2017年05月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年07月
スポンサード リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
--/--/--  スポンサー広告 TB(-)CM(-)

韓国の薬用酒の原料は糞尿

ヤフーニュース

韓国に数百年伝わる秘伝の「薬用酒」、実は6歳の子どもの大便が原料だった―香港紙
XINHUA.JP 8月22日(木)20時44分配信

香港紙・文匯報は22日、韓国で数百年にわたり伝えられてきた秘伝の薬用酒が実は子どもの大便が原料だったと報じた。環球時報が伝えた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130822-00000044-xinhua-cn


上記の記事を読みました。

アルコールの含有量はたったの9%で、残りの91%は子供の糞尿と米と酵母(発酵用?)だそうです。

味は酸味があり、大便のにおいがするそうです。

韓国といえば同じくウンコ酒のトンスルが有名ですが、薬用酒もあるとは知りませんでした。
薬用糞尿酒=トンスルなのかな。

それにしてもウンコをお酒にするなんてかなり気持ち悪いですね。
「これが俺達の食文化だからつべこべいうな!」と言われればその通りです。われわれ日本人がすき焼きに生卵をつけて食べたり、鯨を食べる食文化があるように、韓国ではウンコ酒や犬を食べる食文化があるだけ。だだそれだけの話ですからね。

ウンコか生卵かだけの違い。ただそれだけ。

親コアラは子供に自分のウンコを食べさせて主食であるユーカリの葉を消化する最近を与えていますよね。
生きるためにウンコを食べるというのは生物学上何らかの意味がある場合もあるので、トンスルや薬用ウンコ酒にもなんらかの意味があるのかもしれません。

余談ですが、以前読んだブログ記事によるとトンスルの作り方は子供のウンコをオーブンでカリカリに焼いてお酒に混ぜるそうです。

中国では子供の尿で茹でて作ったゆで卵「童子蛋」がありますが、これは尿に含まれるミネラル摂取するための健康法だそうです。
気持ち悪ですね。

これまた中国の食文化なのでとやかく言えません。


いろんな国でいろんなものを食べて今の世界がある。
いろんな食文化がある。
なんて面白いんだ地球。
まだまだ勉強することがいっぱいあるな。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013/08/23  ▼時事 TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。