルの付け替えが楽です。

スレッド式はネジを緩めるだけでハンドルの高さを調整できますが、アヘッド式はスペーサーの入れ替えやステムの天地反転をしなければハンドルの高さ調整ができません。
適正なポジション出しのためにも面倒くさがらずにステムの高さの調整をしてください。

ブレーキ
写真を見る限りデュアルピボットのキャリパブレーキのようです。
クロスバイクといえばVブレーキが多い中、CL266はキャリパーブレーキです。
ですので、ぱっと見の自転車のイメージはクロスバイクではなくフラットバーロードです。

シマノのブレーキを使っていれば剛性も制動距離も気にしなくていいのですが、商品ページを見るとノーブランドのブレーキを採用しています。
時速15-20km/hで走行する分にはいいのですが、それ以上のスピードを出すならシマノの105(約8,000円)に替えた方がいいのですが、写真を見るとブレーキの主軸がママチャリと同じ貫通タイプなのでポン付けできるかどうか分かりません。

どうしても105のブレーキを変えたい場合は、ダメもとで主軸を移植するとか、主軸を通す穴をリーマーで拡張する必要があるかもしれません。

youtube、主軸を交換する動画
https://www.youtube.com/watch?v=BqOt0dnMu48

ある程度経験とスキルが必要なのでよくわからない人はブレーキシュー(ブレーキゴム)を1,000円位で買えるシマノのロード用の物に替えれば制動距離が上がると思いますが、CL266のブレーキにそのブレーキシューがつくかどうかは分かりません。
ボルト径が合わない場合はブレーキシューのボルトを通す穴をヤスリで削って広げてやる必要がありますが、それをするとブレーキの剛性に影響が出かねないので自己責任でお願いします。

安物の自転車のキャリパーブレーキをいじろうとすると上記の作業が必要なことがあるのでとても面倒くさいです。
ですので、安い自転車を選ぶときはVブレーキがついた自転車をおすすめします。
Vブレーキの方が安物でも規格は同じなのでシマノのDEOREをポン付けるすれば安全安心です。

ブレーキレバー
ブレーキレバーの素材は写真を見るとアルミのようです。
本体は樹脂製なので剛性がイマイチなので気になる人はシマノのBL-R550(約3,000円)に替えれば安全安心です。

ノーマルでも問題なく使用できると思うので、剛性が気になる人以外は壊れるまではノーマルのままでいいと思います。

シフター
ギアチェンジに使うシフターはシマノのレボシフトというグリップシフターです。
このシフト形式は好みが分かれるので、グリップシフトが気に入らない人は6速用のサムシフターに交換してください。

ギアの段数
リアスプロケットの段数は6段です。
使っているのはボスフリーのMF-TZ20 (14-28T 14、16、18、21、24、28T)だと思います。

フロントの歯数はamazonの質問欄を見ると52Tと書いてありました。

ギア比とケイデンス90時におけるスピードを見ていきます。
上段:歯数
中段:ギア比
下段:ケイデンス90での時速(タイヤ周長2136mmと仮定)

14T
3.71
42.8km/h

16T
3.25
37.5km/h

18T
2.89
33.3km/h

21T
2.48
28.6km/h

24T
2.17
25km/h

28T
1.86
21.5km/h

計算上52-14Tでケイデンス90で走れば時速42.8km/h出るみたいです。

一般的な人はギア比2.3~2.6くらいがマッチしていると思っているので、よく使うギアは21Tと24Tになると思います。
21Tのギア比は2.48なので良い数値です。買い物やポタリングにちょうどいいです。
24Tは2.17しかないので男性には軽すぎます。女性でもよっぽど非力な人以外は軽く感じると思います。ゼロスタートの時には活躍しそうです。

14T、16T、18Tはギア比が2.9を超えるので、下り坂や鍛えられた脚の人以外ではしんどく感じることがあると思います。

リアスプロケットをカスタムしよう
リアスプロケットをシマノのMF-TZ21という7段タイプに交換すれば一般的な筋力を持った私にとっての理想的なギア比になります。
MF-TZ21の歯数は14-16-18-20-22-24-28Tです。

