2017年09月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
スポンサード リンク

電磁波を吸収するサボテン「セレウス・ペルーヴィアヌス」

先日行った植物店で、電磁波を吸収するサボテンとやらを発見しました。

電磁波サボテン セレウスベルヴィアヌス
電磁波サボテン セレウスベルヴィアヌス

いいですね~。胡散臭さ大爆発のネーミングです。


●正式名称

Cereus peruvianus(セレウス・ペルーヴィアヌス)

一般的にはセレウス・ベルヴィアヌス、セレウス・ベルヴィアナス、セレウスサボテンとして売られていますが、英語表記を見ると「Cereus peruvianus」となっているので「ベ」ではなく「ペ」であることが分かります。
ベンガルトラの「ベ」ではなく、カトちゃんぺの「ペ」ですね。


●語源(Cereus peruvianus)

Cereus:ラテン語、ギリシャ語でトーチ(たいまつ)を意味する言葉由来。
ラテン語のcere(セラ)は ろう、ワックス、ワックステーパーという意味。

ワックステーパーとはテーパーキャンドルのことで、仏壇用のようなシックなロウソクではなく結婚式などに使う綺麗なロウソクです。

Peruvianus:ペルーの を意味する言葉です。


●別名

学名:Cereus peruvianus(セレウス・ペルーヴィアヌス:ペルーのセレウス種)

一般名:Peruvian Torch(ペルビアントーチ:ペルーのたいまつ)

その他の名前:
Column Cactus(カラム、コラム カクタス:円柱サボテン)
Hedge Cactus(ヘッジカクタス:針サボテン)
Peruvian Apple(ぺルビアンアップル:ペルーのリンゴ)


●リサーチ

NASAの研究でこのサボテンだけが、より多くの電磁波を吸収するらしい。

そもそもNASAはそんなことを言っていないらしいです。いろいろ調べてみましたが、NASA発表の根拠となる文献や公式データを見つけることが出来ませんでした。

テレビやパソコンなどが発している電磁波を吸収してくれて、目の疲れや頭痛が軽減されるそうですが、結論を言うとトンデモ商品みたいです。

実際に電磁波測定器を用いて実験しているサイトがあるので、興味がある方は「電磁波 サボテン 役立たず」で検索してみてください。

実際に電磁波による人体への悪影響(変電所付近の住民の白血病の発症など)が確認されているので、電磁波過敏症の人からすればダメもとでいいから入手したいのだと思います。そのような人の不安を喰い物にした商品は大変けしからんです。


●効能のメカニズム

では何故このサボテンをテレビやパソコンに前に置くと目の疲れや頭痛が軽減されるという発想に至ったかを考えてみました。

モニタのみ:目の焦点がモニタに集中することによって目の疲れや頭痛がおこったのではないでしょうか。

電磁波サボテンあり:モニタとサボテンを無意識に目の焦点を変えることによる目の筋肉のストレッチ効果で、目の疲れ、頭痛が軽減されたのではないでしょうか。
プラシーボ効果によって症状が軽減されたのではないでしょうか。

実際に効果がある人もいるので、全く効果がないとも言い切れません。「病は気から」とよくいいますが、思い込みで健康になれれば電磁波を吸収しようがしまいがそれでいいですよね。


●セレウス・ペルーヴィアヌスが選ばれた理由

数多く存在するサボテンの中でセレウスペルーヴィアヌスが電磁波サボテンとして商用採用された理由は、きっと脇芽の多さにあると思います。
写真を見ても分かるようにポコポコポコポコいっぱい脇芽が出てくるので、増殖が容易に出来るのでセレウスが電波サボテンに選ばれたのだともいます。

豆知識:サボテンは生命力がとても強いので、脇芽などの切り口を1週間ほど乾かして植えておくだけでまた生えてきます。


●そもそも

Google画像検索で「Cereus peruvianus」和名:鬼面角、を検索してみると、日本人が知っている電磁波サボテン、セレウスサボテン、セレウスベルヴィアヌスと大きさも形もあんまり似ていないと思います。

そこで調べてみると、Fairy Castle(フェアリーキャッスル)和名:姫ヤマカル柱が一番しっくりくるフォルムでした。

「cereus fairy castle」で検索してみると、フェアリーキャッスルは、
学名:Cereus tetragonus monstrose(セレウス テトラゴヌス モンストロース?モンストローズ?)
一般名:Fairy Castle cactus(フェアリーキャッスルカクタス), cereus fairy castle(セレウスフェアリーキャッスル)
と出ました。

monstrose:石化の意。モンスターと同じ語源。

名前からして鬼面角と妖精の城ではイメージが全然違いますね。


●商品名

僕が電磁波サボテンを売るなら、女性受けを狙って「電磁波は妖精にお任せ。ようこそフェアリーキャッスルへ」という商品名で売ります。

電磁波サボテンでは可愛くなさすぎです。トンデモ臭プンプンです。


●自分のセレウスちゃんはどっち?

電磁波サボテンを買ったときに、どのような名前で売っていたかによって分かると思います。

電磁波サボテン→セレウス種のどれか。判別不能。
セレウスサボテン→同上
セレウスベルヴィアヌス→セレウス・ペルーヴィアヌス
鬼面角→セレウス・ペルーヴィアヌス
姫ヤマカル柱→セレウス・テトラゴヌス・モンストロース

めちゃめちゃ大きく育ったら→セレウス・ペルーヴィアヌス
大きく育たなかったら→セレウス・テトラゴヌス・モンストロース


●まとめ

・電波吸収能力はない。
・目の焦点移動による疲れ目予防効果はありそう。
・プラシーボ効果による健康改善効果はありそう。
・脇芽がたくさん出てきて大量生産できるので電波サボテンに抜擢された。
・電磁は吸収能力が無いと分かってもかわいそうなので捨ててはいけません。


●トンデモ愛好者として

トンデモを愛でる者としては、電磁波サボテンに効果があるなし関係なしに一家に一鉢は置きたい面白トンデモな一品です。
丁度、今サボテンを育てたいと思っているので、これをチョイスしてもいいかなと思い始めました。ってことで今から植物店に行ってきます。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2011/05/19  ▼不思議・トンデモ・科学 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+