2018年07月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282930312018年09月
スポンサード リンク

ペーパーフィギュアスタンド作り方講座

2018/08/06  ▼徒然なるままに

アクリルフィギュアスタンドのようなフィギュアスタンドを紙で自作できないものかと研究した結果、ここで紹介している方法に行きつきました。
アニメやジャニーズ、AKB48など好きな作品・人のペーパーフィギュアスタンドを作るのは楽しいと思うので暇つぶしにでも挑戦してみてください。

初級版、中級版、上級版を用意したのでお好みの作り方で作ってください。
最初からあった上級版にあとから初級版と中級版を追加しましたイラストの探し方や加工方法などは上級編を参照してください。

今回使用した用紙はL版光沢紙(0.23mm)ですがお好みでOK。
家にプリンターがなくてもコンビニプリントで30円で印刷できます。

■■■■■■■■■■

初級版

▼手順
本体と土台をデザインする。
土台は無地でもいいしキャラクターの名前を書いてもいいし丸でも四角でもいい。
初級自作ペパスタ1

印刷する。
初級自作ペパスタ2

簡単にカットしてもいいし↓
初級自作ペパスタ3

輪郭に沿ってカットしてもいい。
初級自作ペパスタ4

カットしたら本体を折って立たせて完成。
初級自作ペパスタ5

お好みの地面と背景と合わせて楽しもう。
輪郭に沿ってカットした方が仕上がりがいいのが分かる。
初級自作ペパスタ6

■■■■■■■■■■

中級版

▼手順
本体と土台を印刷する。
簡単ぺパスタ1

枠に沿って切り取る。
本体の下端に土台とハメ合わせるための耳(余白)を作っておくこと。
簡単ぺパスタ2

本体と土台のハメ合わせの切り欠きは0.5mm程度あるとハメ込みやすくなる。
簡単ぺパスタ4

土台を折る。
簡単ぺパスタ3

本体と土台をハメ合わせて完成。
お好みの地面と背景と合わせて楽しもう。
簡単ぺパスタ5

プラスワンテクニック
土台を前後逆にハメると本体のみを強調して飾ることができるゾ。
簡単ぺパスタ6

■■■■■■■■■■

上級版

▼使う物
パソコン
プリンター※1
デザインナイフ
段ボール用ナイフ
カッターマット
L版光沢紙※2
段ボール(5mm)
木工用ボンド
定規

※1 プリンターを持っていない場合はコンビニプリントやDNPの印刷機。
※2 管理人はL版光沢紙(0.23mm)が大量に余っているのでそれを使っていますが紙の大きさや質はお好みでOKです。
0.28mmの厚手の紙なら質感が増すと思いますがその分カットするのが大変になるかもしれません。

▼手順
好きな作品、タレントの名前で画像検索する。
または雑誌やブロマイドを切り抜いて厚紙に貼り付けてもOK。
自作ペーパースタンド1

どうせあとからカッターで切り抜くのでそのまま印刷してもいいのですが完成度を求めたり、インクを節約したい場合はあらかじめ不要な部分を切り抜いておこう。

windows10に入っているペイント3Dに読み込ませる。
フォトショップや切り抜きできるソフトでもOK。
自作ペーパースタンド2

マジックで不要な部分を除去してjpgやpngなどで保存する。
自作ペーパースタンド3

土台の化粧紙用の素材を検索して保存する。
特にこだわりがなければこの工程は飛ばしてもOK。
自作ペーパースタンド5

管理人は構成・印刷ラベル屋さん9というソフトを使っていますが使い慣れたソフトでOK。
このソフトはL版1x1に対応していないので用紙設定ではがきのフリーを選択してL版サイズではみだして印刷しないように枠線を描いて目印にしています。
管理人は訳あってこんな面倒なことをやっています。あなたが使い慣れたソフトを使ってください。
自作ペーパースタンド7

印刷用紙いっぱいの絵をフチなし印刷でをする場合は土台に挿し込む部分を5mm程度あけておく。
自作ペーパースタンド8

保存した土台用の画像をトリミングしたり土台用の四角をミックスさせて土台を構成する。
背景色を色調するのは大変なのでこだわりがなければ文字入力でそれっぽいフォントで入力すればOK。
土台の文字や色は作品の雰囲気に合わせる。もちろん無地でもOK。
自作ペーパースタンド12