ギア比とケイデンス90時におけるスピードを見ていきます。
上段:歯数
中段:ギア比
下段:ケイデンス90での時速(タイヤ周長2136mmと仮定)

14T
3.71 
42km/h

16T
3.25
36.8km/h

18T
2.89
32.7km/h

20T
2.6
29.4km/h

22T
2.36
26.7km/h

24T
2.17
24.6km/h

28
1.86
21.1km/h

リアスプロケットを7段化するのに必要なパーツ
MF-TZ21が1,144円(税込)(サイクルベースあさひ)
7段用シフター(SL-RS35-7R レボシフト)が679円(税込)(サイクルベースあさひ)

ディレイラーはそのまま使えます。
チェーンはそのまま使えます。(ローが同じ28Tなので)

工具
ボス抜きが1000円位
24mmのボックスレンチ(あまりおすすめしませんがモンキーレンチ)が1000円位

工具類だけでも2,000円以上必要です。
サイクルベースあさひはリアスプロケットの交換賃が1,080円~(部品代別)となっています。これから自分でメンテナンスしていこうと思っている人以外はサイクルベースあさひで交換してもうことをおすすめします。

リアスプロケットを交換した場合はディレイラーの再調整をする必要があります。
youtubeやネットページをお手本にすればとても簡単な作業ですが、自分でできない人はサイクルベースあさひで700円位でやってもらえます。

シフターの交換もとても簡単なのでyoutubeやネットページをお手本にすればいいですが、自分でできない人はサイクルベースあさひでやってもらえばいいですが、工賃は2,376円です。
交換賃は高ように見えますが、一旦グリップやワイヤー外す手間賃が上乗せされているので妥当な料金です。

極力安価で抑える場合の費用
リアスプロケット(MF-TZ21) 1,144円円(あさひ)
リアスプロケット交換賃(あさひ)1,080円
シフター(SL-RS35-7R ) 679円
合計2,903円


シフターの取り付けとリアディレイラーの調整を自分でやれば2,903円と案外格安でグレードアップできます。

サイクルベースあさひでパーツを発注して、リアスプロケットだけ交換してもらうのがおすすめです。

ハンドル
ハンドルはストレートバー(フラットバー)です。
適切なハンドルの長さは自転車に乗る人の肩幅+こぶし一つ分と言われれいます。
ハンドルが長すぎると操作しにくいし人込みでは危ないのでカットすることをおすすめします。
ダイソーで400円で売っているパイプカッターで簡単に切れます。
サイクルベースあさひでは864円でやってもらえます。

バーエンドバーかブルホーンハンドルを取り付ければ快適なサイクリングができるようになるのでおすすめです。

サドル
サドルが堅いからお尻が痛いと不満を漏らしている人がいますが、クロスバイクなんだからそんなものです。
何日か乗っていくうちにすぐに慣れますが、それでもダメならフカフカのコンフォートサドルに交換してください。
ジェルパッド入りのサドルカバーはすぐにダメになるのでおすすめしません。

泥除け
実用性があってグッドだけど私なら晴れた日は外します。

標準で付いてくる泥除けは短いので、時速14km/hくらいからお尻が濡れ、時速16km/hくらいから背中が濡れてしまう可能性があるので過信できません。
速い速度の時に背中を守りたければフルカバータイプかタイヤの後端まである長い泥除けが必用です。

標準で付いてくる泥除けは雨が降った後の晴れた日に水たまりの上や泥道を時速10km/hくらいでゆっくりと通過する時用だと思って運用すれば満足のいくアイテムだと思います。



買いか
2017年3月7日現在の価格は消費税と送料込みで16,800円なのでグッドです。
重量は13kgか、重くても15kgなので価格の割には優秀です。

時速20km/h以上出さないのであればなかなかいい感じだと思います。
メリットとデメリットを理解したうえでデザイン(フレームの形状、色、配色)がとても気に入ったのであれば買ってもいいと思います。

時速20km/h以上出す人(出したい人)にはブレーキが貧弱なのでおすすめしません。

安物のクロスバイクを購入する場合の最低条件
700Cのタイヤ
Vブレーキ
7段以上の変速
15kg未満

2万円程度で買えるおすすめクロスバイク
CL266をカスタムするとお金も時間もかかります。
だったら最初から2万円程度(税込送料込)で上記の条件に当てはまる自転車を買うことをおすすめします。

