2018年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302018年07月
スポンサード リンク

東京の自転車シェアリングを使ってみた感想

先日東京に行く用事があったのでドコモの自転車シェアリングを利用した感想です。


私は自転車が好きなので東京都内を自転車で走るのが夢だったのですが、実際に走ってみると問題が多くてあまりいい物ではありませんでした。

良くなかった点
・名称がバラバラ
区によって自転車シェアリング、コミュニティサイクル、ちよくる、とバラバラなので日本においてシェアサイクルそのものの知名度が上がらない。
シェアサイクル、サイクルシェアリング、自転車シェアリング、コミュニティサイクル、アプリの名前はbike shareなどなどこれじゃダメダメ。お前何が言いたいんだよって感じ。
自動車の場合はレンタカーで統一されてるでしょ。


・自転車を借りる手間
交通系ICカード(モバイルSUICAも可)なら簡単だけど、メールでその都度パスワードを送ってもらう場合は手間だし面倒くさすぎる。
中国のモバイクのようにQRコードをスキャンするだけで乗れるようにすれば交通系ICカードを持っていない人も利用が便利になるだろう。

・ポートの位置が分かりにくい
ポートは便利なメイン道路沿いにはなく「どこそこ何本目の細い道を曲がって二本目の角にある公園」のようなポートばかりで本当に分かりづらい。

ポート検索アプリでは地図上にポートは表示されるけどルート案内がないので不便。

紙のポート地図は自転車の在庫が分からないので歩いて10分かけて近場のポートに行ってみても在庫なし、次のポートまで徒歩10分20分歩いてそこのポートも在庫なし、結局そこから10分歩いて地下鉄に乗りました。もう本当に不便でした。

どこでも乗り捨てOKなの中国のモバイクは便利だけど、日本の場合問題がるからそれはできないけど、せめて駅を出てすぐ見える場所や有名観光スポットにはポートがないと歩く時間と探す時間がもったいないししんどい。こんなんじゃ電車に乗った方がまだましだと思いました。

上野動物園や東京国立博物館は長い長い坂道を登らないといけないのに、施設の周辺にはポートが1つもないので坂下から大分行ったところの公園にあるポートで降りて歩いて坂を上らなくてはいけません。これじゃ何のための電動アシスト自転車なのか分かりません。


・自転車のシートポストが短すぎる
20インチの小径車を採用しているのですが、身長172cmの私にはシートポストを限界線まで引き上げてもまだ足りませんでした。ペダルを漕ぐときに膝が窮屈になると膝を傷めてしまうし、運転しにくくてかないません。
身長の高い人や外国人には全く向かない代物です。シートポストがあと10-20cm長くたって原価なんてかわりゃしないので改善すべきです。
あのシートポストの長さの対象身長は155cm、精々160cmだと思います。

膝が窮屈でいい点といえば、歩行者と自転車と車のマナーもモラルも悪い東京の人ゴミの中でスピードが出せない&すぐに足が付くので安全な点です。


・自転車の前カゴが小さい
思ったよりも前カゴが小さいし浅かったです。
モデルによっては小さいやつよりはほんの少し大きい物もありましたが、それで観光客が持っているようなちょっと大きいリュックはきついか入らないし、プラスアルファ何かを載せるのは無理でした。

・東京人の交通モラルは最低
人でごった返す横断歩道でも子供載せ電動アシスト自転車で猛スピードで駆け抜けるおばちゃん、自転車通行帯に車を止める人などなど東京に限った話ではありませんが、マナーもモラルもルールもあったものではありませんでした。


以上
とにかく、ポートの位置、シートポストの長さ。これだけは要改善ポイント

東京を自転車で走るのが夢でしたが、あまりいい物ではありませんでした。

今後ソフトバンク、DMM、メルカリなどがサイクルシェアリング業界に参入してくるのでどうなるのか楽しみです。














このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2018/03/05  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+