2018年11月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312019年01月
スポンサード リンク

嫌いなテレビ番組「ドッキリ物」

2011/06/28  ▼MONOらる

今日放送していた「オールスター芸能人どっきり王座決定戦スペシャル」(2011年6月28日)は最高に下らなくイラッとするテレビ番組でした。

嫌いなら見なければいいじゃんというツッコミがあると思います。出来れば僕だって見たくありませんよそりゃ。
食事中のチャンネルは父親が握っているので、回避したくても回避できなかったんです。お察しください。

オールスター芸能人どっきり王座決定戦スペシャルが嫌いというよりは、ドッキリ物の番組が大嫌いです。
人が困ったりびっくりした姿を見て笑うなんてどうかしていると思うのは僕だけなのでしょうか。

とはいえ、ドッキリのターゲットが純粋に騙されているとも思っていません。

寝起きドッキリにしても大規模ドッキリにしても、ターゲットがそれに気付いている、もしくは知っている、、、つまり演出(何度も書いていますが、ヤラセと演出は似ているようで別物です。)だと思っています。

ターゲットの全員が全員ドッキリの内容を事前に知っている訳ではないと思います。

所詮はテレビ。人気が落ちつつある芸人、タレントの人気の梃入れ(てこいれ)もしくは番宣目的で番組に食い込ませている物だと思っています。

演出を演出として(何度も書きますがヤラセと、、、以下省略)見れない視聴者って幸せだと思います。僕も昔のようにバラエティー番組を楽しみたいと思うのですが、それは馬鹿になることを意味するので、やっぱり今のままがいいと思ったとさ。

恋愛バラエティ「あいのり」には騙されないでね。過去の自分。

そういえば、テレビや雑誌でタレントAとBの熱愛発覚!?六本木のレストランで目撃。とかってやつも宣伝だからね。
それをスクープしたと思っている人もいるかもしれないけど、それは間違い。タレント事務所が記者に写真撮ってもらってるんだからね。売名売名宣伝宣伝。
そういう芸能界のカラクリを知ってからはテレビがつまらないものになってしまいました。

でも人並みにテレビは見てるしNHKのクローズアップ現代は好きだけどね。うるさいバラエティ番組は嫌い。


●テレビって、、、へぇ

――テレビ、なんでつまらなくなっちゃったんでしょうか?

「一言でいえば、テレビの制作者がバカに見せるために番組を作っているからでしょう。だからCM前後に同じ映像を流したり、無意味でだめ押しのようなテロップを入れたりする羽目になるわけです」(今井舞さん)

(http://news.livedoor.com/article/detail/4035783/)より

以前はこの言葉の意味がぼやっとしか分からなかったのですが、今は大分はっきりと理解できているつもりです。



昔の僕は、大黒摩季さんの「ら・ら・ら」の歌詞のように【TVやマスコミはいったい誰のもの?とっても寂しいからとりあえずつけてます】状態でした。家に帰るとテレビのスイッチオン、部屋入るととりあえずテレビのスイッチオン。

今や部屋にテレビが無い生活を送っています。テレビが壊れて買い換えるのが勿体ないからテレビが無いだけだけどね。
あの無類のテレビっ子だった僕がテレビ無しだなんて凄いね~。


●まとめ
・僕はドッキリ番組が嫌い。
・でもそのドッキリ番組は演出でできている。
・ターミネーターや仮面ライダーのように現実の物ではなくフィクション、作り物として見られればイラッとしない。イラッとしないけど、それでは面白くもなんとも無い。
2011/06/28  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

携帯電話「THE HYBRID 007SH」

2011/05/29  ▼MONOらる

シャープ社製の携帯電話「THE HYBRID 007SH」が素敵過ぎます。

007sh.jpg

なにがどう素敵かと言いますと、OSは今流行のAndroidなのですが、形状は今まで通りの携帯電話の形をしているところです。そして、液晶画面をクルリンパと回してパタンと倒すとスマートフォンタイプになるのも面白いです。

クルリンパ構造自体は古くからありますが、これとandroidを組み合わせるとはやるなシャープよ。

スマートフォンといえば猫も杓子も「板」「板」「板」どいつこもいつもアホかと思っていたので尚更素敵に見えました。
※ここでいう「どいつもこいつも」とは、所有する人間のことではなく、スマートフォンのことを指します。