管理人がいいなと思ったのはANIMATOのVIENTO、Nex TyleのNX-7021、LIGのMOVEです。

ANIMATOのVIENTOは安くてシンプルな自転車を求めている人におすすめです。フロントシングルなのでメンテナンスが楽です。

Nex TyleのNX-7021は安くて軽いけれどフロントトリプルなので坂道や向かい風にとても有利です。フロントトリプルなのでメンテナンス性(クリーニング、ディレイラーの調整)は劣ります。

LIGのMOVEはやや高価ですが、重量が12kgと価格の割にとても軽量です。


ANIMATO VIENTO
18,800円、7段変速、13.5kg
http://amzn.to/2mARM4S



Nex Tyle  NX-7021
18,800円、21段変速、13.5kg
http://amzn.to/2mAQpmE




LIG MOVE
22,097円、7段、12kg
http://amzn.to/2lSzjw8





このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/19  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

21テクノロジーのミニベロ大解剖 CL20-3

ネットショッピングでミニベロを価格順に並び替えるとはじめのほうに出てくるのが21テクノロジーのミニベロCL20-3です。
この記事を書いている時点で15,800円(税込み送料込み)です。



スペック
総重量 約13kg
サドルの高さ  800~940mm
適正身長 160cm~ 
適正体重 ~75kg
フレーム スチール
リム ディープリム アルミ
タイヤのサイズ 20インチ 米式バルブ
前輪のみクイックリリース
シフター シマノ レボシフト
リアディレイラー シマノ RD-TY21
チェーンリング 52T
リアスプロケット シマノ MF-TZ20 (14-28T 14、16、18、21、24、28T)
変速段数 6段
前後ブレーキ キャリパーブレーキ シングルピボット
クランク 170mm
BB カップ&コーン 68-113mm
ステム アヘッドステム
リングガード
ディレイラーガード
キックスタンド
ボトルケージ取り付けダボ

(ダボ穴は2014年のレビューには無かったと書いてありました。楽天の写真にはダボは写っています。年式によって違うのでしょう)



この価格で約13kgのミニベロはほかにないのでかなりお得だと思います。
組立をショップにやってもらうと5,000円はかかると思います。

ミニベロの強みは車に乗せやすい、エレベーターに入れやすい、玄関に置いても邪魔にならないことですよね。
タイヤが小さいのでストップアンドゴーが多い地域には向いていると思います。

適正身長
適正身長は160cmからとなっていますが、クランク長が170mmなので170cmの人のほうがマッチングすると思います。
ショップレビューを見ると160-165cmの人の場合サドルが一番下になるそうです。
160cmの人でも問題ないそうです。
150cmの人はアウトかギリギリ足がつくくらいだそうです。

はじめにやったほうがいいこと
ネットのレビューを見るとベアリングの調整が悪い個体もあるそうです。
私もその画像を見たのですが、グリスアップすらまともにできていない酷い有様でした。
グリスアップしないで運用すると取り返しがつかなくなるので箱から出したら組み立てる前にベアリング周りを点検することをおすすめします。

はじめにやったほうがいいことが工具も経験もない人にとって最上級な難題だということは分かっていますが、ベアリングをダメにしないためにも必要なことなんです。

自分でグリアップができない人は不具合を感じたらすぐにショップに言って新しい自転車に交換してもらうことをおすすめします。

ステム・ハンドル
ハンドルの高さはアヘッドステムなので細やかな調整ができません。
可変タイプのステムに替えればハンドルの高さを調整しやすくなります。
ハンドルをライザーバーに替えればハンドルの高さを幾分上げることができます。

ハンドルの幅は自分の使いやすい長さに調整しましょう。
100円ショップのダイソーで400円で売っているパイプカッターで簡単に切ることができます。

バーエンドバーを付ければ手首の負担が軽減できます。

腕が長い人、高身長の人(180cm)はハンドルが近くなるのでサドルを目いっぱい下げるとか、突き出し長の長いステムに交換するか、ブルホーンハンドルかドロップハンドルを付けた方が運転しやすいと思います。

