2017年09月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
スポンサード リンク

FREETELの30kbpsでできること

FREETELを契約してから1年以上経過しました。

使っているスマホはサムスンのGALAXY S4 (sc-04e)です。

私がよく使っているアプリは以下の通りです。

通話:SMARTalk、LINE無料通話
メッセンジャー:LINE
ラジオ:radiko、Tuneln Radio
VPN:Opera Max
回線速度計測:Ookla SPEED TEST

今回はこれらのアプリが30kbpsでもまともに使えるか調べました。



スピードテスト(通信速度計測)

OoklaのSPEEDTESTというアプリを使って計測
Speedtest.png

FREETELで節約モード(最大200kbpsの低速モード)(※以下便宜上低速モードと書きます)に切り替えて朝昼晩計測すると概こんな感じです。
Screenshot_2016-09-12-22-33-24.png
朝晩は100kbps程度、昼の混雑時は30-80kbpsという超低速ぶりです。

ちなみに「DMMモバイル」で低速モードに切り替えて通信速度を計測すると、どの時間帯でも200kbpsが望めることが分かりました。
(契約プランは2GBプラン)
1473772181264.jpg
DMMモバイルの場合は低速モードで運用すると3日間で366MB以上使うとお仕置きモードに切り替わって13-46kbpsまで通信速度が下がるそうです(私は一度もお仕置きモードになったことがないのでこの情報が正しいかは分かりません)
13-46kbpsの平均速度は約30kbpsということになります。
30kbpsといったらFREETELの昼の混雑時と同じです。我々フリーテラーは毎日がお仕置きモードってことか、、、。まっまあ80kbps出ることだってあるんだから気にしないけどね(白目)

ついでのついでに「OCNモバイルONE」で低速モードに切り替えて通信速度を計測すると、どの時間帯でも400-450kbpsが望めることが分かりました。
(契約プランは1日110MBプラン)
1473772334599.jpg
低速モードでも400kbpsって凄いです。公称値では200kbpsなのですが、この数値は一体どういうことでしょうか。
とはいえOCNモバイルONEの最安値のプランは900円(税込972円)(SMSオプションは税別+120円)と割高です。



30kbpsでできること

さてここからがこの記事の本題です。
FREETELの低速モード切替時の昼の混雑時は30kbpsになることがしばしばあります。
これだけ低速だとIP電話やLINEにどのような影響があるのか気になったので調べてみました。

前述したDMMモバイルのお仕置きモードの平均速度が30kbpsという仮定が当たっているならDMMモバイルユーザーにも参考になると思います。

※30kbpsと書きましたが通信速度は常に変化しているので絶対固定の30kbpsではなくスピードテストの結果が30kbpsだったときの記事だとよ くらいの簡単な気持ちで書いているので注意してください。


検証時のスピード
2016年9月16日12:38-13:32
Screenshot_2016-09-16-13-42-39.png
この時間帯は20-70kbpsでした。
20kbpsなんて数字は計測をするようになってから初めてみました。
今まではせいぜい30kbpsでした。



IP電話

SMARTalk
SMARTalk.png

着信が遅延することなく使えました。
着信方法は「プッシュ通知」
Opera Maxを通しています。

ちょっと見難いですが画像右上の時刻の下にある灰色の枠の中に「↓29.6kbps」と表示されていますが、この数字が実際の通信速度です。(通信量モニターというアプリを使っています)

結果は29.6kbpsでもほとんど遅延することなく通話できました。音質は超クリアとは言えませんが私は音質はまったく気にしないので問題ありません。
20160916_133647.png


LINE
LINE.png

トーク
着信が遅延することなく使えました。
Opera Maxを通しています。

無料通話
着信が遅延することなく使えました。
通信速度は24.5kbpsでしたがほとんど遅延することなく通話できました。音質は超クリアとは言えませんが私は音質はまったく気にしないので問題ありません。
Opera Maxを通しています。
20160916_133858.png

ビデオ通話
着信が遅延することなく使えました。
通信速度は199.4kbpsでした。
Opera Maxを通しています。
20160916_134142.png
双方ビデオONにした状態でビデオ通話しましたが映像は紙芝居のようにカクカクでした。フレームレートは1秒間に1コマどころか5秒間に1コマあるかないかでした。音声は無音から喋り始めの1秒くらいは聞こえませんが、連続した喋り(データ通信)がある場合は途切れない感じでした。ビデの画質と音質は非常に悪く最低限のビットレートしか割り振られていない感じでしたが会話の内容は問題なく聞き取ることができました。

問題というか疑問なのですが、普通のLINE無料通話ではスピードテスト通りの20-70kbpsしか出ないのにも関わらずLINEビデオ通話のときだけ200kbpsまで出ていました。
うーん謎だ。



