2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

ダイソーのスーパーLEDズームライトは自転車にはダメだった

私はロードバイクに乗っています。
法律では明るいときはライトの装着義務はないのですが、暗くなるとライトがないと違反になってしまいます

しょうがないのでダイソーで買ってきたスーパーLEDズームライトを使っていました。
結束バンドを2個使ってリングを作りカラビナを付けて落下防止にしていました。
ダイソースーパーLEDズームライト

同じくダイソーで買った防水ライトホルダーでライトを固定するのですが、防水ケースよりもスーパーLEDズームライトのほうが大きいので防水ケースは外してホルダーだけ利用していました。

ベルも法律で義務付けられているのでライトホルダーとベルを長いネジで共締めして固定。

ダイソースーパーLEDズームライト2

試しに真っ暗になってから運用してみると暗すぎて使い物になりませんでした。
ワイドモードにすると対向車へのアピールにはなるのですが、路面を照らすことはできませんでした。
試しに自分で実験してみると、遠くにいてもまぶしい位の光量はあったので対抗の人や車には迷惑になるのではないかと思います。ライトのズーム調性と角度調整はトライアンドエラーで調整してください。

スポットモードにして路面を照らしても光量不足で暗すぎて使い物になりませんでした。
このライトでさえ光量不足なのだから、100円ショップで売っている3LED、5LED、9LEDライトやシリコンでできたサイクルライトなんて安全走行にはダメダメなのが分かります。

道路交通法では前照灯の光量の条件は書かれていないのでグレーゾーンだとは思いますが、このライトのワイドモードなら警察の指導はないのかな?と思いました。

※JIS規格では前照灯の光量は400カンデラ以上となっている。

このライトはダメだったので明るいバッテリーライトをさがすことにしました。
次回に続く


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2015/11/15  ▼自転車 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+