●スマホとガラホ

従来通りの携帯電話のことをヤング世代は「フィーチャーフォン」と言うのですが、僕はこの言葉を好きになれそうもありません。かと言って、ガラパゴスケータイという言葉も好きではありません。

昨今のスマートフォンブームは、皆が持っている、流行っているからという理由で起こっているのではないかと思います。
それだけの理由しかないのにガラパゴスケータイからスマートフォンに乗り換えてもいいことなんてないのではないかと思います。

最初はいろいろな機能で遊べて楽しい楽しいとなるとは思いますが、結局は「やっぱりテンキーの方が使いやすい」「折りたたみの方が持ち運んだり、液晶を気にしないでカバンに入れられる」「ワンセグが見られない」「おサイフケータイできない」など、それぞれのメリット、デメリットが見えてくると思います。

皆が皆、自分のライフスタイルに合った携帯電話を選べるといいですね。


●進化論

スマートフォンの普及によって、androidというグローバルスタンダードな新種の怪物が、日本を乗っ取るために渡来して来たことによって、日本固有種のガラパゴスケータイが絶滅の危機に瀕するかと思いきや、日本のガラパゴスケータイのDNA(相手の良い所を吸収して、それを元に独自の物を作り出す)の方がスマートフォン、androidをガブっと丸呑みにして出来ががったのが「THE HYBRID 007SH」です。

もう日本独自のOS開発、搭載するつもりはなさそうなので、android軍の侵入はやむを得ませんが、PDAの形状ばかりではないぞというのが「THE HYBRID 007SH」の登場で分かったので、まだまだ携帯電話市場から目が離せなくなりました。

android+(スマートフォン)+ガラパゴスケータイ=ネオガラパゴスケータイ

人間然り、動物然り、近い者ばかりDNAを交えてばかりいても強いDNAを持つ固体は生まれません。遠くの同一種のDNAを交えることによって強いDNAを持つ個体を誕生させることができるということが携帯電話の世界でも起きると思います。

こうしてグローバルスタンダードケータイを吸収して進化することによって、更に高次元なガラパゴスケータイへと進化していくことを願っています。


●進化論(デジャブ?)

ボーダフォン(イギリス)の3Gが登場したときも、日本の携帯電話は独自に進化しすぎていて操作が端末ごとに違うので開発が大変だからイカン、UIなど全て統一しなさいということになりました。

多分、世界共通の使用にすることによって、海外メーカーの参入を容易にして日本のシェア、ひいては日本の経済を乗っ取ろうとしていたのではなでしょうか(←でた、お得意のトンデモ説)

ともあれ、どれこもこれも同じメニュー画面になって非常にしょうもない携帯電話が増殖しましたが、日本では馴染みがなかったため、メーカサイドはさりげなく統一UIの範疇で独自性を織り込んでいき、気が付けば統一UIなんて最初からなかったかのようになりました。


●ついでにiPhoneとandroid携帯

iPhoneとandroid携帯の両方を使ったことがある人なら分かると思うのですが、iPhoneの方が動作がスムーズです。
なので、一度iPhoneを使ったらandroidなんて使いたくもなくなるのですが、両車それぞれにメリットでメリットがあるので、これまた自分のライフスタイルに合ったものを手にすることが出来ればいいですね。
2011/05/29  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

車「新型シエンタ」

2011/05/22  ▼MONOらる

僕の愛車、トヨタ車のシエンタが2011年6月13日に不死鳥のごとく夢の大復活を遂げます。
近年の車はどれもこれもフロントライトが吊り目なので気に入りません。鬼が饅頭を取られたかのごとき吊り目よりも、可愛い丸目が好きです。


●はじめに

まずはシエンタの来歴を書いていきます。

名前の由来:スペイン語の「7」"siete"と英語の「楽しませる」"entertain"からの造語。

2003年9月29日に初代が発売
2008年12月25日発売のパッソセッテに後進を譲るために引退する予定が、パッソセッテの売れ行き不振のため生産継続。
2010年8月、7年の歳月を経て生産終了
2011年6月13日ユーザーから復活を望む声が強かったため新型発売