サドル
ママチャリのサドルとは違ってバネがないタイプのサドルなので乗り始めはお尻が痛くなるかもしれませんがすぐに慣れます。
ショップレビューではサドルが幅狭で堅いという口コミがありますが、この手の自転車では普通なので体に合わない人は慣れるまで我慢するか格好悪くなるけどコンフォートな柔らかいサドルに交換しましょう。

リム
私はリムの色が前後違うのは嫌い。

タイヤ
私は白いタイヤは嫌い。

20インチのタイヤは27インチのタイヤと比べて2倍以上早く摩耗するので注意が必要です。

一般的なママチャリに採用されている英式バルブではなく米式バルブなので対応している空気入れか米→英変換アダプターが必用です。

実は100円ショップのセリアとミーツで売っている空気入れで米式バルブのチューブに空気を入れられます。
間違った情報だったらすみません。

タイヤが太いのでクイックリリースで着脱するときにブレーキに干渉するようだったら、タイヤの空気を抜けば対応できると思います。
そんな簡単なことに気が付かないで文句を言っている人はおかしいと思います。

エンド幅
ネットのレビューを見ると135mmになるそうです。
ボルトを無理やり締めて130mmっぽく見えているそうです。
現在は改善しているかもしれません。

ペダル
ペダルのベアリングの数が不足している個体があるそうです。
不具合がある場合は調整か交換が必用です。

ブレーキ
ネットショップの説明には後輪はバンドブレーキとなっていますが実際にはシングルピボットのキャリパーブレーキです。
こういうことに気が付かない、気がついても直さないのが21テクノロジーという会社なのです。

シングルピボットのキャリパーブレーキは制動制がやや劣るので気になるならデュアルピボットのキャリパーブレーキに替えればいいと思います。

初期状態だとブレーキの調整が必要なので根気強く調整してください。

ギアチェンジ
「チェーンが外れた」とか「ギアが入らない」といったレビューを見ます。
ディレイラーの調整ができていないことが多いので調整しましょう。
自分が調整していないだけなのに商品やメーカーを悪く言ってはいけません。

速度・ギア比・ケイデンス

ギア
フロント52T、リア14-28T

ギア比
 14、 16、 18、 21、 24、 28T
3.71、3.25、2.89、2.48、2.17、1.86

ケイデンス・速度
Front: 52   14   16   18   21  24   28
60rpm   19.52 17.08 15.18 13.01 11.39  9.76 km/h
70rpm   22.78 19.93 17.71 15.18 13.29 11.39
80rpm   26.03 22.78 20.25 17.35 15.18 13.01
90rpm   29.28 25.62 22.78 19.52 17.08 14.64
※タイヤ周長1460と仮定

60rpmで普通に走るとき
90rpmで足がクルクル忙しい
それ以上は超クルクルで危ない

トップギアでも物足りない場合は60Tのチェーンリングに交換しましょう

Front: 60   14   16    18  21   24   28
60rpm   22.53  19.71 17.52 15.02 13.14 11.26 km/h
70rpm   26.28  23.00 20.44 17.52 15.33 13.14
80rpm   30.03  26.28 23.36 20.02 17.52 15.02
90rpm   33.79  29.57 26.28 22.53 19.71 16.89

ドッペルギャンガーの60Tのチェーンリングが9,600円、チェーンを交換しないといけないと思うのでプラス1,500円(安物でいいなら1,000円)合計11,000円になります。
交換作業を自分でやるなら工具(コッタレス抜き、スパナ、チェーン切り)が必要となってきます。3,000円程度。

パーツと工具で14,000円です。
これじゃCL20-3がもう一台買えるじゃないか!とお思いでしょう。
普通のミニベロが普通の値段で売っている理由ははじめからそれ相応の状態・スペックだということです。
普通のミニベロは買ってすぐにベアリングのチェックなんて必要ないでしょ。
安いってことはそういうことなんです。

手を入れない状態のCL20-3で30km以上出すのは恐ろしいので初期のギア構成がベストだと思います。
もうちょっとスピードを出したいと思ったらカスタム好きな人以外はCL20-3には中途半端にお金をかけずに状態が良いうちに友達にあげるか売り払ってまともなミニベロを買うことをおすすめします。

