2017年10月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年12月
スポンサード リンク

漫画「海の御先、12巻の感想」

漫画を読むなら→


楽天ブックス 海の御先(12) [ 文月晃 ]

※ネタバレ注意

「海の御先」の12巻を読みました。
11巻に続きエッチ巻となっていました。
11巻では南雲火凜(失敗)、御剣そよぎ(失敗)で終わりましたが、12巻では鳴海雫と本番大成功ブイブイ(^▽^)yでした。
おまけに南雲凜音とロリコンキッス&前世でエッチエッチ。

凜音のりんねは輪廻転生の「りんね」だったという訳ですな。

スケベシーンでは相変わらずのチョコボール乳首だったのはもう慣れたけど、1巻からずっと読んでいる海の御先ファンとしてはセックスシーンはいらないっちゃいらないかなと思っています。

編集サイドのテコ入れなのかもしれませんが、もはやのエロ本と化してしまってちょっぴり残念です。

そろそろストーリーもだらけてきたので、次巻の13巻で最終巻にして綺麗に終わったほうがいいと思いました。
よく引き伸ばして14巻までということで。

最終巻では漫画家生命をかけて凜音とのちょめちょめシーンを期待している読者もいるかもしれませんね。
…アグネース
……イシハラー
………お巡りさんこっちです

この作品は10巻くらいで終わっていたほうが丁度と買ったと思っています。
このまま引き伸ばすとなると、予想されるのはアニメ化ですね。

2013年夏アニメあたりがア・ヤ・シ・イ

なんにせよ次の巻が楽しみです。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012/09/07  ▼本 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+