2010年年間販売台数
シエンタ:28,383台
パッソセッテ:2,362台

↑パッソセッテ売れてなさ過ぎる。


●カルロスゴーン

記憶が不確かなので鵜呑みにして信じないように注意して欲しいのですが、シエンタとパッソセッテを同時に販売しているときに、日産のカルロスゴーン氏が「同じようなカテゴリーの車を同時に販売するなんて考えられない」とコメントしていたように記憶しています。

シエンタはパッソセッテの登場によって引退する予定だったのですが、パッソセッテまさかの大コケによって販売継続になりました。

よって、コンパクト3列シート人乗りという同じコンセプトの車種が同時期に存在して、お互いを喰い合う不毛な戦いになるとゴーン氏は考えたのでしょう。

販売台数を見るとシエンタの圧勝でしたが、同じトヨタ車同士なので結局は不毛な戦いとなり、ゴーン氏の考えどおり同じコンセプトの車種は複数存在させないほうが身のためでしたね。

とはいえ、多分ある程度生産台数の保証をしてダイハツに作らせていたとしたら、いくら売れない車種であっても製造販売し続けなければならなかった御家事情があったのかもしれません。

ともあれ、パッソセッテは、トヨタにとっては思わぬ誤算、お邪魔虫だったかもしれませんが、姉妹車ブーンルミナスを販売するダイハツにとっては7人乗りミニバンという貴重な車をラインナップに加えることが出来たので、ダイハツにとってはまずまずの結果となったのではないでしょうか。



●最後に

とまあ、いろいろ言いたい放題でしたが、納得いく車選びをしないと、どんな車にも愛着を持てずに飽きてしまいます。
車選びをしている皆が、あれこれ悩んで満足のいく車に出会えることを祈っています。
2011/05/22  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

ゲーム「iPhoneのゲームDynamic Hunting」

2011/05/21  ▼MONOらる

「MONOらる」というカテゴリーを作ってみました。
このカテゴリーでは、世の中に無限に溢れている様々なジャンルの”物等”1つ(MONO)に絞って賞賛、賛美、批判、愚痴など、個人的な率直な感想を書いていきます。

物等(ものら)る=MONOらる。

やらず嫌い、食わず嫌いではその物の良し悪しなど分かるはずも無いのですが、そういう人の意見としてなんらかの参考になるのではないでしょうか。


さて、1回目はiPhone、iPod touchのゲーム「モンスターハンターDynamic Hunting」について書いていきます。

テスタームービーを見ました。




●第一印象

うは、これは酷い。なんというクソゲーだ。
こんなのモンハンじゃねー。
操作方法がクソ。複雑になってもいいから今まで通りにして欲しい。が、タッチ操作だからそこは許容範囲。
モンスターに与えたダメージや残りHPが表示されるってどういうことさ。いらねーよそんな機能。
イャンクックってのはなぁ、こんなにノロノロ動かねー魔獣なんだよ。


●なぜモンハン

追加ダウンロードで武器、防具、アイテムを別料金でダウンロードさせて儲けようというセコい考えなのでしょう。
いかに効率よくアホなユーザーから別料金で追加ダウンロードをさせるかを検討した結果、モンハン2Gで300万本のヒットを飛ばしたモンハンシリーズに白羽の矢が立ったのではないでしょうか。

GREEやモバゲーの一般化によってゲーム市場ののビジネスモデルの変化に対応した当然の発想だと思います。

痣とい臭いがプンプンしてきます。


●モンスターの行動パターン

イャンクックが突進もせずにクルクル尻尾を振っているだけってどういうこと?近中遠距離によってモンスターの行動パターンが変わって、それによってどう避けるとか隙をついて攻撃するとかがなくなってしまっているように見受けられました。
仮にそうであれば温ゲーマー用の温ゲーです。


●装備

「お店」「装備」の選択肢があったので、それなりにアイテムを買ったり装備を変更できたりできそうです。

説明文に片手剣、大剣はガードできると書いてあったのでこの2種類の武器が出るのは確定ですが、マイスイートヘビィボウガンや双剣、ガンランスは登場するのでしょうか。今後の情報に期待です。

