2017年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年07月
スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--/--/--  スポンサー広告 TB(-)CM(-)

ラジオの感度が気になった

最近、ラジオの感度に興味を持ったので手持ちのラジオバーアンテナの長さを測ってみました。

左から
オーム電機:RAD-F125N
オーム電機:YM-3
東芝:BK-562
ソニー:ICR-S39
DSC00121.jpg

オーム電機:RAD-F125N 約3.5cm
R0017073.jpg

電源コードを噛んだ形跡がありました。さすがチャイナクオリティ。
R0017072.jpg

オーム電機:YM-3 約3.9cm
R0017075.jpg

東芝:BK-562 約4.8cm
R0017076.jpg

ソニー:ICR-S39 約5cm
写真なし

それぞれのラジオで感度の比較をしてみるとバーアンテナが長い方が感度が良かったです。
RAD-F125N<YM-3<BK-562<ICR-S39

ラジオが大きければバーアンテナも大きくなる傾向にあるようです。

バーアンテナの長さ、RAD-F125Nの約3.5cmとYM-3の約3.9mmではたったの0.4mmしか違いませんが、感度を比較してみるとその違いは嫌というほどよく分かります。

たかが0.4mm、されど0.4mmなのです。

オーム電機のRAD-F125Nはコンパクトさが魅力に感じなければあまりおすすめできないラジオです。

ハズレを引いてしまったのであっというまにFMが全く受信しなくなりました。

チューニングの幅(縮尺?)が狭いので微調整がしにくいです。
ばっちりチューニングするには若干の慣れが必要になってきます。
手元の調整がしにくいお年寄りには向いていないのではないかと思います。

バーアンテナが短いのでちょっと電波が弱いとクリアに受信できません。
岡山の県北の木造の屋内で使ってみるとまあ電波が入らない入らない。ラジオが故障していると勘違いするほど受信できませんでした。
それほど感度が悪いのです。

田舎よりほんの少し町よりになると地元局は普通に受信できますが、聞く場所がちょっと悪くなるとノイズが出ます。

RAD-F125Nは安いからといって買ってはいけないラジオだと思っていますが、コンパクトなので散歩などで屋外で使用するならいいかもしれません。屋外なら感度も上がるだろうしね。

角が無いデザインなのでポケットにするっと入れられるのはグッドです。

感度を求めるならあと数百円足してバーアンテナが5cm以上のラジオをおすすめします。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013/09/08  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。