2018年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302018年07月
スポンサード リンク

ママチャリ改造・軽量化と高速化と700C化について

ママチャリ、軽快車、シティサイクルをスポーティーに改造・軽量化していこうという内容です。

ポジション
・サドルの高さは左足のつま先がギリギリつくくらい。
・ハンドルの高さというかグリップの高さはサドル座面と同じ高さ。
この2点を調整すれば高速化が望めます。

※注意
フレームがスチールでパーツがアルミの場合電蝕といって金属同士がくっついて固着してしまうので接触部分には定期的にグリスを塗っておきましょう。


ハンドル
ポジションを前傾姿勢にすれば高速化できます。
アップハンドルよりもストレートタイプやブルホーンバーがおすすめ。


Bazooka(バズーカ) ストレートハンドルバー 25.4/580mm ブラック

http://amzn.to/2EsgBc7


ハンドルの幅
肩幅+拳1個分に合わせてカットする。(肩幅+左拳+右拳)
管理人は38cm
パイプカッターはダイソーで400円で売っている。


ダイソーパイプカッター


バーエンドバー
好みによるけれどあった方が手首が楽になる。


BBB 自転車用 ハンドルバーエンド ロックオン固定式 クラシック ベンド BBE-07 150MM

http://amzn.to/2EpMKB2


管理人のおすすめはブルホーンバー

バーエンドバーよりも運転しやすい。

ブルホーンハンドル 410mm 25.4φ

http://amzn.to/2BZAUIt


グリップ
お好みでOK
エルゴタイプが手にやさしい。


Ruler(ルーラー) エルゴグリップ ブラック/グレー VLG-709AD3

http://amzn.to/2C1X9hd


ステム
ポジションを前傾姿勢にするために突き出し長80-100mmを選ぶ。
フレームに合わせてコラム長をチョイスする。


ビバ(VIVA) カール ステム(1”・クランプ径25.4)100mm

http://amzn.to/2shH4Et


シートポスト
シートポストが短くてポジション出しができない場合は長い物をにする。


TIOGA(タイオガ) TボーンMXシートポスト ポスト径:φ25.4mm ポスト長400mm

http://amzn.to/2EnclKS


サドル
ママチャリのサドルはやぐら込みで790gくらいあるのでカーボン製の200gの軽い物にする。-590g


超軽量 98g フル カーボン シート サドル レール Full carbon ロードレース

http://amzn.to/2En5dyd


ペダル
回転のいい物にする。


MKS(三ヶ島) アイシーライト [IC-LITE] ペダル

http://amzn.to/2seno4j


ブレーキ
安物の自転車についてくるブレーキでは効きが悪いのでデュアルピポッドキャリパーブレーキに交換。
アーチの長さにあったものをチョイス。


TEKTRO(テクトロ) 800A FRONT SILVER BR-TK-180

http://amzn.to/2sh9GNW


ブレーキレバー
アルミ製
プラスチックのふにゃふにゃの物から金属製の物に交換する。


シマノ BL-R550 左右セット (ブレーキレバー) SHIMANO フラットバーシリーズ ブレーキレバー BLR550 シルバー(BL-R550-S)

http://amzn.to/2sf8KK6


タイヤ
26インチのタイヤの場合
パナレーサー スーパーハード (折りたたみ) 530g
パナレーサーでは最軽量。
平均的なタイヤより若干軽量。-70gx2で-140g


スーパーハードタイヤ 26×1 3/8 WO

http://amzn.to/2C0FbeV


27インチの場合
パナレーサー パセラ 27 1 1/8 480g
パナレーサーでは最軽量。
平均的なタイヤは600-700gあるので-120-220gx2で-240-440g
タイヤ幅は一般的な27 1 3/8より幅が狭いので走行性能アップ。


パナレーサー タイヤ パセラ ブラックス W/O 27x1-1/4・ W/O 27x1-1/8

http://amzn.to/2senCsb

タイヤを1 1/8に交換したらチューブもそれに対応したものに変える必要があります。
英式バルブタイプと仏式バルブタイプありますが高圧で運用運用できる仏式タイプを選びましょう。
サイズは28C用の物を使用する。


パナレーサー チューブ [W/O 700x27~31C/27x1 1/8]

http://amzn.to/2C2krTQ


空気入れ
快適に走行するには空気圧の管理は非常に重要です。
空気圧計のついた空気入れを使いましょう。
仏式タイプのチューブに空気を入れるにはそれ対応の空気れが必要です。


Panaracer(パナレーサー) アルミ製フロアポンプ [エアゲージ装備] 米式/仏式バルブ対応 英式クリップ付属 BFP-04AGA

http://amzn.to/2ELioXq


ホイール
前輪がハブダイナモの自転車を使っている場合、ハブダイナモなしのホイールに交換すれば500gは軽量化できます。


アサヒサイクル アルミ26インチ フロントホイール XFT26

http://amzn.to/2sc9Rdv


アサヒサイクル アサヒサイクル アルミ27インチ フロントホイール XFT27

http://amzn.to/2EJgnLf


前かご
取り外し
-1kg


荷台
取り外し
-1.5kg


スタンド
取り外し
片足スタンドなら-500g
両立スタンドなら-1.3kg


泥除け、チェーンカバー
軽量化のために取り外してもいいけれど管理人としては付けておいてもいいと思いますが重量次第では取り外します。各パーツそれぞれ500g以上なら外すかな。