せめてモンハンのファーストと同等の種類は欲しいところです。


●似ているゲーム

これってNeoGeoの「クロスソード」に雰囲気が似ていると思います。



クロスソードの方が面白そうだと思います。


●モンハン亜種

カプコンは一体何をどう考えてこんなクソゲー(第一印象ね)を作ってしまったのでしょうか?このゲームはモンハンの虎の威を借りただけのなんちゃってモンハンです。

PSPゲーム「モンハン日記 ぽかぽかアイルー村」のように、モンハンの派生ゲームだと思えれば悪いイメージは生まれなかったと思います。


●最後に

PSP GOで大コケしたゲームのダウンロード販売のリベンジとなるのでしょうか。
儲けるだけ儲けてモンスターハンターポータブル4が出ればいいなと思います。頑張れカプコン。
2011/05/21  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

MYカメラ「FINE SHOT(クレーンゲームの景品)」

2011/05/12  ▼MONOらる

僕が持っている、もしくは使ったことのあるカメラの記録です。

記念すべき1回目は、デジタルカメラ「FINE SHOT」です。
このカメラは、ゲームセンターのクレーンゲームの景品です。
トイデジに興味があったころにヤフオクにて100円で購入しました。1,000円~1,500円で景品系カメラを売っているお店がありますが、はっきり言うと対価に見合わないので1円でも買わないほうがいいと思います。


●余談、関連法令
余談ですが、クレーンゲームはパチンコ同様、警察が管轄する風俗営業法によって取り締まられているそうです。

しかし、風営法第16条で
「小売価格がおおむね八百円以下のものを提供する場合については法第二十三条第ニ項に規定する「遊技の結果に応じて賞品を提供」することにはあたらないものとして取り扱うこととする。」
とあるので、800円位までなら風営法から除外されます。

ついでに書くと、ガチャガチャは景品表示法によって取り締まられているそうです。


なんにせよ、クレーンキャッチャーに大金を投入してまでもどうしても欲しいぬいぐるみをゲットするくらいなら、ヤフオクで買ったほうがましだと思います。
正直言って小売価格800円の物ってゴミのような(すぐにゴミなる)クオリティの物ばかりなので、どうせお金を使うならブックオフの100円古本を買った方がまだましだと思います。

とかなんとか言ってるけど、僕もちょこちょこクレーンゲームやってますよ。

大金を使って苦労して欲しい景品をゲットするという達成感、快感を味わいたいものなのでしょうか。そうだとすると、それはもう中毒です。病気です。そう考えるとパチンコ並の中毒性があるクレーンゲームが風俗営業法で取り締まられる理由が何となく分かります。

デートの時にさっとぬいぐるみを取れれば、異性のハートを少なからずキャッチできるので、そのような邪ハートツールとして利用するにはもってこいだと思います。


●FINE SHOT
かなり横道に逸れてしまいました。

画素数:30万画素
電源:単4電池×2
メモリ:内部メモリのみ。揮発性メモリなので、電池を抜くと写真データが消えてしまいます。

FINE SHOT 2

FINE SHOT 3 FINE SHOT 1 

富士フィルムの「Fine Pix」とソニーの「Cyber-shot」の虎の威を借る狐がごときネーミングで、遠目で見るとどことなくソニーのDSC-TXシリーズに似ています。
人気に便乗した痣(あざ)とさが見え隠れしています。

SONY デジタルカメラ Cybershot TX10 1620万画素CMOS 光学x4 グリーン DSC-TX10/G

まあ全然似てないんですけどね。全体の質感はかなりのプラスチッキーぶりです。

30万画素なので最大640×480で撮影します。
フルサイズの画像はとても見られたものではないですが、下のように横340位まで縮小すればブログ用として使えなくもないと思います。

絵作りは僕好みのビビッドカラー(?)

このカメラを使うくらいなら携帯電話のカメラを使う方が34倍ましです。

ゲームセンターでノリだけでゲットしたのはいいものの、使い道がなくてゴミになった悲運のカメラの1つではないでしょうか。


●作例
FINESHOT1 FINESHOT4

FINESHOT7 FINESHOT8

FINESHOT9 FINESHOT10

FINESHOT2 FINESHOT3

FINESHOT6 FINESHOT5
2011/05/12  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

地這い人、三脚を買った

2011/05/11  ▼MONOらる

今まで使っていた三脚は、25センチ高だったので夜空を撮影するときは、地面を這うような姿でしか撮影できませんでした。(最後にその姿の写真あり)