インターネットラジオ

Tuneln Radio
Tuneln Radio
ビットレート32kbpsのインターネットラジオを開いたのですがバッファ→すぐ途切れる→バッファの繰り返しでまともに聴くことができませんでした。
効果がなかったのでOpera Maxは通していません。

radiko
radiko.png

スピードテストでは約70kbps程度でしたがradikoは148.2kbps出てました。
radiko-2.png
32kbpsのTuneln Radioでダメだったからradikoもダメだろうと思っていたのですが以外にも音が途切れることなく聴くことができました。
Opera Maxを通すと具合が悪かったので通していません。

LINEビデオ通話とradikoの事例を鑑みるとFREETELはアプリによって通信速度を替えているのではないかと思います。



ブラウザ

30kbpsは壊滅的に遅いので高速で表示されるブラウザが必要となってきます。
そこらへんの記事は以前書いているので省略します。
結論を言うとドルフィンブラウザ(ジェットパック)とOpera Maxが一番高速かつ通信量が少なかったです。
ドルフィンブラウザOperaMax.png



分かったこと

30kbps時における各アプリの状態を検証してきましたが分かったことは「30kbpsでも案外なんとかなる」でした。
IP電話とLINEトーク・無料通話とradikoとブラウジングとGoogleMapが使えるだけで何の文句もありません。

80kbpsも出ていれば動画と音楽関係以外は大概なんとかなると思いました。

radikoとLINEビデオ通話はFREETELの神の手で100kbps以上出ていたのでDMMモバイルなどのお仕置きモードの30kbpsとは条件が違うので何とも言えませんが、それ以外のアプリに関しては条件は同じだと思います。
DMMモバイルの方がバースト機能がある分有利に感じますが3日366MB規制をどう捉えるかで考えは変わると思います。FREETELはバースト機能はありませんが低速モードでも使い放題という強みがあります。
どちらの方が優れているとは言えませんが、ライフスタイルに合わせてチョイスするのが正解のようです。

今回は検証しませんでしたが、昼の混雑時にGoogleナビ(一般道と高速道路約150km)、Yahoo!カーナビ(一般道と高速道路約150km)、ポケモンGOを利用しましたが別段不便に感じませんでした。
両ナビアプリは事前にある程度地図をキャッシュしていた恩恵もありますが、キャッシュしていない所に行ってもなんとかなりました。
また、ナビアプリはOperaMaxを通していたのでその恩恵があった可能性がありますが詳しく検証していないのでよく分かりません。
ポケモンGOはFREETELはカウントフリーになったので今後詳しく検証しません。



着信できない問題

30kbpsでもIP電話のSMARTalkとLINEの着信に遅延がなかったと書きましたが、実はこれに関しては紆余曲折がありました。

私が使っているスマホ(サムスンのGALAXY S4 (sc-04e))が悪いのか、android5.0が悪いのか、FEETELの回線が悪いのか分かりませんが、何の工夫もなくスマホにFREETELのSIMを入れてアプリを入れて基本的な設定をしただけではまともに着信できませんでした。

無線LAN(Wi-Fi)で通信をしているときは遅延なく着信できるのにモバイル通信に切り替えたとたん物凄い通知が遅延するか画面をONにしてアプリを開くまで着信しません。遅延して着信しているので当然相手はとっくに通話OFFになっています。相手はとっくに発信していないのに私のスマホでは遅れて着信メロディーが鳴っているといった具合でした。

IP電話アプリのSMARTalkはプッシュ着信とスリープ時でも着信(常時データ通信)が選べるのですが、どちらを選択してもまともに着信しませんでした。

FREETELはプッシュ通知が弱いといったネット記事を読んだことがありますが真相は定かではありません。
低速モードを止めて普通の通信モードに切り替えても改善しませんでした。
プッシュ通知を改善するアプリpush notifications fixerをインストールしたのですが改善でしませんでした。

そんなダメダメな状況でしたがある日気が付いたことがありました。
私は普段からOperaMaxというデータ通信量を減らすアプリをインストールして使っています。
このアプリは文字データ、画像データ、動画データは削減できるのですが、通話アプリに使ってもほとんど意味がないばかりか一度Operaのサーバーを通す分音声の劣化と遅延があると思い通話アプリは除外設定していたのですが、何気なく設定をONにしたらちゃんと着信できるではありませんか!!

たまたまなのか、、、いやたまたまとは言い難い確率で普通に着信するようになりました。
私はOperaMaxが良い結果を招いたと信じています。
たまたまかもしれませんがFREETELSIMを使っていてプッシュ通知に困っている人は試してみてください。

場合によっては単純にスマホのメモリ不足で着信しない場合があるそうなので一度メモリクリアしてから対象アプリを開いて起動状態にしたままにしておけば手堅いです。

私のSMARTalkの設定は別記事にします
>>クリックして見に行<<<



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサード リンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+