のんびりと18-20km/h、出しても25km/hだよって人にはCL20-3はベストチョイスだと思います。






最後に
いろいろ書きましたがこの価格でこの重量のミニベロはないのでかなりお買い得だと思います。
(ヤフオクは除く)

ネットショップのレビューを見るとベアリング周りに問題がある個体があるようなので自分で何とかできる人かショップにクレームを言える肝っ玉の強い人以外にはおすすめできる自転車ではないと思いました。

私は欲しいです。
いろいろ不具合をクリアしながらカスタムするなんて最高の道楽だと思います。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/18  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

コーナンのクロスバイク・ATB大解剖 価格調査

ホームセンターのコーナンの自転車が気になったので調べました。
コーナンの自転車のブランド名はSOUTHERN PORTです。



2016/04/20記載
広告掲載期間2016/04/20-25
コーナンクロスバイク20160420-0425

2週間ほど前にチェックした時は16,800円だったので1,000円アップしました。
ゴールデンウィークが近いからでしょうか。

スペック
クロスバイク
価格 18,800円/20,304円(税抜/税込)

タイヤのサイズ 27x1 3/8
適正身長155cm以上
変速段数 外装6段
前ブレーキ キャリパーブレーキ シングルピボット
後ブレーキ ローラーブレーキ
ハブダイナモ
オートライト
前カゴ
泥除け
チェーンガード
キックスタンド

ケイヨーD2で売っている同じようなスペックのクロスバイクは税込みで21,800円(前回調べ)なのでコーナンのクロスバイクのほうが安い。



以下2016/04/17記載
このクロスバイクはブロックダイナモのLEDライト搭載です。
27インチ、前カゴ、泥除け、チェーンガード、外装6段で14,800円(税別)は安い。
チラシのみで現物は見たことがありません。
コーナンクロスバイク


このクロスバイク(写真左のシルバー)はアルミ製。16,800円(税別)
26インチ、外装6段、KT23-3113、KN266CR?適正身長145cm以上。
泥除けもライトもチェーンガードもついていない。まあまあ軽かった。
コーナン2_R


写真右 26インチATB 14,800円(税別) ATBF266
外装6段、適正身長145cm以上。
前カゴ、泥除け、チェーンガード、ダイナモライトがついてこの値段は安い。特売品だから安かったのでしょう。普段は16,800円だったはず。
残念なポイントは前ブレーキは板タイプのシングルピボットのキャリパーブレーキ、後ブレーキは「ベルトブレーキ」なところ。子供用のATBをサイズアップして大人用にしたような装備。素晴らしい安さなので問題ありません。
タイヤサイズはブロックパターンの26×1.95HEだったはず。違うかも。

写真左 27インチクロスバイク 17,800円(税別)
外装6段、適正身長155cm以上。
前カゴ、泥除け、チェーンガード、ハブダイナモ、オートライト搭載。
前ブレーキは板タイプのシングルピボットのキャリパーブレーキ、後ブレーキはローラーブレーキ。
タイヤサイズは27x1 3/8
先日紹介したケイヨーD2のクロスバイクが21,800円(税込)だったので、税込みで19,224円のコーナンのクロスバイクのほうが安い(スペックも同等)
コーナン3


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/17  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

まともな通勤通学自転車の選び方

私が考えるまともな通勤通学自転車のポイントは以下の通りです。

前ブレーキ デュアルピボット キャリパーブレーキ
後ブレーキ ローラーブレーキ
ブレーキレバー 金属
ハブダイナモ
LEDオートライト
カゴ下ライト




メンテナンス性を考えると外装変速よりは内装変速。
内装変速は5段は欲しいです。3段でもいいけど私的には5段は欲しいです。
外装変速でもメンテナンスできるならOKです。

まめにメンテナンス出来ない人はチェーンドライブではなくアルベルトのようなベルトドライブかシャフトドライブをおすすめします。

前ブレーキはシングルピボットでもいいですが、片効き問題や制動制を考えるとデュアルピボットが好ましいです。

後ろブレーキは静粛性の高いローラーブレーキが望ましいです。
バンドブレーキはしばらくするとキーキー鳴ってうるさいのでNGですが、自分でメンテナンスして消音できるならOKです。

