2017年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年09月
スポンサード リンク

司馬遼太郎「日本は創氏改名を強制した。心が痛い」はぁ?

NHKBSのプレミアムアーカイブス、NHKスペシャル「街道をゆく(1)湖西のみち・韓(から)のくに紀行」を見ました。

その番組中に司馬遼太郎が「日本は創氏改名を強制した。心が痛い」みたいなことを言っていました。
(ビデオ録画していないので見直すことができないので違ったらすみません)

創氏改名ではなく、創氏は別として改名は本人の任意の自由意志だったんでしょ。
創始は夫婦で同じ苗字にすることを強制したもの。



はぁ?心が痛いの?フィクション歴史、ファンタジー歴史なのに?

なんせこの番組は朝鮮アゲ、日本サゲが酷い。酷い。酷い。イライラしっぱなし。

そして番組後のNHKのコメンテーターの気持ち悪いほどの司馬遼太郎アゲ。

司馬遼太郎の作品はどれもこれも「なんか違うな」といつも思っていましたが、この番組を見て彼の思想に触れてみて理由が分かりました。

この番組内容は竜馬がゆくなんかのフィクション時代劇小説同様ただのフィクション番組、妄想番組、ファンタジー番組だと思えれば人生はもっと楽しく過ごせるんだろうな。

NHKの大河ドラマを見てさもそれが史実かのように誤解している人がいると思います。
そんな勘違いをなくすためにも龍馬伝にしてもなんにしても「このドラマはフィクションです」と注意書きを放送すべきではないでしょうか。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013/07/23  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+