今よりも高い三脚が欲しかったのですが、金銭的に余裕がなかったのでネットでウインドーショッピングをして我慢していました。

Amazonを見ていると
3ウェイヘッド付きEV4段アルミ三脚
3ウェイヘッド付きEV4段アルミ三脚
これが800円+送料525円=1,325円と格安だったのですが、僕の三脚の条件「ズボンの後ろポケットに入るサイズ」を満たしていなさそうなのでパスしました。

次に見た
小型カメラ用 三脚 8段式 ブルー 200-CAM010BL
デジカメスタンド 小型カメラ用 三脚 8段式 ブルー 200-CAM010BL
は、収納縮長が29センチというのがネックだけど、ズボンの後ろポケットになんとか入りそうだったで買う気満々になりました。
1,280円+送料525円=1,805円でした。

ネットで三脚情報を見ていると「お売りくださ~い♪ハドーハドー♪」の洗脳ソングで有名なハードオフのジャンクコーナーに、いい物が安くで出ている可能性が高いと書いていたので、とりあえずハードオフのジャンクコーナーをチェックして、それでもなければアマゾネスすればいいと思いました。


●いざ、ハードオフ
そして今日、ハードオフのカメラ関係のジャンクコーナー行ってみると、あるわあるわケンコーやSLIKなどのグッドなクオリティの三脚が。しかもどれも大体3,000円位。壊れてるとかそんなのはなくて、せいぜい擦り傷程度で3,000円はかなりお得だと思いました。

(家に帰ってAmazonを見たら、確かにメーカー希望価格は1万円程度だけど、実売価格は3,000円程度でした。やっぱりネット販売って凄いよね。普通のお店で普通の値段で買うのがバカらしくなってきます。)

いろいろ種類があったとはいえ、ズボンの後ろポケットに入る三脚がなくて、半ば諦めかけていたら、あった、ありました。

Kingと書いてあるので、浅沼商会販売のキングだと思います。
安心と信頼のJISマークが輝いています。
king三脚

お値段は
king三脚値段
税込み525円。安い。

ってことで、恋人もいないのに三脚抱いて、いそいそレジに向かいました。


●上記の三脚とKingの三脚を比べてみました。

200-CAM010BL
■8段階伸縮
■収納縮長:290mm
■最大地上高:1030mm
■耐加重:500g
■重量:416g

King三脚
■10段階伸縮(1本あたりが短いから折れにくい?)
■収納縮長:215mm(↑より7.5cm短い)
■最大地上高:1050mm
■耐加重:???g
■重量:700~800g(ずっしり重い。それだけ丈夫ってことにしておいてください)


●中古品の儀式

帰宅後水拭きした後にアルコール消毒して身も心も自分の物にしました。
中古品を買った後に必ずする儀式のようなものです。

その後、僕の持っている三脚を並べてみました。

左:King 中央:今までのメイン 右:携帯電話用
三脚比較

今までこんな低い三脚で夜空を撮影していたなんて自分でも信じられません。
三脚高比較

横にパタンと倒せます。
三脚横

左:今までの 右:King
重みでズボンがずり下がりますが、ベルトをしなくてもいい程度です。
三脚inポケット

これが今までの夜空を撮影する姿勢。
もうゴールしていいよね。
低三脚夜空


●ロッド式、レバー式
ロッド式は、出すときはいいのですが、足を縮めるときに急いでガガガってやると最悪の場合足を折ってしまうのでゆっくり縮めないといけないのが嫌いです。
レバー式は、足を出し切った後にロックを掛けるのが面倒だけど、仕舞うときはサササっと仕舞えるはいいのですが、最後にレバーをギュッとするのが面倒なので嫌いです。
2011/05/11  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

デジカメ選び、コンパクトデジカメ各機能で最強はどれ?

2011/05/07  ▼MONOらる

それぞれの分野で最高性能のコンパクトデジカメ。(ブログ更新時)
これは自分用のメモみたいなものなので、これ以上の性能の機種もあると思います。

デジカメ選びはとても難しいですね。
画質、絵作り、エフェクト、ズーム、マクロ、広角、レンズの明るさ、扱いやすさ、バッテリー時間、大きさ、ビデオ撮影機能、CCD・CMOS素子、デザイン、色、などなど万人に「これを買えば絶対大丈夫」という物がないのが面白味であり難しさでもあると思います。

