2018年01月 ≪日付 123456789101112131415161718192021222324252627282018年03月
月別アーカイブ  [ 2018年02月 ] 
スポンサード リンク

シティサイクルのエアバルブのいたずら対策

駐輪場に置いて戻ってきたら空気が抜けてた!なんてことはりませんか?
それ、もしかするとパンクじゃなくていたずらでエアバルブを引き抜いて空気を抜かれたのかもしれません。

袋ナットを盗まれたり、バルブを引き抜いて空気を抜かれたり、バルブと虫ゴムを盗まれる対策法に袋ナットとリムナットを固定するダブルナットという方法があります。

ダブルナットすれば指の力では外すことは困難なのでいたずら防止になります。

これでナットを外されて空気を抜かれるいたずらはなくなりますが、バルブキャップを盗まれたり、いたずらできなかった犯人が腹いせに自転車を壊すというリスクが生じるの可能性も否めません、、、。どないせえ言うねん!!


ダブルナットする前に
作業にはリムナットが前後用に2個必要です。
リムナットは自転車屋(町の自転車屋でも、サイクルベースあさひでも)でタダ同然で手に入ります。
念のために500円位は用意して自転車屋に相談しに行きましょう。


ダブルナットのやり方
リムナットを用意
エアバルブいたずら対策7

バルブキャップと袋ナットを外す
エアバルブいたずら対策1

リムナットを入れる
エアバルブいたずら対策2

袋ナットを入れる
※袋ナットは一番下まで締めておく
エアバルブいたずら対策3

リムナットを上まで上げる
エアバルブいたずら対策4

袋ナットをペンチで固定してリムナットを10mmのスパナで締め込む
(袋ナットを固定しないとチューブの弾力で締めにくいし捻力によりチューブに余計なダメージが入りパンクするかもしれないので必ずペンチで固定しましょう)
エアバルブいたずら対策5


念には念を入れて袋ナットに薄くミシンオイル(なければサラダいオイルやグリス)を塗っておけば指の力では到底外すことはできません。
エアバルブいたずら対策6





このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2018/02/06  ▼自転車 トラックバック(0)  CM(-)
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+