すべて合わせたら材料費だけで20,000円くらいです。
27インチの自転車で最大4180g(片足スタンド)4980g(両立スタンド)の軽量化ができます。
前傾姿勢ができるパーツ、軽量パーツ、回転のいいペダル、剛性の高いブレーキパーツで構成されているので2ランク上の自転車に生まれ変わります。

とにかくお金をかけずに改造・軽量化するなら

ファーストステージとして
・ポジションの調整
・アップハンドルならバーハンドルに交換
・不要パーツを取り外す。
(ステムがそれ以上下げられないなら短いものに交換)
(シートポストがそれ以上上げられないなら長いものに交換)


次のステージとして
・タイヤの交換
・ペダルの交換

次のステージとして
・ブレーキレバーの交換
・ブレーキの交換

最終ステージとして
・上記以外の項目




クランク・チェーンリング関係は敷居が高いので分かる人だけ・究極を求める人以外は参考程度にしておいてください。

クランクセット
ドッペルギャンガーの52Tに替えると最大スピードが上がる。
現在のギアで全然足りない人は交換すればいいが普通の人には縁がないでしょう。

クランクセット
今の歯数で物足りなかったら歯数の多い物と交換する。


クランク長さ
身長が150cmなら150mm、170cmなら170mmのように身長に合わせたクランクにすれば快適です。

現実的にはいろいろ面倒くさいので変速なし・内装変速の自転車の場合はピスト用、外装変速の自転車はロードバイク用のクランクセット(四角テーパー)をシングル化して運用することになるでしょう。

チェーン ピッチ×内幅(インチ)
変速なし・内装変速の自転車 1/2×1/8
外装変速の自転車 1/2×3/32
チェーンのピッチにあったチェーンリングを選択しましょう。



700C化を考えている人へ

26インチと27インチのママチャリを700C化しようと考えている人はたまにいますが、エンド幅や後ブレーキの事を考えるととんでもない労力と費用が掛かってしまいます。

ローラーブレーキ(2,000円)に対応したハブ、シマノのハブFH-IM70(7,000円)に700Cのリムにスポーク(2,000円)を組み付けてホイール(4,000円)を手組するか、ピストバイクのようにキャリパーブレーキをリアに無理矢理取り付けるしか選択肢はありません。

ホイールの手組だけで15,000円するので高くつきますし、キャリパーブレーキを後付けするといざというときにフルブレーキしたときに耐久性に問題があるのでやめましょう。
(サイクルメンテナンスの飯倉さんもブレーキの後付けは良くないと言っていました)

素人がママチャリを700C化するのは費用面や安全面でいいことはありません。


足回りの事だけを考えると、26インチの自転車の場合はせいぜい上で紹介した軽めのタイヤに交換するしか手はありません。しかし、それだとタイヤの空気圧は3気圧のままなので大した変化は無いと思います。

27インチの自転車の場合は上で紹介した27 1 1/8のタイヤに交換すればタイヤ幅が28cmになるし、空気圧は7.35気圧までいれられるので走行性はだいぶ改善されます。


ママチャリの足回りのカスタムはこれが限界です。

それでも700C化を諦められない人におすすめなのがa.n.design worksのLaugh437です。

この自転車はスタッガードフレームなので見た目がママチャリそのものですが、タイヤは念願の700C、タイヤの幅は23Cと細目、車重は13.8kg、変速は外装7段となっておりビュンビュン走ることができます。
ブレーキは前後キャリパーブレーキなのでママチャリを魔改造して無理矢理ブレーキを付けるよりも遥に安全です。
まさに羊の皮を被った狼ならぬママチャリの皮を被ったスーパーママチャリなのです!!

ポンコツママチャリに20,000円も出して結局は重たいままの自転車に乗るよりは価格もネットの実売価格で30,000円のこの自転車の方がおすすめです。


【a.n.design works】(エーエヌデザインワークス) Laugh437 ラフ カフェモカ 700c 150cm~
29,800円

http://amzn.to/2EalMOr

フレーム : スチール
クランクセット : 46T クランク長165mm
シフター : SHIMANO グリップシフター Revoshift
ディレーラー : SHIMANO 7段変速 Tourney TZ
スプロケット : SHIMANO MF-TZ21 14-28T
ホイール : 前後共にロックナット 36H
ブレーキ : 前後共にキャリパーブレーキ
ハンドルバー : アルミ製 フラットハンドルバー
ステム : アルミ製 アヘッドステム 突き出し約85mm コラム径28.6mm クランプ径25.4mm
サドル : スポーツサドル
タイヤ : 700×23C 仏式バルブ ホワイト
ペダル : VP-560 ホワイト
その他装備 : サイドスタンド/ベル/リフレクター
エンド幅 135mm フロント100mm



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/10/19  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+