印刷する。
R0020869.jpg

カッターナイフは使いやすい物、使い慣れた物、切れ味が良い物を使う。
管理人はデザインナイフを使っている。
R0020870.jpg

土台に挿し込む部分に目印を書いておく。
R0020872.jpg

光沢紙は刃先が滑るので怪我には気を付けながらカットしていく。
直線は普通にカットすればいいけど細かい箇所は刃先を突き刺して点をたくさん繋げて切っていく感じ。
R0020871.jpg

直線の終端にも絵がある場合は手が滑って絵を切ってしまわないために手前で止めて↓
R0020873.jpg

絵の向きを変えて切れば安全。
R0020874.jpg

本体完成。
R0020876.jpg

■■■■■

土台を作成する。
R0020887.jpg

定規を当ててカットするときは刃先が絵に向く位置に定規を置いてはいけない。
定規は絵をブロックするように置く。
R0020878B.jpg

本体を土台用化粧紙に置いて本体を挿し込む場所に目印を付ける。
R0020881.jpg

本体が入る幅に合わせて0.5mm程度の幅でカットする。
R0020886.jpg

土台用の段ボールを用意するときはダイソーで売っている段ボールカッターで切り出すと楽。
のこぎり2

土台をカットする。
土台は厚さ5mm以上の物を使う。
素材は段ボール、プラスチック段ボール、発泡スチロール、木などなんでもOK。
段ボールを使う場合は波目が横になるようにすると本体挿し込み口を加工しやすくなる。
R0020892.jpg

段ボールをカットするときは刀身が細く目の細かいノコギリ(ホビー鋸、クラフトソー、模型用のこぎり)があると波板部分をカットしやすくなるし仕上がりが良くなる。
R0020890.jpg

土台に土台用化粧紙を貼ったら挿し込み口に合わせてカットする。
R0020899.jpg

土台の側面に土台用化粧紙のハギレを貼れば見栄えが良くなる。
R0020905.jpg

見栄えを気にしないならやらなくてもOK。
R0020908.jpg

本体を土台に挿し込んで完成。
R0020909.jpg

あとはお遊びで背景写真を置いたり、パソコンやタブレットに好きな背景を表示させてその前で撮影すればインスタ映えする写真が撮れるよ。
R0020912.jpg

R0020911.jpg

※プラスワンテクニック
細い一本足の絵の場合はフニャフニャして前後に動いてしまうので裏からハギレで補強してやればシャキッと立つようになる。
R0020913.jpg

魔物ハンター妖子
ぺパスタ妖子

両足を開いてる末広がりの絵は補強なしでイケることが多い。また、股下を切り抜いてやるといい感じになる。
土台挿し込み部分5mm+絵にかかるように5mm程度カットすれば構造的に安定する。
ペーパースタンドゆず

■■■■■

以上です。
あくまでも我流の作り方です。実際に作業する人の使いやすいやり方で安全に楽しんでください。

アイカツ!フォトカツのアクリルスタンド風ペーパースタンド
ぺパスタアイカツ

ぺパスタソレイユ
2018/08/06  ▼徒然なるままに トラックバック(0)  コメント(-)

100均グッズで缶バッジを自作する方法

2018/08/03  ▼徒然なるままに

管理人は缶バッジ好きです。
もしも管理人が女児だったらクリスマスプレゼントは間違いなくバンダイの缶バッジ作成マシーンの「Canバッチgood!」をサンタさんにお願いしたことでしょう。
しかし残念なことに管理人は女の子でも児童でもないただのアラフォーオヤジなのでもうサンタさんは来ないのです。

だったら缶バッジを自作してみようということでネットで情報を集めて作ってみました。

▼使った物
ダイソーのくるみボタン38mm※1
クリアポケット※2
はさみ
プリンター
ペンチx2
木工用ボンド
ホットボンド
コラージュピン

※1初めて作る場合は製作キット付きの方を買うこと。間違って補充用の方を買ってしまうと作れないので注意。
※2透明で耐久性があれば何でもいいと思う。ラップのように軽く詰めで引っかいただけで破れるような素材はNG


