2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

ナチュラルDNコラーゲンの感想

フォーデイズ株式会社の※ナチュラルDNコラーゲンの感想です。
(※以下ナチュラと記載)

飲んだ感想とガンを抑える効果があるのかどうかについても考えていきます。
※ナチュラはガンに効くとは謳った商品ではないのでお間違いなきようご注意ください。

ナチュラルDNコラーゲン1

ナチュラルDNコラーゲン2

ナチュラは核酸ドリンクと呼ばれているそうです。
言葉でしか聞いていなかったので、私はずっと「かくさん」=「拡散」だと思っていました。(恥///)疲れや病気を拡散させて楽になる的な、、、ね。

実際にこれを飲んでいる人の感想では胃がんの手術後にこれを飲んだら飲む前よりも調子がよくなったそうな。
私が飲んだ感想は「甘い!激甘!とにかく甘い。そしてオロナミンCのような味と匂い」です。
飲んだ後もしばらく匂いと舌のビリビリが治まりせんでした。
オロナミンCというよりは栄養ドリンクみたいな味と匂いといえば分かってもらえるかな。まあ、よくある栄養ドリンクのソレですよ。

ナチュラを飲んだからといって健康状態が良くなったとか悪くなったとかはありませんでした。
今のところ私は健康なので恩恵はなかったようです。

風邪っぴきの時に栄養ドリンク的に飲めばいいと思いますが、だったら最初から栄養ドリンク飲んでろよって話になりますね。



飲み方

ラベルの成分を見ると「水で割ってもおいしく飲めます」と書いてありました。
確かに水割りか炭酸水で割ると美味しく飲めると思いました。

ナチュラルDNコラーゲン4



甘い理由

先述の胃がんの手術をした人が術前よりも調子がよくなったというのは、もしかすると胃袋を全摘または3分の2を切除したことによる栄養失調や低血糖症が改善したことが起因しているのではないかと思いました。

体調不良で不足しているカロリーを糖分で補うのは大事なことだと思います。



成分で気になったのはDHAとRNA

ナチュラルDNコラーゲン3

DHAは正式名称がデオキシリボ核酸ですよね。
、、、あ。だから核酸ドリンクなのねと遅まきながら気が付きます。


さて、ナチュラに含まれているRNAは食用酵母抽出物、DHAはサケ白子抽出物でと書いてありました。
含有量は100mlあたりRNAは100mg、DHAは156mgだそうです。

RNAはナチュラ100mlで100mg。
30mlで30mg
1日の上限摂取量である60mlで60mg

DHAはナチュラ100mlで156mg。
30mlで46.8mg
1日の上限摂取量である60mlだと93.6mg



RNAについて

RNAの正式名称はリボ核酸のことらしいです。(知らなかった)
サケの白子やビール酵母などに含まれているそうです。
あ、だからラベルに食用酵母抽出物と書いてあったのか。

株式会社わかさ生活のRNAの説明ページによると
(http://www.wakasanohimitsu.jp/seibun/rna/)

RNAを含む食品にビール酵母、ちりめんじゃこ、いりこ、のりが挙げられていました。

こんな方におすすめとして、美肌を目指したい方、疲れやすい方、記憶力が気になる方

と記載されていました。
ビール酵母に含まれているRNAはなななんとイワシの93倍とのことでした。
ビール酵母先輩ぱないっす。


ビール酵母と言えば、、、。
そうですアサヒフードアンドヘルスケアのエビオス錠がポピュラーですよね。
エビオスは1日に30錠が規定量です。

公式ページの成分表を見ると
(http://www.asahi-fh.com/ebios/product/ebios.html)
エビオス30錠でRNAが296mg、DNAが9.0mg含まれていることがわかりました。

ナチュラの1日摂取量の上限の60mlにはRNAが60mgなのでエビオス錠の約4分の1のRNAとなっています。
反対にDHAで比較するとナチュラは93.6mg、エビオス錠は9.0mgなので4倍の差がありました。



DHAについて

DHAを多く含んでいる食品はマグロのトロ100gあたり2800mg。
10gで280mg
1gで28mg

お安いイワシの可食部100gあたり1000mg
10gで100mg
1gで10mg

ナチュラ60mg=マグロのトロ換算3.34g
ナチュラ60mg=イワシ換算9.36g

マルハニチロのDHAのページによると
(http://www.maruha-nichiro.co.jp/dha/dha40000.html)
引用開始

【 DHAを豊富に含む缶詰 】
さば水煮缶詰 2370 mg
いわし水煮缶詰 949 mg
まぐろ油付け缶詰 312 mg
かつお水煮缶詰 322 mg可食部
100gあたりに含まれるDHAの量
※文部科学省「日本食品脂溶性成分表」に基づいた
 一般的な缶詰についての計算値です。
 目安としてご利用ください。

引用終了
とありました。

さば水煮缶のDHAの含有量には目を見張るものがありますね。


余談
一般的なサイズのまぐろのツナ缶の可食部は約50gなので1缶当たりのDHAは約160mg



閑話休題

話は脱線して、DHAやEPAは血液サラサラ成分などと呼ばれていますが、サプリで過剰摂取すると血液が固まりにくくなるそうです。
ということは、切開手術をするときに弊害になるということは頭に入れておかなければなりません。
腹は切ったはいいが、出血が止まらないなんて笑い話になりません。

私の知る病院では手術の前のアンケートで「血液をサラサラにするサプリを飲んでいる/いない」の項目がありました。

人間誰しも事故や病気で緊急手術する日が来ることは否定できないので、安易に血液サラサラ成分などという胡散臭い宣伝文句になびかない人間になりたいものです。



DHAはガンを抑制する効果があるらしい。

DHAを摂取するためにマグロのトロやサバ缶でしたが、毎日毎日食べるのはきついと思います。
そこで救世主的に表れたのが亜麻仁油やえごま油などのオメガ3を含むオイルです。

これらのオイルに含まれているα-リノレン酸が体内でDHAやEPAに変化するそうです。

具体的などれくらい摂取すればいいか明確な数値は分かりませんでしたが、一説によると大さじ1杯で2000mgのDHAになるとかならないとか。

調理油をサラダ油からオメガ3系のオイルにするだけでDHA摂取はクリアできそうです。




・最後に

さて、長々と書いてきましたが、私的にナチュラルDNコラーゲンはDHAとRNA以外にもコラーゲン、ヒアルロン酸、コンドロイチン、ビタミンなどの健康にいいとされる成分が含まれているので栄養ドリンクと同様に日々の疲労回復、食欲不振、虚弱体質など健康の支えになるのではなかろうかと思いました。
と同時に、これらの成分はガンを抑えるとされているので、成分的にはガンを抑える効果が多少はあるのかなと思いました。
多少と言っても、大きい地球の中で耳かき一杯程度の期待と希望の大きさですが、、、。

ガンやガンの手術の後で食欲がなかったり、免疫力が落ちているときに飲めばカロリー補助や栄養補助になると思います。
(特に胃ガンで胃を切除した場合は1年は一度に食べれる量が激減するのでカロリー不足になりやすい)

1つ1つの成分量についてはたいして多くないので、成分量を重視するなら日々の食事から摂取する方が効率はいいと思います。

日々の食事に気を使っていればなにもナチュラルDNコラーゲンを摂取する必要ないと思いました。
エビオス錠とサバ缶があればなんとかなるなる、、、なればいいな。

いろいろ考えて、最終的にはナチュラルDNコラーゲンは現代版養命酒だと思いました。
滋養強壮薬ってところですな。













このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015/11/16  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+