動画撮影形式もAVI、 Motion JPEG、MPEG4、HD、AVCHDなどいろいろあるので、パソコンで編集の簡便性、形式によるファイル容量、スペックの低いパソコンでもカクカクせずに見られるかなど考えなければいけません。
こうなると、更に複雑になってしまいます。

撮影する人のショットスタイルに合ったものを買えれば最高ですね。
どこのどの機能に妥協点を見出すか、これはとても難しい問題です。

よほどのこだわりがなければ、デザイン重視で選んでもいいと思いますし、いろんなサイトでお目当ての機種の作例を見て参考にしてもいいと思います。

ズームによる迫力ある構図&ビデオではニコン COOLPIX S9100
薄暗い店内や屋内、パーティー会場&ビデオではニコン COOLPIX P300
海や山で雨や水を気にせず虫、植物などを撮りたい場合はペンタックス WG-1
マクロもズームも撮りたい人にはリコーのCX5

いろいろ調べた結果オリンパスのSZ-30MRが総合力で大変素晴らしい性能なのでお勧めです。
そんな僕はリコーCX2 LOVEです。


●光学ズーム→18倍→24倍(SZ-30MR)
ニコン COOLPIX S9100
NikonデジタルカメラCOOLPIX S9100 ノーブルブラック S9100BK

画素数:12.1メガピクセル 1/2.3型原色CMOS
光学18倍、F値3.5、マクロ4cm、広角25mm、動画:HD 1,920×1,080

追記
オリンパス SZ-30MR

OLYMPUS デジタルカメラ SZ-30マルチレコーディング ブラック 1600万画素 光学24倍ズーム 広角25mm 3.0型液晶 3Dフォト機能 フルハイビジョンムービー SZ-30MR BLK

画素数;1,600万画素 1/2.3型CMOS
光学24倍、F値3.0、マクロ10cm(スーパーマクロ時3cm)、広角25mm、動画:FULL HD

なんだこのスペックは!!モビルスーツの性能の差が戦力の決定的な、、、差になるねこりゃ。
ひとふり360度パノラマ撮影も面白そう。


●F値→1.8
ニコン COOLPIX P300

NikonデジタルカメラCOOLPIX P300 ブラックP300 1220万画素 裏面照射CMOS 広角24mm 光学4.2倍 F1.8レンズ フルHD

画素数:12.2メガピクセル 1/2.3型原色CMOS
光学4.2倍、F値1.9、マクロ3cm、広角24mm、動画:HD 1,920×1,080


●短焦点
リコー GR DIGITAL III 

RICOH デジタルカメラ GR DIGITAL III GRDIGITAL3

画素数:約1,000万画素 撮像素子1/1.7型CCD
光学1倍、F値:1.9、マクロ1cm、広角28mm、動画:640×480、AVI (Open DML Motion JPEGフォーマット準拠)


●マクロ、海山で気兼ねなく。耐水、耐ショック、デジタル顕微鏡
ペンタックス WG-1
PENTAX 防水デジタルカメラOptio WG-1GPS グレー GPS 約1400万画素 広角28mm 光学5倍 CALSモード 10m防水 超解像  1cmマクロ OPTIOWG-1GPSGY
光学5倍、広角28mm
デジタル顕微鏡モードは本当に凄い!が、デザインは好みではありません。


●広角→24mm
富士フィルム FinePix F300EXR

FUJIFILM FinePix デジタルカメラ F300EXR ブラック F FX-F300EXR B 1200万画素 スーパーCCDハニカムEXR 光学15倍ズーム 広角24mm 3.0型液晶

光学15倍、F値3.5、マクロ5cm、広角24mm


●マクロもちょくちょく撮りたいし、ズームも欲しい→1cm、10.7倍
リコー CX5

RICOH ハイブリッドAFシステム搭載 光学10.7倍ズーム CX5 ブラック CX5BK

光学10.7倍、F値3.5、マクロ1cm、広角28mm
2011/05/07  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

レンズの飛び出ないデジカメの話

2011/05/07  ▼MONOらる

以前メインで使っていたデジカメは、カシオのEX-V7です。

2007年発売当時では、屈曲式レンズ(レンズが飛び出ないタイプ)で光学7倍ズーム、MPEG4形式でビデオ撮影できる機種はこれしかありませんでした。
他の機種はモーションJPGだったり、AVI形式でのビデオ撮影なので、SDカードの容量が心配でした。、、、がしかし、この機種のMPEG4形式を編集するのは非常に骨の折れることだということを購入後に知りました。
モーションJPGとかAVIだとWINDOWSムービーメーカで簡単に編集できるのでそっちの方がよかったです。

