2017年10月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年12月
スポンサード リンク

不思議「頭が2つある牛が生まれる」

2012年4月30日にアメリカのネブラスカで頭が2つある牛が生まれたそうです。


少し前にインドで頭が5つある蛇が発見されましたね。


頭が2個ある猫もいます。


パキスタンでは足が6本ある赤ちゃんが生まれました。


ネパールでは4本の腕、4本の足をもつ赤ちゃんが生まれました。

複数の部位を持つ伝説上の神や動物は、ギリシャ神話のアンドロギュヌス(双頭4腕4足)インドの神ガネーシャ(顔が象で4腕)、カーリー(3つ目4腕)、ドゥルガー(10腕または18腕)ブラフマー(4頭4腕)ラーフ(4腕)、阿修羅(3頭6腕)、ローマ神話のヤヌス(双頭)、ヤマタノオロチ(8頭8尾)、ケロベロス(3頭)、面白いところで飛騨地方の両面宿儺(りょうめんすくな)(双頭4腕4足)、弁財天(サラスヴァティー、4腕)、妖怪の猫又(2尾)、中国では九尾の狐(9尾)、蚩尤(しゅう牛頭6腕)などピックアップすればきりがないほど沢山の伝説上の生物や人物が登場してきます。
なんせインドには多腕神が多い!

これらは伝説だったり妄想空想の産物ではないく、人類の長い歴の中で確認された事実に基づいて描かれたのではないかと思うようになりました。
昔ならば神の化身として崇め奉られた神聖な存在も、情報や科学が発達した現在では遺伝子の突然変異という味気ないだけの物になったように感じました。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2012/05/08  ▼不思議・トンデモ・科学 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+