ブレーキレバーは樹脂製の物は剛性が低いので金属製の物がいいです。

ハブダイナモはいまや夜間走行のマストアイテムです。ハブダイナモの有無によって6,000円ほど価格差が生まれますがケチってはいけません。

ハブダイナモ搭載の自転車にはLEDのオートライトが付いてきますが、フォーク部分にライトが付いているとせっかくの明るい光がタイヤで遮断されてしまうのでカゴの下についているタイプを選びましょう。

リアキャリアは必要な人とそうでない人が分かれるため個人の判断にお任せします。



これらの基準をもとに私が実際にショップで確認した自転車
ブリヂストン ビートW、アルベルト
パナソニック タフチェーン

アルベルト以外はホームセンター用のモデルかもしれません。
1万2万じゃ買えませんが耐久性と実用性は申し分ないので大切なお子さんの自転車はケチらないでほしいです。

自分でバッチリメンテナンスできる人は何を選んでもいいとおもいます。

チェーンに注油や空気入れくらいはやりましょうね。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/17  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

ビバホームのスポルト7&21大解剖

ホームセンターのビバホームにはスポルト7とスポルト21というクロスバイクが売っているとのことなので調べてみました。

スポルト7はⅢと書いてあったように思います。
定かではありませんが製造時期によってモデルやスペックの変化があるように思います。

スポルト7
スポルト7

スポルト21
スポルト21

価格
スポルト7 26,500円 税別
スポルト21 27,500円 税別

タイヤサイズ
スポルト7 26x1.25 (31.75mm)
スポルト21 700C 幅:忘れた (32Cという情報がある)

重量
スポルト7 12.4kg
スポルト21 12.9kg

変速段数
スポルト7 外装7段
スポルト21 外装21段

ブレーキ
スポルト7 前後Vブレーキ
スポルト21 前後Vブレーキ

どっちがいい?
700Cのタイヤのほうが入手性がいいので私は700Cのスポルト21を選びます。

スポルト7とスポルト21の価格差はたったの1,000円なのでスポルト21をおすすめします。

ネット販売の自転車を除くと27,500円で12kg台で21段変速の自転車はそうそうないのでスポルト21はいい自転車だと思います。

私が今まで安くて軽いと言ってきたのはCAPTAIN STAGのYG-0249 アルクロ 70021(34,800円、12.2kg、700x32C、外装21段)に比べるとだいぶお買い得なのが分かります。

★追記
楽天市場で24,624円(税込み送料込み)、12kg、700x28C、18段変速のリトルロックというクロスバイクを発見しました。


amazonはちょっと高い


★追記終わり


余談
23Cや25Cといった細いタイヤがいい人は買ってからお金をかけるくらいならはじめから細いタイヤを履いた自転車を買うことをおすすめします。前後のタイヤとチューブで最低でも5,000円は必要です。

スポルト7とスポルト21は身長によって選ぶのが正解なのかもしれません。
26インチは身長140cm以上、700Cは150cm以上と解説しているサイトがありました。
実際に跨いで各自で判断してください。




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/17  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)

ケイヨーD2のクロスバイク大解剖 価格調査

ケイヨーD2で売っている2種類のクロスバイクが気になったので調べました。


広告掲載期間 2016年4月20日~4月25日
ケイヨーD2クロスバイク20160420-0425

価格 14,800円(税込)
サイズ 27インチ
タイヤサイズ 27x1 3/8 A SHIN TIRE (CHENG SHIN ではない)
ギア数 外装6段 シマノ MF-TZ20
シフター グリップシフト
ブレーキレバー 樹脂
前ブレーキ キャリパーブレーキ シングルピボット
後ろブレーキ バンドブレーキ
ライト 安クロス ブロックダイナモ フォーク取り付け型
ステム スレッドステム
トップチューブ ストレート
前かご
泥除け
チェーンガード
キックスタンド