動画ファイル容量をとるか編集の簡便性をとるかは非常に悩ましいところです。

屈折式光学7倍ズーム以上のコンパクトデジカメを調べてみました。
5倍までなら最新機種がたくさんあったのですが、7倍以上となると極小数となっていました。


●カシオ EX-V7、EX-V8、光学7倍

CASIO デジタルカメラ EXILIM (エクシリム)  EX-V7BK ブラック

画素数:720万画素、撮像素子 1/2.5型正方画素原色CCD
F値:F3.4~5.3
マクロ:約10~約40cm
焦点距離:6.3~44.1mm(35ミリフィルム換算 約38~266mm)
動画記録方式:最高848×480、MOV形式、H.264/AVC準拠(LP時:AVI形式、Motion JPEG準拠)
(V7とV8はほとんど同じ使用なので数値はV7のものを仕様)


●ペンタックス OPTIO Z10、光学7倍

PENTAX デジタルカメラ OPTIO (オプティオ) Z10 ブラック OPTIOZ10

画素数:有効画素数800万画素、撮像素子 1/2.5型CCD
F値:F3.5~F5.4
マクロ:8~50cm
焦点距離:6.3~44.1mm(35ミリフィルム換算 38~266mm相当)
動画記録方式:最高640×480、AVI (Motion JPEG準拠)


●ジェネラル・イメージング PJ1、光学7倍 プロジェクター内臓

GE PJ1

画素数:有効画素数1,410万画素 撮像素子 1/2.3インチCCD
F値:F3.9~F5.8
マクロ:5~120cm
焦点距離:5.05mm~35.35mm(35ミリフィルム換算 28mm~196mm)
動画記録方式:最高1,280×720、MOV(MPEG-4/H.264)(音声G.711)



有名メーカーのコンパクトデジカメ約1,100台を急ぎ足でチェックしましたが、レンズの飛び出さない屈折式&光学7倍ズーム以上の機種は4機種しかありませんでした。

光学ズームが4倍だけど屈折式で1cmマクロが使えるよさげな機種は、ソニーのDSC-TX10です。

SONY デジタルカメラ Cybershot TX10 1620万画素CMOS 光学x4 ブラック DSC-TX10/B

ズームをとるか、マクロをとるか。難しいですね。
2011/05/07  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)

トイデジ「ドイツのお洒落トイデジ easypix SC500」

2011/04/23  ▼MONOらる

easypix SC500 SILVER シルバー  ドイツのおしゃれな カメラブランド イージーピックス
easypix SC500 SILVER  シルバー   ドイツのおしゃれな カメラブランド イージーピックス        

easypix SC500 Black ブラック ドイツのおしゃれな カメラブランド イージーピックス
easypix SC500 Black ブラック ドイツのおしゃれな カメラブランド イージーピックス      



僕はシルバーの方が好きです。
トイデジらしくボディがプラスチックプラスティックしていますね。金属ボディのプレミアムタイプが発売されれば8,800円までだったら買うのにな。



仕様
カメラタイプ:5メガピクセルセンサーデジタルカメラ(静止画・動画)
記録画素数:500万画素:(2560×1920)
レンズ / 撮影距離: F/2.8=8.5mm / 0.5m. ~ Infinity(無限遠)
液晶モニター: 2.4インチ 液晶カラー
記録媒体 :内蔵メモリー(16 MB フラッシュメモリー)、SDメモリーカード(別売)
ズーム倍率: 8倍デジタルズーム
ホワイトバランス:オート
静止画の撮影枚数(16MB内蔵メモリー): 5.0M (2560x1920)18枚
ファイル形式:静止画:JPEG, 動画: AVI
寸法/重さ/素材/電源:97.1x64.3x27.5mm/約80g/合成樹脂/単3形アルカリ乾電池2本
付属品:CD-ROM、単3形アルカリ乾電池2本、ストラップ、取扱説明書、カメラケース、USBケーブル
2011/04/23  ▼MONOらる TB(-)コメント(-)
スポンサード リンク
ブログ内検索
スポンサード リンク
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+