38mmの場合、直径65mm、絵のサイズは長辺34mmで作るといい感じ。
缶バッジ全体を色付きにしたい場合は円形全てに色を埋める。
B612_20180803_143240_468.jpg

絵を切り抜く。
どうせ缶バッジの内側に入れ込むので神経質にならずに大雑把でOK。
B612_20180803_143708_321.jpg

クリアポケットを直径65mmの円形に切り抜く(くるみボタンについてきた型紙を使うと比較的簡単に切れる)
B612_20180803_144304_186.jpg

クリアポケットをくるみボタンに当てがって引っ張ってくるみボタンの形にすると打ち具で押し込んだ後にシワになりにくい。
B612_20180804_150817_157.jpg

くるみボタンの裏側の金具を外す。
B612_20180803_164012_808.jpg

ペンチで突起を両方とも真っ直ぐにすると引き抜きやすい。
強力な金属用ニッパーがあればそれで切断してもいい。
B612_20180803_153430_709.jpg

木工用ボンドをくるみボタンの表面に塗っていく。
速乾タイプは固まるのが早いので作業しにくいかもしれません。
B612_20180804_120452_988.jpg

ボンドを塗りすぎると紙が破れやすくなる。
B612_20180804_120653_193.jpg

ボンドが少なすぎるとすぐに乾いて作業できなくなるので注意。
失敗してもティッシュで拭けばキレイにボンドを除去できるのでご安心を。
B612_20180804_121209_944.jpg

シワにならないように慎重にかつボンドが乾かないうちに手早く貼り付けていく。
B612_20180804_154233_264.jpg

木工用ボンドが多すぎたり、紙を引っ張りすぎると破れるので注意。
慣れるまでは高確率で失敗するので予備の紙を印刷しておけば安心。
B612_20180804_121212_530.jpg

紙を貼り終わった後は四角に折り込んで↓
B612_20180804_123605_955.jpg

丸くなるように折り込む。
※紙の折り込み方はいくつかあるので自分がやりやすいやり方でOK。
B612_20180804_123726_130.jpg

紙巻き込み完了。
B612_20180804_123824_277.jpg

クリアポケットをセットして引っ張ってたるみをとる。
B612_20180803_152701_848.jpg

納得いく形態になったら打ち具を押し込む。
B612_20180803_170608_179.jpg

コラージュピンをホットボンドで接着すると仕上がりがキレイ。
B612_20180804_131426_741.jpg

コラージュピンにホットボンドを塗ったら冷えて固まってしまう前にすぐに裏蓋に貼り付ける。
接着する前に固まってしまった場合はホットガンの先端を押し付けるかライター・ガスコンロなどの火で軽く炙ると柔らかくなると思います。ピンをペンチで掴むなどして火傷に注意してください。
B612_20180804_132047_795.jpg

コラージュピンは開口部を左側にするのがいいらしい。
B612_20180804_131815_806.jpg


完成。
B612_20180804_132900_824.jpg

■■■■■■■■■■
木工用ボンドを使わないで紙を折り込むと下の写真のように絶対にシワになってしまいます。

B612_20180803_170647_041.jpg

B612_20180803_170827_519.jpg

コピー紙を使うとどうしてもシワができてしまうけど手作りらしさが出ててそれはそれでいいと思う。

どうしてもシワを出したくなければA-oneの伸びるラベルがあるのでそれを使おう。

表面の保護フィルムとしてクリアポケットを使いましたが耐久性にやや難ありな感じだった。今回は買うだけ買って試してないけど、リモコン用の熱収縮フィルムを使えば耐久性も見た目も優れた保護フィルムになるのではないかと思う。
B612_20180803_140008_330.jpg

----------
いかがだったでしょうか。
真似してみたいなっと思ってもらったら嬉しいです。
2018/08/03  ▼徒然なるままに トラックバック(0)  コメント(-)
スポンサード リンク
ブログ内検索
スポンサード リンク
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+