広告期間2017年3月29日~4月3日
D2クロス2

価格 21,800円(税込)
サイズ 27インチ
タイヤサイズ 27x1 3/8
タイヤメーカー KENDA COSMOS
ギア数 外装6段 シマノ MF-TZ20
シフター グリップシフト
ブレーキレバー 樹脂
前ブレーキ キャリパーブレーキ シングルピボット
後ろブレーキ ローラーブレーキ シマノ INTER M
ライト ハブダイナモ オートライト フォーク取り付け型
ステム スレッドステム オープンクランプ(2点止め)
トップチューブ カーブ
前かご
泥除け
チェーンガード
キックスタンド





価格差
安い方が14,800円、高い方が21,800円。
価格差は7,000円もあります。
価格差の原因を考えると、ブロックダイナモのライトからハブダイナモとオートライトでプラス6,000円。バンドブレーキからローラーブレーキでプラス1,000円。合計7,000円。
大体どのメーカーの自転車もこれらのパーツでこれくらいの価格差があるので妥当です。

重量
重量は値札に書いてなかったので分かりません。

ライト
高クロスに搭載されているハブダイナモは普段使いにはベストチョイスですが、暗くなってからは自転車に乗らない人や重量を気にする人には向いていません。

安クロスに搭載されているブロックダイナモライトは一般的なママチャリについている安くて暗いので夜間を走行する機会が多ければ明るいLEDのダイナライトに交換することをおすすめします。

おすすめのダイナモLEDライトは丸善のMagBoy MLC-1です。LEDで明るいのは当然ですが、発電コマをリムにセットすれば漕ぎ抵抗が下がるのでナイスです。
私もMLC-1を使っています。amazonでは1,500円程度、ホームセンターでは2,500円程度で買えます。

キックスタンド
両者ともに鉄製のキックスタンドです。これをアルミ製の軽いものに交換すれば軽量化できます。1,500円位かな。

ブレーキ
前ブレーキは両者ともにママチャリでよく見る板タイプのキャリパーブレーキ。
しかもシングルピボット。クロスバイクというのだからもうちょっとまともな物をつけてほしいものです。

後ブレーキは安クロスはドラムブレーキ、高クロスはローラーブレーキを装備。

前後のブレーキから分かるようにこの2台は形はクロスバイクっぽいですが、パーツ構成はシティサイクルです。

メーカーがクロスバイクというのだからクロスバイクなのでしょうが、クロスバイクにドラムブレーキやローラーブレーキなんて聞いたことがありません。

バンドブレーキの宿命はブレーキングのたびにキーキー鳴くことです。前の歩行者にベルを鳴らすことなく自転車の存在をアピールするには最高のアイテムですがうるさいことには変わりありません。
バンドブレーキの鳴きはパーツクリーナーや研磨剤が入っている歯磨き粉やクレンザーでクリーニングすれば治まるそうです。
後からでもうるさくないサーボブレーキに交換できます。自転車屋での費用は3,000-4,000円程度だそうです。


14,800円で買った自転車の1/3のお金を出していいブレーキにする人なんてそうそういないと思うのでバンドブレーキの人は定期的にバンドをクリーニングするか前ブレーキで何とかなる程度のスピードで運用するのが現実的かな。

ステム(ハンドルを固定しているパーツ)
安クロスは一般的なスレッドステム(クイルステム)
高ステムもスレッドステムだけどオープンクランプタイプなのが面白い。あまり見たことがない形状。メリットといえばドロップハンドルが差し込みやすいとかバーテープが付いたドロップハンドルの交換くらいしか思いつきません。

カスタム
私が両者をカスタムするなら
サドルを高くしてハンドルを低くしてポジションを出す、グリップはエルゴグリップに交換、バーエンドバーの装着、キックスタンドをアルミ製に交換、前カゴの取り外し、サドルを軽量の物に交換。
チェーンガードと泥除けは外しても大した軽量化はできないのでそのまま。めっちゃ重い素材だったら取り外す。
前かごは必用だったらそのままつけておく。

選ぶならどっち
価格重視なら安クロス
軽量化して速く走りたい人は安クロス(ハブダイナモは重い)
暗くなってからも自転車に乗る人は高クロス
ブレーキがうるさいのが気にならない人は安クロス
ブレーキがうるさいのが気になる人は高クロス

私だったら実用性を重視してハブダイナモ、オートライト、ローラーブレーキを搭載する高クロスを選びます。




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/04/16  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。