2017年09月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312017年11月
スポンサード リンク

Eee PC 901にAutoC2Dを入れたら快適になった

ネットブックブームの火付け役となったASUSが遂にネットブックの生産を終了しましたね。
そりゃ普通のノートパソコンが同等の値段で買える時代になったのだから当然の結末なのだと思います。

ASUSTek Eee PC 901-X パールホワイト EEEPC901-W008X
ASUSTek Eee PC 901-X

僕が持っているネットブックはASUSのEee PC 901なのですが、Cドライブが4GBしかないのでちょっとした作業をするだけで「容量がいっぱいになりました」みたいな警告バルーンが何度も何度も出てきて不快だったのでほとんど使用しないでタンスの肥やしとなっていました。

不要なプログラムを削除したりインターネットの一時ファイルをDドライブに変更したりそれなりにCドライブのダイエットに挑戦してきたのですが、期待したような効果はありませんでした。

いろいろと調べているとASUSからダウンロードできる「AutoC2D」というソフトを入れるといいという情報を目にしました。
AutoC2Dは読んで字の如し、Cドライブにあるのprogram filesをDドライブに自動的にDドライブに移動してくれるという便利ツールです。


早速、AutoC2Dをダウンロードしようとしたのですが、JAVAをインストールする必要があるらしくダウンロードできませんでした。

それではということでJAVAをインストールしようにもCドライブ容量がいっぱいでインストールできなかったので、別のパソコンでAutoC2DをダウンロードしてSDカード経由で901のDドライブに入れました。

AutoC2Dをダブルクリックしてインストールしようとすると、今度は「Windows Resource Kit Tools」をインストールせよとのことでした。

しょうがないので「Windows Resource Kit Tools」をインストールしようとするもCドライブがいっぱいでインストールできなかったのでディスクのクリーンアップで不要なファイルを削除したり圧縮したりしてドライブに空きを作って「Windows Resource Kit Tools」をインストールすることができました。

そして、ようやくAutoC2Dをインストールできる環境になったのでダブルクリック。
なんやかんやでシステムが再起動してセーフモードに自動で移行しました。
セーフモードに移行してもしばらくは何も起こらないので不安になって電源切ってしまいそうになったけど、少しすると自動でAutoC2Dが起動してCドライブのprogram filesをDドライブに移動しはじめました。

完全に移動するのに結構時間がかかりました。

ファイルの移動が終わったので再起動してyoutubeやらネットやらをしばらく使いましたが、一度もディスク容量がいっぱいになったというバルーンは出ませんでした。


結構な手間がかかりましたが、結果は快適で大満足です。
手間をかけた分愛着が湧いてきました。


更なるCドライブのダイエット法として「システムの復元を無効にする」にチェックを入れる方法があるそうなので次に起動したときに設定使用と思います。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2013/02/24  ▼徒然なるままに TB(-)CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+