2017年10月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年12月
スポンサード リンク

【文房具】PILOTのS5を買った

今日はシャーペンとシャーペンの芯を買いました。

シャーペンはパイロットのS5のo.5mmの黒
R0017500.jpg

芯はパイロットのネオックス・グラファイトの0.5mmと0.7mm
R0017499.jpg


私は高校生の時からずっと製図用シャーペンを使ってきたので今回の購入候補も製図用シャーペンを検討していました。

製図用シャーペンといっても、私は通常筆記メインで製図用シャーペンを愛用しています。

ネットの評判を見るとペンテルのグラフ1000(フォープロ)かスマッシュ(これは通常筆記用)の評価が高かったので「よしっ!これだ!!」と一番、二番候補にあがりました。

グラフ1000(フォープロ)とスマッシュの違いなんかもバッチリ勉強して、実際に文具店に行って試し書きしたのですが、私の手にはいまいちしっくりきませんでした。

そこで、お店にある製図ペンを片っ端から試し書きすることにしました。

そのお店は結構大きかったので、メジャーどころのメーカーの製図ペンが一通り販売されていたのでいろいろ試せてありがたかったです。

30分くらい試し書きした結果パイロットのS5に落ち着きました。
S5かよっ!って感じですが、私の手に一番馴染んだんだからしょうがない。

ネットの評判だけで選ぶ(ポチる)んじゃんくて、実際に自分の手に取ってフィーリングをチェックすることが大切だなと思いました。



さてさて、パイロットS5について少し見ていきましょう。

S5の消しゴムには芯詰まり解消針が付いているので安心
R0017504.jpg

初期封入シャーペン芯は6本
R0017501.jpg

ノックボタンにはインジーケーター付き
R0017505.jpg

机からの転落防止のポッチ(クリップを外して使うときに安心)
R0017509.jpg

PILOT JAPAN B3の刻印
R0017508.jpg

値札が剥がしにくいし、剥がした跡がベタベタするのは減点だな
R0017510.jpg

私が持っているシャーペン
上からパイロットS5 0.7mm、パイロットS5 0.5mm、ステッドラー925 25 05 0.5mm、ステッドラー925 07 0.7mm、ぺんてるSHARPLET A125 0.5mm
この中ではS5が一番使いやすい。
R0017511.jpg

パイロットS5はペン先、胴体、グリップ、転落防止ポッチ、ノックボタンと分けることができるので色違いのS5の部品をカスタマイズしてオリジナルS5を作ることができます(ペン先は芯のサイズが違うとNG)

S5はブラック、レッド、ブルー、グリーン、イエローの5色あるのでいろいろカスタマイズできそうです。

R0017512b.jpg

まずは総取り換え。青は黒に、黒は青にチェンジ。
R0017515.jpg

ノックボタンだけチェンジ
R0017517.jpg

ノックボタンと転落防止ポッチをチェンジ。ポッチは同色系は目立たなくてダメだったな。
R0017516.jpg



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2014/04/28  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+