2017年03月 ≪日付 1234567891011121314151617181920212223242526272829302017年05月
スポンサード リンク

大和の語源が分かったかもしれない

大和朝廷の大和(ヤマト)について。

大和は普通に読むと「ダイワ」なのになぜ「ヤマトと読むかずっと不思議でした。

魏志倭人伝の倭は「ワ」と読むので倭が和に転じて、大日本帝国や大韓民国みたいに大をつけて大和になったのだと思いますが、それにしても「ヤマト」にはどこにも「ワ」の文字がありませんよね。
どうもおかしい。

ネットで調べてみると倭を当時の漢の発音すると「ワ」ではなく「ヰ」(イと発音)だったという情報を目にしました。
(以下分かりやすいようにイと表記します)

なるほど。

当時の大和人が「私の国の名前は ヤマト です」と言ったのを聞いて後漢人は聞いた音を漢字にして記したのでしょう。
ヤマトの「ヤ」なら漢字の矢でも耶などの「や」属する漢字を使えばいいのになぜ「イ」に属する倭や委を当てたのでしょうか。

おそらく、大和人ははっきりくっきり「ヤ」と発音していなかったからと思います。

後漢人にしてみれば「イ」と聞こえたから正直に「イ」に属する倭と書いたのでしょう。

想像ですが、大和人が「ヤ」を発音する前に「イ」を付けていたのではないでしょうか。
大きい「イ」になるのか小さい「ィ」になるのかは分かりませんが、外国人が日本円の「エン」を発音するのが難しいのでenの前にYをつけて「イェン」と発音する感覚かもしれません。

ヤマトを「イヤマト」または「ィヤマト」と発音していたとすれば大和人が「ヤマト」と言ったつもりでも、後漢人が「倭」と書いてしまったことも頷けます。

では「イヤマト」とはなにかを検索すると「いやまと」という言葉がありました。

この言葉を私なりに分解すると「イヤ」+「マト」または「イヤ」+「マ」+「ト」で「イヤマト」となります。

ヲシテやホツマツタエから想像するに、
「イヤ」は 彌(弥)で栄る、優れるといった意味もあるらしく、現代風にかみ砕いて言うと大王や大国の「大」「強大」「大きい」「素晴らしい」「グレート」「完全完璧」などの意味があるのではないかと思います。
いやはやのいやだと思います。

「マト」は和で私的にざっくばらんに言うと「纏まる」(まとまる)の語源になっているのではないかと思いました。和=まorまと→まと(めるまる)

「マ」だけでも和となるそうです。

「ト」は人です。

イヤ=大きくor偉大な
マだけで=まとまった
トだけで=人
またはマトで=まとまった
の国

バラバラに点在していた小国をまとめて大きな(または偉大な)国にした人々といった意味でしょうか。




このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

近隣諸国条項を見直すべし!

日本の歴史が他国、、、特に中韓に歪められている。
実にけしからん話だ。

このようなくだらない近隣諸国条項は見直すか廃止すべきだ。


このブログが参考になった、役に立った、よかった場合は↓をクリックしていただければ嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサード リンク
スポンサード リンク
ブログ内検索
楽天市場
忍者Admax


来場者数
500,000+