2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

夢日記「長距離列車」

とある駅のホーム。青い列車が停まっている。
どの席でも座れる程に車内はガラガラだ。
僕は2人の友達を待たずに1人で一番後ろの車両に乗り空いている席に座った。
全てのシートは緑色だった。

電車は発車した。その頃になると乗客も増えて車内は満員だ。座る席がないので立っている人が沢山いる。
「あの2人はちゃんと乗れたかな?」
心配になり僕は車内を探すことにした。

キョロキョロとしていると路線図が目に入った。
記憶に残っている駅名は「金浦の浦」と「名古屋」だった。
列車を乗った駅から名古屋駅までの距離はとても長く、駅も沢山あった。

「とりあえず名古屋駅で降りれば家に帰れるな」
と思いながら友達を探す。



すると前方から韓国人の女性ばかりの集団に出くわした。皆一様に伝統衣装のような白い喪服を着ている。
先頭の女性はつるはしの金属部分に、骨壷が入っているであろう箱の包みの結び目を引っ掛けていた。


その集団を右に左に交わしながら歩を進める。
「日本語圏に入ったら降りる人もいるだろう。そうなれば僕もシートに座れるようになるだろう」
”金浦の浦”という駅名があるからなんとなくそう思った。

がて先頭車両に着いた。探すも友達はいない。
この車両にはちらほらと空席があったので座ろうとしたが、背もたれに「ADVANCE VALUE」と書いてあった。
他のシートは緑色なのに「ADVANCE VALUE」シートは赤かった。

「ああ、この席は有料なんだな」
と思い、その席には座らずに他の空いているシートを探した。


・・・・・・。


ここで目が覚めました。

僕は電車での長距離移動が好きなので青春18きっぷを利用してどこまでも鉄道旅をしたいです。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2010/11/19  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+