2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

新ガチャガチャサボテンを買った

動画タイアップ(youtube)
https://youtu.be/_HKVzSXadu8
クリックで移動
youtube_20151127221656de2.jpg



2011年7月にガチャガチャサボテンを全滅させてしまったのが悔しくて悔しくてしょうがありませんでした。
全滅させてしまってからというものずっとずっとサボテンのガチャガチャを探していたのですが今まで一度も目にすることはできませんでした。

出先でガチャガチャのボックスを見れば必ずチェックしていたので他の人から見たら「あの人大人なのに、、、」と後ろ指刺されていたのかもしれません。



もうすぐ12月という寒空の日にホームセンターに行きました。
そこで見かけたのがガチャガチャサボテンです。
R0019241_R.jpg

発売元はシステムサービス株式会社。

待ちに待った4年ぶりのガチャサボを発見した私はいてもたってもいられずに2個買いました。
1個200円なので計400円の出費です。

R0019242_R.jpg

全5種なのでコンプリートしたかったのですが、ネット通販でサボテンの種を買ったほうがお得に感じたので2個で我慢しました。
(※動画では全6種と言っていますが、それは説明書のネームプレートの数と間違えたためです)
ここにネームプレート全6種と書いてあったので動画では勘違いして全6種と言っています。
R0019277_R.jpg


セット内容
サボテンの種、ネームプレート、ポット、圧縮土
R0019243_R.jpg

サボテンの種
R0019247_R.jpg

ネームプレート
R0019245_R.jpg

ポット
R0019244_R.jpg

圧縮土
R0019246_R.jpg

ガチャガチャ2個分のネームプレート
R0019266_R.jpg

動画では説明書を見てネームプレートの下に写っている金冠丸と月影丸出だと思って言っていますが、説明書にはネームプレート全6種と書いてあるのに対してサボテンは全5種しかないので、もしかするとネームプレートと下に写っているサボテンはなんの関係もないのかもしれないと思い始めました。メーカーさん、ホント頼みますよ。
まあ、それならそれで育つまで正解が分からないってのも面白いっちゃ面白いです。

圧縮土をポットに入れて
R0019249_R.jpg

水をかけると
R0019251_R.jpg

圧縮土が膨らむ
R0019252_R.jpg

ネットが邪魔でこれ以上土が膨らまないのでネットを外しました。
R0019254_R.jpg

柔らかい網戸みたいな素材でストレッチ性はありません。
これではこれ以上膨らまないのもうなずけます。
R0019255_R.jpg

ばらした圧縮土。
ココピートかピートモスだと思います。
R0019257_R.jpg

ポットに入れて
R0019259_R.jpg

種をまきます。
指だとつまみにくいし狙ったところに種が落ちないので千枚通しや竹串か爪楊枝の先を水で濡らして種をピックアップします。
R0019260_R.jpg

狙った位置にピンポイントでまきます。
千枚通しに種がくっついて落ちない場合に土にこねくって取ろうとすると種が思わぬところに行ってしまうので私は注射器やスポイトの水で落下さています。
私はA型なのでポットの中央以外から芽が出ると気持ち悪いと感じてしまうのでこうやっていますが、気にしない人は指でつまんでさっさとまいても全く問題ありません。
R0019261_R.jpg

ガチャガチャに入っていた説明書には書いていませんが、ポットにラップをかけていくつか穴を開けます。
発芽するまではとにかく水気を切らすのはタブーです。
発芽したら徐々にラップを剥がして外気に慣らしていきます。
R0019264_R.jpg

7つくらい穴を開けました。
R0019265_R.jpg

ネームプレートを付けて完成
(このポットには1粒だけまきました)
R0019267_R.jpg

サボテンの種は好光性らしいので種の上に覆土はしないで明るいところに置いておきます。
発芽温度は20度以上は必要らしいのでこの季節に発芽するか心配です。

他の種はこちらのセルポットにバーミキュライトを入れてまきました。
R0019270_R.jpg

ガチャガチャに入っていた土は有機物なので土がカビたり腐ったり、虫が湧いたりするので無機物のバーミキュライトを私は好んで使っています。
ガチャガチャに入っていた土を使うときは、水で戻した後に皿に平べったくして移して電子レンジで30~60秒ほどチンしてやれば雑菌を死滅させることができるのでカビのリスクが減るそうです。長時間チンすると土が燃えるかもしれないので注意してください。

ラップをかけて穴を開ける。
1マスにつきサイコロの5のような形で5個穴を開けています。
R0019271_R.jpg

完成
R0019274_R.jpg


説明書

R0019275_R.jpg

R0019276_R.jpg

R0019277_R.jpg

R0019278_R.jpg


R0019279_R.jpg

R0019280_R.jpg

R0019282_R.jpg

R0019283_R.jpg


※動画を撮影した後にブログを書いているので動画とブログで内容が違うところがるかもしれません。
※一部の写真はブログ用に撮影しなおしています。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサード リンク
トラックバック
この記事のトラックバックURL

スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+