2017年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年07月
スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--/--/--  スポンサー広告 TB(-)CM(-)

自転車のTOTEMについて調べた

インターネットでロードバイクを検索していると安くて軽量のロードバイクがヒットします。

それがTOTEMです。
トーテム?日本人的発想からすると十中八九トーテムポールをイメージすると思います。
トーテムポールから連想される自転車のTOTEMは「怪しい」「そんな自転車乗って大丈夫なの」ではないでしょうか。

TOTEMの意味を調べると「動物や植物などのオブジェクトらなるエンブレム」という意味だそうです。
自転車は環境にやさしい乗り物というイメージが転じてTOTEMとなったのではないでしょうか。

管理人もTOTEMについて調べるまでは怪しいイメージしかなかったのですが、調べてみるとそうではないと思うようになりました。

TOTEMはゴールデンホールグループのブランド名。
日本人の大半が知らないゴールデンホイールグループのホームページを見てきました。

アドレス http://www.goldenwheelgroup.com/

totem1.jpg

1987年に設立されたようです。約30年の歴史があります。

会社名はTianjin Golden Wheel Bicycle Group Co.,Ltd
日本語にすると天津金輪自転車集団有限公司/天津金轮自行车集团有限公司

TOTEMはそこのブランド展開している自転車。
ラインナップを見ると子供用自転車からマウンテンバイク、ロートバイク、クロスバイクなどなど本当にたくさんの自転車を作っているので驚きです。

製品ページ
http://www.goldenwheelgroup.com/eng/Product.asp

中国の天津にある会社らしいです。
世界で製造されている1/3、中国で製造されている1/2の自転車が天津で製造されているそうです。
天津は自転車製造のメッカだったのです。天津甘栗くらいしかしらなかった。

自転車産業で中国トップクラス(いまはどうか分からないけど)

天津金輪自転車集団有限公司は自転車製造のメッカにある会社なんだからそれなりのノウハウがあるのは想像に易いです。

アルミフレームはEUのEN標準、アメリカのCPSC標準、日本のJIS標準に合致しているそうなので乗っていて不安なことはありません。

あのシマノも天津金輪自転車集団有限公司のプロダクツを高評価している。

30年の歴史の中でそれはそれはたくさんの自転車を作ってきているので怪しい変な会社でも自転車でもありません。

中国ではヤバイ物、違法な物やパチモノを売っては会社を整理(倒産)して別の名前で新会社を作るというパターンが多いです。
中国で1つの企業が30年も存続しているということは優良企業の証ではないでしょうか。
そのような企業が手掛けるTOTEMは怪しくもないし乗っていて不安になるような自転車ではないと思います。






このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2016/03/11  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。